Ubuntu Weekly Topics

2009年1月30日号:Ubuntu Developer Newsの開始・8.04.2のJapanese Remix・UWN#126・9.04 Server Editionの新機能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

開発者向けのニュースレターとナレッジベース

Ubuntu Developer News#1

Ubuntuの開発に関わる人・関わろうとしている人に向けたニュースレターとして,Ubuntu Developer News』が開始されました。

メールで受信したい場合,ubuntu-devel-announceを購読してください。

これはUbuntu Weekly Newsthe FridgeをリリースしているUbuntu News Teamによる新しいニュースレターで,開発のマイルストーン・新しいパッケージ・バグの優先順位付け状況・開発ツールなどのアナウンスに加えて,メーリングリストで行われた議論・Debian関連の知っておくべき出来事をまとめたものです。

今週リリースされたUbuntu Developer News#1の主な内容は次の通りです。

その他の内容については原文を参照してください。

Ubuntu Developper Knowledgebase

Developer Newsとは別に,Ubuntu開発者が知っておくべきことをまとめたナレッジベース作成されたことがアナウンスされました。これは,これまでWiki上に分散(そして,ところどころ放置)されていた多くのドキュメントへリンクしたページを用意することで,「このページからたどり始めれば必要な情報が手に入る」ことを目的としたものです。

Ubuntu 8.04.2のJapanese Remix

先週お伝えした通りIRCミーティングでJapanese Remixの8.04.2版の必要が議論され,作成されることが決定しました

目処として,今週の金曜日にリリースを行い,ダウンロード可能になる見込みです。

なお先週の繰り返しになりますが,すでに8.04を利用している場合,アップデートにより8.04.2相当になります。新規に8.04をインストールする場合を除き,新たにISOイメージをダウンロードする必要はありません。

Ubuntu Weekly Newsletter #126

Ubuntu Weekly Newsletter#126がリリースされています。

主な内容は次の通りです。

その他の内容については原文を参照してください。

9.04の開発動向

Ubuntu 9.04ではUbuntu Serverの機能が大きく拡充される予定です。9.04の開発のうち,Server関連の開発動向を幾つかピックアップしてお伝えします。これらは1/271/20のミーティングで話し合われた内容です。

  • ACLがデフォルトで利用されるようになる予定です。現在ACLに対応させるべきソフトウェアの洗い出しと,対応作業が行われています。ACLに対応させるべきソフトウェアとは,たとえばzipやcpioなどのアーカイバが該当します。
  • eBox 0.12がJauntyのリポジトリにアップロードされました。これはIntrepidにもバックポートされる予定です。eBoxはWebブラウザ経由で各種サーバーの設定を行うことができる,管理のための補助ツールです。
  • 1/27に行われたServer Teamのミーティングで,DRDB関連のユーティリティがJauntyで取り込まれるのに際し,適切なテストケースがWikiのテスト仕様がまとめられたページに作成されることが決まりました。これにより9.04以降ではDRDBがきちんと動作することが期待されます。
  • /etcをバージョン管理システムの管理下におくための仕様であるetckeeperの開発が本格的に開始されています。これはetckeeper・bazaarを用い,/etc/以下に加えられた編集を自動的にバージョン管理するための仕組みです。etckeeperはIntrepidであればUniverseリポジトリに存在し,すでに利用することが可能ですが,Ubuntu Server Editionではこれらが自動的に利用されるような,何らかの仕組みが用意される予定です。

その他のニュース

  • Ubuntu Pocket GuideのPDF版が無料で公開されています。
  • techradar.comに「Linuxデスクトップを爆速にする3つの方法」(原題:3 ways to turbocharge your Linux desktopという記事が掲載されています。ある程度慣れたユーザに向けた,Fluxbox・Ratpoison・Enlightenmentの使い方講座です。
  • LTSP(Linux Terminal Server Project)を用いたシンクライアント環境をIntrepid(8.10)上で実現するための blog記事があります。LTSP関連を簡単に使い始める場合は参考になるでしょう。

(2ページ目に続きます)

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入