Ubuntu Weekly Topics

2008年2月1日号 Full Circle Magazine 第9号,Launchpad 1.2.1,Wine 0.9.54

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Full Circle Magazineの第9号が発行されました

Ubuntuの月刊誌であるFull Circle Magazineの第9号が発行されました。

  • Ubuntu+Enlightenmentの派生ディストリビューションであるOpenGEU(旧称Geubuntu)の特集
  • KDE 4.0のレビュー
  • OpenLDAPを使った,ディレクトリサービスの設置方法
  • iBook G4へUbuntu 7.04をインストールする方法
  • A列車で行こうに似たゲームであるOpenTTDのインストール方法
  • Ubuntuのサーバ版を使って各種サーバをインストールする連載記事の開始
  • ダウンロードに便利な5つのアプリケーション
  • 読者投稿コーナーやQ&A,その他の連載記事
などが掲載されています。

Launchpadがアップデートされました

1月24日にLaunchpadが1.2.1にアップデートされました。主な変更点は次のとおりです。

  • PPAにアップロードしたパッケージを簡単に削除できるようになりました
  • 各個人・チーム・プロジェクトに属するブランチへのコミット情報を,Atomフィードとして受信できるようになりました
  • Launchpad上でホスティングしているコードのブランチやリビジョンの概要を簡単に閲覧できるようになりました

その他にも,多くのバグ修正と機能追加が行われています。

Wine 0.9.54がリリースされました

WindowsアプリケーションをLinux上でも実行できるWineの最新ベータ版である0.9.54が,1月25日にリリースされました。今回のリリースではPhotoshop CS/CS2がほぼ完全に動作するようになりました。Ubuntuでも開発版であるHardyでさっそくパッケージが用意されています。また,フォーラムにもWineの最新版をインストールした環境でPhotoshopをインストールする方法が掲載されています。

Hardy HeronのAlpha 4がリリースされます

1月31日にUbuntuの次期バージョン"Hardy Heron"のテスト版である"Alpha 4"がリリースされます。これまでの変更点に加えて,新しいBitTorrentクライアントとしてTransmissionを,新しいVNCクライアントとしてVinagreを,新しいCD/DVD書き込みソフトウェアとしてBraseroを,GNOME用の新しい仮想ファイルシステムとしてGVFSを導入し,時計アプレットやシステム・モニタなどのインターフェースが刷新される予定です。

特にGVFS(とGIO)についてはシステムに重要な影響を及ぼす変更点であり,フォーラムなどでも積極的なテストとLaunchpadへのバグ報告が呼びかけられています。また,NetworkManagerの最新版である0.7がPPA上で利用可能になっています。これについても,インストールテストとLaunchpadではなくフォーラムへの報告が呼びかけられています

また,Ubuntuメンバーである23megはフォーラムの中で「テスト版リリース」に関するいくつかの注意を呼びかけています

  • 31日はあくまで予定であり,リリースを妨げるいくつかのバグ(showstopper bug)が修正されない場合は,遅れる可能性がある。
  • ubuntu-devel-announceメーリングリストで告知されるまでは,リリースされたことにはならない。公式サイト上でISOイメージファイルを見つけたとしてもリリース告知が出るまでは決してダウンロードしないこと。
  • すでにHardyをインストールしている場合は,Alpha 4をISOイメージファイルをダウンロードする必要はない。アップグレードするだけで,まったく同じパッケージを利用できる。

さらに参考リンクとして,マイルストーンリリースにおける数日間の作業の流れを解説した文書を提示しています。

Ubuntu Weekly Newsletter #75が発行されました

1月27日に,Ubuntu Weekly Newsletter #75が発行されました。

コミュニティニュース

先週お伝えした6.06.2のリリースに加えて,Hardy Alpha 4リリースに向けて直前の火曜から木曜の間はパッケージのアップロードを停止する"soft freeze"の話,MOTU協議会員選挙に3人が立候補しその投票が始まった話(1月31日締切り),4月26日にイギリスのスウィンドンにあるコンピュータ博物館でUbuntuのデモが行われる話などが紹介されています。

Launchpadニュース

以前お伝えしたLaunchpadのロゴコンテストですが,これまでに応募されたロゴを閲覧することができます。応募の締切りは2008年の3月31日までです。また,前述のLaunchpad 1.2.1も紹介されています。

その他のニュース

インターネット上でUbuntuに言及する記事として,以下の記事が紹介されています。

  • 効果的にアプリケーション群を配布できるVirtual Applianceを開発するために,UbuntuサーバベースのJeOSを使う方法を解説するLinux Magazineの記事
  • UMPCであるSamsung Q1UにUbuntu Mobile and Embeddedをインストールし,その使用感を伝えるTabletPCReview.comの記事
  • IBMが「Open Collaboration Client Solution」でUbuntuやRed Hatなどのサポートを発表したことを報じるCNN Moneyの記事
  • さらに同社のグループウェアであるLotus NotesとオフィススイートであるLotus SymphonyをUbuntu 7.10に完全対応させることを報じるCOMPUTERWORLDの記事
  • Dellが同社のラップトップであるXPS 1330でもUbuntuのプリインストール版を販売することを報じるDesktopLinux.comの記事
  • Ubuntuの初心者がどうやってサポートを得るべきかを簡単に解説するPC Worldの記事

ミーティング

コミュニティ協議会(Comunity Council)のミーティングでは,各チームの協議員の選考方法の決定,LoCoTeams/LoCoCouncilの構想への合意,Ubuntuメンバの承認プロセスの簡素化への合意などが行われました。

Ubuntu Womenのミーティングでは,Ubuntu Liveにグループとしてプロポーザルを提出すること,Full Circle Magazineに寄稿したこと,RoadMapの策定を始めたことなどが報告されました。

フォーラムニュース

今週のUbuntu Weekly Newsletterにはフォーラムニュースがありませんでしたが,今週のインタビューと今週のチュートリアルはそれぞれ行われています。今週のインタビューでは,Forum Ambassadorの一員であるmaniacmusicianにインタビューしています。また,今週のチュートリアルとして,マウスのボタンにさまざまなキー入力やマウス操作を組み合わせを割り当てることができるbtnxの使い方が紹介されています。

今週のセキュリティアップデート

  • 1月20日から1月28日までの間,セキュリティアップデートはありませんでした。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入