Linux Daily Topics

2018年11月21日 Ubuntu 19.04 "Disco Dingo"が開発スタート,merged-usrがデフォルトに

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Ubuntu開発者のMatthias Kloseは11月13日(世界標準時)⁠2019年4月リリース予定の「Ubuntu 19.04(開発コード"Disco Dingo")⁠の開発がスタートしたことをUbuntu開発者向けメーリングリストでアナウンスした。

Disco Dingo is now open for development - Matthias Klose

もっとも,Disco Dingoの詳細はほとんど明らかになっていないが,Kloseは以下の4点について簡単に言及している。

  • Python 3.7がPython 3のデフォルトバージョンになり,かつ,唯一サポートされるPython 3のバージョンとなる
  • Perl 5.28へのアップデート
  • merged-usr(/usrディレクトリへの統合)が新規インストール時に限ってデフォルトとなり,/binは/usr/binのシンボリックリンクに(/lib,/sbinも同様に/usr/lib,/usr/sbinに)
  • OpenSSL 1.0がリムーブされ,OpenSSL 1.1.1にリプレース

なお,merged-usrは新規インストール時のみに限定されるため,既存のシステムをアップグレードする場合にはディレクトリの統合は行われず,従来どおりのディレクトリ構成となる。

現時点のスケジュールではDisco Dingoは2019年4月26日に一般提供が開始される予定となっている。

DiscoDingo/ReleaseSchedule - Ubuntu Wiki

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入