Linux Daily Topics

2019年5月28日 シンプル&モダンなArch系ディストロ「Antergos Linux」がプロジェクト終了へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Arch LinuxをベースにしたオープンソースのLinuxディストリビューション「Antergos Linux」でシニアデベロッパを務めるDustin Falgoutは5月21日(スペイン時間⁠⁠,ブログにおいてAntergos Linuxの開発終了を発表した。2012年7月に最初のリリース(当時は「Cinnarch」という名称)を出して以来,徐々にユーザ数を増やしてきたAntergosだったが,Falgoutら主要開発メンバーが「開発に費やす時間を確保することが難しくなった」ことがプロジェクト中止の理由とされている。

Antergos Linux Project Ends | Antergos Linux

AntergosはArch Linuxと同様にローリングリリース方式を採用しており,ユーザや開発者はつねに最新のパッケージを容易に利用できる点が最大の特徴となっている。インストールしてからよけいな設定をすることなく,すぐにアプリケーションを使うことができる"ready-to-use"な使いやすさも人気があり,ヨーロッパを中心に多くのユーザを獲得していた。2014年にトラッキングを開始してから現在までのユニークダウンロード数は,93万1,439だという。

プロジェクト終了にあたり,既存のAntergosパッケージはArch LinuxのリポジトリであるAURにすべて移行されるため,⁠既存ユーザは何も心配する必要はない」⁠Falgout)とのこと。また,AntergosフォーラムやWikiに関しては,少なくともパッケージの移行が完了するまでは現在のサイトで利用できるが,その後は3ヵ月ほどで閉鎖する意向を示している。

100万近いダウンロードがあったとしても,それだけではオープンソース開発のインセンティブにはなりえない ―少しさびしくて残念なプロジェクト終了のアナウンスである。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。