Linux Daily Topics

2018年10月9日 Debian 10 "Buster",フリーズに向けてのプランが公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Debia Projectのリリースチームに所属するNiels Thykierは9月30日,2019年前半にリリースが予定されている「Debian 10 "Buster"」のフリーズに向けて,そのプランを開発者向けメーリングリストで明らかにした。

Bits from the Release Teams: Freeze timeline, fix RC bugs and changes to testing migration rules
Buster Freeze Timeline and Policy

フリーズのプロセスは以下のように1ヵ月ごとに進んでいき,フリーズの段階を追うごとに変更や追加へのポリシーが厳しくなる。

2019年1月12日から始まる「Transition Freeze」
大規模な変更,新規のライブラリやパッケージの追加などは基本的に行われない
2019年2月12日から始まる「Soft Freeze」
メンテナーによる,ごく小規模で限定的なフィックスのみが許可される。大規模な変更は認められない
2019年3月12日から始まる「Full Freeze」
リリースチームによる手動のレビューを経たパッケージのみがテスト版(testing)に移行できる

Thykierは開発者に向けて,Busterのフリーズ期間を短くするため,Transition Freezeが始まる前のRC版(リリース候補版)でのバグチェックを推奨,IRCチャネルなどでの議論の参加を呼びかけている。また,世界各地で行われる「Bug Squash Party(BSP/バグつぶしパーティ)⁠への参加や,新規BSPの登録も受け付けている。

Bug Squashing Parties - Debian Wiki

なお,Thykierはメールの最後で,バイナリパッケージに対するテストを自動化する「autopkgtest」について,⁠過去4ヵ月にわたって(Britneyプロジェクトにおいて)テストを検証してきたが,非常に良い結果を得られた」として,BusterのTransition Freeze前にautopkgtestでfailとなったパッケージに対してはテスト版に移行しない予定であるとしている。autopkgtestはUbuntuなどではすでに導入済みだが,DebianではBusterから本格導入が始まることになる。

Debian/britney2 -GitHub

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入