Linux Daily Topics

2018年4月17日 Linus,ついにLinux 5.0に言及 ―「そんなに意味はないけどね」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは4月15日(米国時間)⁠次期Linuxカーネル「Linux 4.17」の最初のリリース候補(RC)版となる「Linux 4.17-rc1」の公開をアナウンスした。この投稿でLinusは初めて「Linux 5.0」のリリースについて言及,そう遠くない時期にLinux 5.0が登場する可能性を示唆している。

Linux 4.17-rc1 : Linus Torvalds

LinusはLinux 4.17については「とくに大きなリリースとなる感じはない」と触れたのち,続けて「我々はこれまでに600万を超えるGitオブジェクトをマークしており,次のカーネルを"5.0"と呼ぶには十分な理由」とコメント,どうやらLinux 5.0の開発が遠くない時期に始まることは間違いないようだ。

もっとも具体的な時期に関しては「僕は予測的すぎるのは好きじゃない」と明言を避けており,さらに「バージョンナンバーには意味がないし,ばかげた数霊術(numerology)のルールにしたがう必要もない」としており,5.0という数字に意味をもたせたビッグリリースにはしない方針を明らかにしている。Linux 3.0のときのGitオブジェクト数は200万,Linux 4.0では400万だったが,とくにオブジェクトの数とバージョンの関係にルールを設けているわけでもないとしている。

「でもバージョン5.0はそのうち始まるだろう。そしてそれ(バージョン番号)には意味はない。警告しておいたからね。⁠But v5.0 will happen some day. And it should be meaningless. You have been warned.)⁠Linus)

スケジュール通り進めば,Linux 4.17は2018年6月上旬ごろのリリースが見込まれている。もしかすると夏ごろには「Linux 5.0」を見ることができるかもしれない。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入