Linux Daily Topics

2019年12月10日 Bullseyeへの最初の一歩「Debian Installer Bullseye Alpha 1」が公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

3年ぶりのメジャーアップデートとなる「Debian 10 "Buster"」を2019年7月にリリースしたDebianプロジェクトだが,まだずっと先の未来とはいえ,彼らの目はすでに次のメジャーリリースである「Debian 11 "Bullseye"」へと向きつつある。

DebianインストーラチームのCyril Bruleboisは12月5日,Debian 11インストーラの最初のアルファ版となる「Debian Installer Bullseye Alpha 1」の公開を発表した。

Debian Installer Bullseye Alpha 1 release
Debian Installer -Debian

Debian Installer Bullseye Alpha 1では多くのコンポーネントがアップデートされており,ハードウェアサポートに関してもいくつかの変更が実施されている。また,現時点では76ヵ国語をサポートしているが,より多くの言語で完全な翻訳を用意するにはまだ時間がかかりそうだ。なお,現時点での大きなバグは見当たらないという。

BruleboisはDebianユーザにこのインストーラのテストおよびフィードバックを呼びかけている。Bullseyeのリリースに向けて,少しずつプロジェクトが動き始めたようだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。