Linux Daily Topics

2018年10月23日 Linus不在の「Linux 4.19」がリリース,CAKE,Wi-Fi 6のプレサポートなど多くの大型アップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Greg Kroah-Hartmanは10月22日,Linux 4.19の正式リリースをカーネル開発者向けメーリングリスト「LKML.org」においてアナウンスした。LinuxファウンダーのLinus Torvalds以外のメンテナーが新バージョンのカーネルをリリースするのはLinux 4.19が初めてとなる。

Linux 4.19 -Greg KH

Linux 4.19のおもな特徴は以下の通り。

  • コンシューマデバイスのバッファブロートを解消し,ユーザのネットワークエクスペリエンスを高める「CAKE(Common Applications Kept Enhanced)⁠
  • 次世代Wi-Fi規格「Wi-Fi 6(802.11ax)⁠の事前サポート
  • 新しい非同期I/Oポーリングインタフェース「IOCB_CMD_POLL」の追加
  • Overlayfsのメモリ管理機能の改善
  • ライトウェイト&リードオンリーな新ファイルシステム「EROFS(Enhanced Read-Only File System)⁠
  • なりすまし攻撃を防ぐため,/tmpなどスティッキービット設定のディレクトリ内のファイルやFIFOをオープンできる権限をファイルオーナーに限定(O_CREATフラグの制限を強化)
  • Intel CPUのキャッシュ空間をアプリケーションに割り当てて疑似的に"ロック"する「Cache Pseudo-Locking」機能をサポート

Linusの"休養"やカーネル開発コミュニティにおけるCode of Conductなど,カーネルのアップデート内容とは別のところで大きな話題となったLinux 4.19だが,GKHはアナウンスメールにおいて「我々みんながシェアしているゴールの鍵はここにある。それは我々みんなが,自分たちが作りうる最高のカーネルを作りたいと願っていることだ(And that goal we all share is the key here. We _ALL_ want to create the best kernel that we possibly can.)⁠など,コミュニティ全員で協力し合うことの重要性を繰り返し訴えた。そして最後にLinusに向けて「カーネルツリーを君に返すよ。マージウィンドウに触れる喜びをどうぞ(And with that, Linus, I'm handing the kernel tree back to you. You can have the joy of dealing with the merge window :))⁠と結んでいる。長かったLinusの休養もそろそろ終わりを迎えそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。