Ubuntu Weekly Topics

2009年3月27日号 7.10のEOL・9.04のBeta版リリースと壁紙の決定・UWN#134・Ghostscript/LittleCMSのセキュリティアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

7.10のEOL

2007年10月にリリースされたUbuntu 7.10 "Gutsy Gibbon"のサポート終了(EOL; End Of Life)が近づいてきました。7.10のサポートは2009年4月18日であることが宣言されています。この日以降はセキュリティアップデートを含め,原則として一切のアップデートが行われなくなります。また,EOL後一定期間が過ぎると,アーカイブサーバーからアップデートパッケージが削除され,アップデートも行えなくなります。

現在7.10を利用しているユーザーは8.04への移行が必須となりますので,アップデート計画の検討を行ってください。なお,Japanese Remix(当時の名称は「日本語ローカライズドCD」)の7.10も同じタイミングでEOLします。正式なEOLアナウンスは近日(現時点の7.10最新状態から8.04へのアップグレードテストが完了した時点で)行う予定です。

9.04関連

9.04のリリースまであと一ヶ月を切りました。多くのプロジェクトでゆるやかなフリーズが始まり,「仕上げ」のための作業が開始されます(……が,まだまだ開発が続けられているプロジェクトもあるので,Release Candidateまでは9.04の利用はお勧めしません)。9.04を利用している方は,リリースまでに解決されるべきバグを確認し,解決につながる情報が手元にあれば報告をお願いします。

3月19日にBetaリリースのためのフリーズが行われ3月26日(日本時間では本日3月27日)がリリースされました。www.ubuntu.comから入手できます 。次の区切りは4月9日のKernel Freeze&Final Freeze 兼 Non Language Pack Translation Deadlineです。

また,技術概要(Technical Overview)ドキュメント作成が開始されました(ただし,まだ中身はAlpha/Betaのリリースノートと大差ありません)。これから9.04のテストに参加される方,9.04でどのような新機能が追加されるのかに興味のある方は,このWikiページを定期的に確認すると良いでしょう。

Wacom(等)のタブレットの自動認識

Ubuntuを用いてイラストを描く作業をされている方に朗報です。8.10で取り込まれた入力機器(キーボード・マウス)のプラグアンドプレイ機能が,Wacomのタブレット等もサポートするようになりそうです。これにより面倒な設定ファイルの作成なしにタブレットを認識し,Gimp・Inkspaceなどといったアプリケーション上で利用できるようになります。

DVD再生のCall for Testing

9.04のtotem-gstreamerによるDVD再生機能のテスト要請が行われています。9.04を利用しており,要請の内容が把握できた方はテストに協力してください。ただし,この要請は新しい機能をもたらすものではありません

壁紙の決定

Jauntyで利用される壁紙が確定し,パッケージングLP#344928が行われました。現在9.04を利用している方は新しい壁紙図1になっているはずです。

図1 9.04の新しい壁紙

図1 9.04の新しい壁紙

Server Editionのトレーニング

Ubuntuの開発主体 兼 支援企業であるCanonicalでは,Ubuntuのeラーニングやトレーニングを開催することでUbuntu技術者の養成を行っています。この一環として,Ubuntu Server専門の5日間コースの追加がアナウンスされています。Canonical自身のセミナーはまだ立ち上げられたばかりなので,関連する情報が上記のリンクに記載されています。

UWN#134

Ubuntu Weekly Newsの134号が公開されました。内容は日本語版134号を参照してください。

その他のニュース

海外のblog記事・Ubuntu開発者のblogなどから,目についたHowTo・アナウンスをお届けしています。今週のトピックは以下の通りです。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入