Linux Daily Topics

2018年10月2日 "完璧な"フリッカーフリー起動をめざすFedora 29

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Fedoraプロジェクトの開発者でRed Hatに在籍するHans de Goedeは10月1日(オランダ時間)⁠自身のブログに「Announcing flickerfree boot for Fedora 29」と題した投稿をポストし,10月末にリリース予定の「Fedora 29」においてフリッカーフリーな起動が実現する可能性が高いことを明らかにした。

Announcing flickerfree boot for Fedora 29 - Hans' hacking log

現在,FedoraやUbuntuといったメジャーなディストリビューションでは,起動時にブートシステム「Plymouth」を通してロゴやテーマ画像,アニメーションといったスプラッシュスクリーンが表示される。この間,バックグラウンドではカーネルによるさまざまな処理が行われているが,それらをユーザに見せるかわりにスプラッシュスクリーンを表示し,起動処理が終わったあとにログインマネージャが立ち上がる。ここで解像度やモードセットの急な変更が生じると画面に不要なちらつき(フリッカー)があらわれるため,Fedoraプロジェクトではユーザエクスペリエンスの観点から改善が望まれていた。

Goedeは「GRUBブートメニューを非表示にすることで,フリッカーフリーに大きく近づいた」としているが,ほかにも起動中の不要なモードセットの操作を無効にするIntel DRMドライバの「Fastboot」機能をサポートしたり,Plymouth起動中にEscキーを押すことでカーネルメッセージの表示に切り替えられるようにするなど,フリッカーフリーな起動に向けていくつかの成果を上げてきた。

そしてFedora 29ではこれらに加え,以下の2つパラメータをカーネルコマンドラインに加えることで,ほぼ完璧なフリッカーフリーな起動が実現するとしている(ただしGRUBメニュー非表示を有効にする必要がある)。

  • i915.fastboot=1 … i915ドライバを使った場合,不要なモードセット変更が起こらない
  • plymouth.splash-delay=20 … スプラッシュスクリーンが表示されるまでの時間を(デフォルトの5秒から)20秒に変更する

もっとも現時点ではIntelハードウェアでのみしか動作が確認されていないこともあり,Fedora 29の"デフォルト"になるには至っていないようだ。GoedeはAMDやNVIDIAとの共同作業も模索しているとしており,ユーザに対してもさらなるサポートやフィードバックを呼びかけている。Fedoraプロジェクトが注力してきた"完璧"なフリッカーフリーな起動の実現まで,あと少しのところまでたどり着いたのは間違いない。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入