Linux Daily Topics

2020年1月28日 Linux 5.5がリリース,2020年最初のカーネルアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは1月26日(米国時間⁠⁠,⁠Linux 5.5(開発コード"Kleptomaniac Octopus"⁠⁠」の正式リリースを発表した。開発期間に年末年始の休暇が含まれていたため,リリース時期の遅れも懸念されていたが,最終的には通常通り7本のリリース候補(RC)版を経て,2020年最初のアップデートを迎えている。

Linux 5.5 -Linus Torvalds

Linux 5.5ではハードウェアとして新たにRaspberry Pi4をサポートしたほか,Chromebookの"Wake-On-Voice(スリープ状態からでも音声コマンドを実行可能にする機能)"やAMD GPUのオーバークロッキングなどもサポートする。

その他のおもな特徴は以下の通り。

  • Btrfsのアップデート …RAID1+Btrfs構成で3つまたは4つのコピーを作成可能(RAID1C34)にしたほか,⁠xxhash」⁠sha256」⁠bleake2b」など強力なチェックサムを新たにサポート
  • io_uring(2)の大幅な改善
  • カーネル用の軽量なユニットテストフレームワーク「KUnint」
  • Wi-Fi高速化の取り組みとして「Airtime Based Queue Limit」を採用
  • CIFSをルートファイルシステムとして実装,マルチチャネルもサポート
  • ネットワークインタフェースの複数の名前が割り当て可能に
  • BPFの改善 … タイプトラッキング,BPFトランポリンなど
  • NFSクライアント間でのオフロードコピーのサポート

Linusはすでに1月27日付けで次期カーネル「Linux 5.6」のマージウィンドウをオープンしており,プルリクエストを受け付けている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。