Linux Daily Topics

2018年10月19日 Fedora 29,バグにより10/23のリリースを延期

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedora Program ManagerのBen Cottonは10月18日(米国時間)⁠10月23日に予定していた「Fedora 29」の正式リリースを延期することを明らかにした。プロジェクトのトップメンバーによる「Fedora 29 Final Go/No-Go」ミーティングでの"No-Go"の決定を受けての発表となる。

Fedora 29 Final status is No-Go - Fedora Mailing-Lists

No-Goの決定が出た最大の理由は,DNFパッケージャやGNOMEなどに関連する10個の大きなバグが解決されていないことが挙げられている。

Fedora 29 Final Blocker Bugs

今回のリリース延期を受けて,メンバーは10月31日を新たなリリース日に設定しており,10月25日に行われるミーティングで再度,Go/No-Goを判定する予定だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入