Linux Daily Topics

2018年5月30日 Fedora 26がEOL,ユーザはFedora 28へのアップグレードを

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedoraプロジェクトは5月28日(米国時間)⁠2017年7月にリリースされた「Fedora 26」が5月29日をもってサポート終了(EOL:End of Life)となることを発表した。Fedora 26ユーザに対しては,最新リリースである「Fedora 28」へのアップグレードを推奨している。

Fedora 26 end of life approaching - Fedora Magazine

この発表にともない,5月29日以降はFedora 26リポジトリに含まれるパッケージはいっさいのセキュリティアップデート,バグフィクスエンハンスメントを受けることができなくなる。Fedoraコミュニティも,現時点ではFedora 26に対するパッケージ追加などのサポートを行う予定はないという。Fedoraプロジェクトは「EOLを迎える前にすべてのシステムをFedora 28,またはFedora 27にアップグレードすることを強く推奨する」とコメントしている。なお,アップグレードが推奨されているFedora 28は5月1日にリリースされた最新版で,カーネルにLinux 4.16,デフォルトのデスクトップ環境にGNOME 3.28を採用している。

2017年7月にリリースされたバージョンが1年も経たないうちにEOLを迎えるのは,やや早すぎるように感じる向きもあるが,Fedoraプロジェクトは現在,任意のバージョンのFedoraのサポートは,その2つあとのバージョンのリリース後1ヵ月まで,というライフサイクルを取っている。したがって,Fedora 26ならFedora 28のリリース後1ヵ月まで,Fedora 27ならFedora 29のリリース後1ヵ月までのサポートとなる。いずれにせよ,Fedora 26以前のユーザは早急にFedora 28へのアップグレードを実施されたい。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入