Linux Daily Topics

2019年4月16日 Debian,"Buster"インストーラの最初のリリース候補版を公開,セキュアブートをついにサポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Debianインストーラチームは4月15日,現在開発中の次期リリース「Debian 10 "Buster"」インストーラの最初のリリース候補(RC)版を公開した。

Debian Installer Buster RC 1 release

最大の変更点はDebian 9 "Stretch"では見送られたamd64(x86_64)アーキテクチャにおけるUEFIセキュアブートのサポートで,これによりユーザはファームウェアなどでセキュアブートの設定を変更しなくとも,ほぼすべてのマシンでそのままインストーラを起動することができるようになる。Debian以外のメジャーなディストリビューションのほとんどはセキュアブートをサポートしており,Debianでもサポートが待望されていたが,ようやくバージョン10という記念すべきマイルストーンで実現することになる。

その他にも,Linux 4.19.0-1からLinux 4.19.0-4へのアップデート,GRUB2におけるI/Oエラー検知の改善,cryptetupのデフォルトをLUKS2に変更,VirtIO-GPUのサポートなど,多くのアップデートが行われている。サポートする言語の数は76で,うち38ヵ国語はフルの翻訳が提供される。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。