Linux Daily Topics

2019年8月22日 Linuxデスクトップにレスポンシブなメモリ解放を提供する「Low-Memory-Monitor」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Androidには,起動中のアプリやサービスが増え過ぎてメモリを圧迫する状態になった場合,⁠lowmemorykiller daemon(lmkd)⁠というデーモンが起動し,優先度の低いアプリ/サービスを強制的に終了し,メモリ領域を確保する仕組みがユーザスペースに実装されている。

このlkmdに似た仕組みをLinuxデスクトップのユーザスペースでも実現するべく,Red Hatでデスクトップ開発を担当するBastein Noceraは8月21日,私的なプロジェクト「Low-Memory-Monitor」を立ち上げた。

low-memory-monitor: new project announcement : /bɑs ˈtjɛ̃ no ˈse ʁɑ/ (hadess) | News
low-memory-monitor -GitLab

Low-Memory-Monitorは名前が示すとおり,デーモンが物理メモリ容量をモニタリングし,メモリが枯渇しそうになると,メモリ使用量が多いアプリケーションにシグナルを送信,アプリケーションの自発的な終了を促し,メモリを解放するというもの。Linuxカーネルにはもともとメモリ枯渇時に強制的にプロセスを終了させる「OOM(Out-of-Memory)⁠ Killer」が実装されているが,Low-Memory-MonitorはOOM Killerがアクティベートされる前にユーザスペース内で事前にシグナルを送信することで,強制終了を回避することも可能だ。

Noceraは今後,Fedoraの他のデスクトッププロジェクト(ディスクベースのSWAPの代わりにZRAMを使う取り組みなど)とも協調しながらLow-Memory-Monitorの改善を図り,レスポンシブなデスクトップLinuxの実現を目指していくとしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。