Linux Daily Topics

2019年7月10日 Linux 5.2がリリース ―Sound Open Firmware,PSI機能の改善など

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは7月7日(米国時間⁠⁠,⁠Linux 5.2」の正式リリースを発表した。7本のリリース候補(RC)版を経てのリリースで,Linus個人のパラオへのダイビング旅行が迫っていることもあって「rc8を出すことも若干考えた」⁠Linus)ものの,rc7後に大きな問題もなかったため,予定通りの公開に至っている。

Linux 5.2 :Linus Torvalds

Linux 5.2のおもな特徴は以下の通り。

  • IntelとGoogleの支援によるオープンソースのオーディオファームウェア開発プロジェクトSound Open Firmware(SOF)のコア実装,ファームウェアが提供されていないオーディオDSPデバイスのファームウェア作成やパーソナライズが可能に
  • Linux 4.20で追加されたCPUやメモリなどリソースのプレッシャー状況をモニタリングする「PSI(Pressure Stall Information⁠⁠」機能の改善,Androidにおける深刻なメモリ不足などを事前に検知することが容易に
  • mount APIに6つの新しいシステムコールが追加 ―fsopen(),fsconfig(),fsmount(),move_mount(),fspick(),open_tree()
  • BFQ I/Oスケジューラのパフォーマンスが最大80%向上
  • ARMの新世代GPU「ARM Mali」対応ドライバ(14xxシリーズおよび6xx/7xxシリーズ)
  • Intel CPUの脆弱性「Microarchitectural Data Sampling ⁠MDS⁠⁠」からの保護を強化
  • ext4で大文字小文字を区別しないファイル名検索のサポート
  • cgroup v2でのfreezerコントローラのサポート

LinusはLinux 5.2のリリースとともにLinux 5.3のマージウィンドウをオープンしており,プルリクエストの受付を開始している。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。