Linux Daily Topics

2019年11月27日 Google,AIに特化したシングルボードコンピュータ「Google Coral Dev Board」のOS「Mendel Linux 4.0 "Day"」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Googleは11月22日,Debian 10 "Buster"をベースにインハウスで開発したOS「Mendel Linux 4.0 "Day"」のリリースを発表した。

Updates from Coral: Mendel Linux 4.0 and much more! : Google Developers Blog
Mendel Linux

Mendal LinuxはGoogleのシングルボードコンピュータ「Google Coral Dev Board」で動作するオペレーティングシステム。CoralはRaspberry Pi対抗のシングルボードコンピュータとして位置づけられており,おもにエッジでのマシラーニング(推論)に最適化されたツールキットとして構成されている。

Coral

Mendel Linux 4.0 "Day"ではカーネルがLinux 4.14 LTS,ブートローダがU-Boot 2017.03.3にそれぞれアップデートされており,そのほかPython 3.7,OpenCV,OpenCL,GStreamerなどのコンポーネントがサポートされている。また今回のアップデートにより,ボードに搭載されているGPU上でのYUV→RGB変換のパフォーマンスが最大フレームレート130fps(1080p)まで向上している。

また,Googleは今回のMendel Linux 4.0にあわせてオープンソースのクロスプラットフォームフレームワーク「MeidaPipe」のアップデートも発表している。MediaPipeはビデオやオーディオといった複数のストリーミングデータを使って,高度な推論をリアルタイムに実現するフレームワークで,手指のトラッキングや顔認識などにも応用できる。今回のアップデートにともない,MediaPipeのサンプル(物体検出と顔認証)がCoralボード上で利用可能になるという。

GitHub - MediaPipe is a cross-platform framework for building multimodal applied machine learning pipelines

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。