Linux Daily Topics

2019年5月7日 Linux 5.1がリリース,新しい非同期I/Oインタフェース,2038年問題対策など

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは5月5日(米国時間)⁠⁠Linux 5.1」の正式公開をアナウンスした。約2ヵ月の開発期間と合計7本のリリース候補(RC)版を経ての公開となる。

Linux 5.1 :Linus Torvalds

Linux 5.1におけるおもな変更点は以下の通り。

  • バッファあり/なしの両方をサポートするハイパフォーマンスな非同期I/Oインタフェース「io_uring」
  • ファイルシステムの変更を監視する「fanotify」に再帰的な監視を可能にする「Super block root watch」機能を追加
  • /proc/pidからファイルディスクリプタを取得し,再利用されるプロセスID(PID)を安全に呼び出す
  • NVDIMMなどパーシステントメモリをRAMとして利用可能に
  • CPUアイドル(cpuidle)ガバナーとして,眠りの深さにもとづいて判断する「menu」のオルタナティブとなる「TEO(Timer Events Oriented Governor)⁠を追加,省電力効果はそのままでパフォーマンスを改善
  • 2038年1月にコンピュータが誤動作する可能性がある「2038年問題」対策として,32ビットのtime_t型を64ビット化する作業を完了
  • Btrfsにおいて,圧縮アルゴリズム「Zstd」の圧縮レベルを指定可能に
  • initarmfsなしでデバイスマッパー上のデバイスをブート可能に
  • ライブパッチにおける依存関係を解決し,累積的なパッチ(cumulative patches)を一度で実現する「Atomic Replace」

LinusはLinux 5.1のリリースに伴い,⁠Linux 5.2」のマージウィンドウを2週間に渡ってオープンする。なお,マージウィンドウのオープン期間中にLinusの長女が大学の卒業式を迎えるため,数日間に渡りLinusがオフラインとなるが,これについてLinusは「最悪の場合はマージウィンドウを延長するかもしれないが,その必要はないと思っているよ」とコメントしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

バックナンバー一覧