Ubuntu Weekly Topics

2009年5月1日号 9.04 Japanese Remixのリリース・UWN#139・Full Circle Magazine #24・Firefoxのセキュリティアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Ubuntu 9.04 Japanese Remix をリリースしました

先週「リリース予定」としてお伝えした9.04のJapanese Remixですが,予定通り4月24日にリリースすることができました。9.04 Japanese Remix(日本語Remix)は,9.04標準の高速起動などの特徴はそのままに,日本語環境で利用しやすい設定とパッケージを追加し,さらに日本語環境セットアップヘルパなどのユーティリティを追加したものです。

9.04関連

Xドライバの最新版

9.04がリリースされましたが,幾つかの問題が発見されています注1)。中でもXのintelドライバのバグの影響は大きく,i965Gや845など,2004~2007年頃にリリースされたIntelのオンボードグラフィックを採用したハードウェアを利用している場合はCompizを有効にできないなど,本来の性能を発揮できない状態が続いています。

通常,Ubuntuのリリースでは「一度リリースされたものはそのままメジャーバージョンを上げず,メンテナンスだけを行う」というスタンスですが,Xの開発チームが9.04用の新しいドライバをPPAで提供し始めました。あくまでテスト版という位置づけで,これらが本体のリポジトリにフィードバックされるかは不確定ですが,どうしても困っている場合は試してみると良いでしょう。

注1
ほとんどがリリースノートに掲載されています。9.04を導入する前に確認してください。

Ubuntu Open Week・Ubuntu Developer Summit

9.04のリリースが落ち着いたところで,Ubuntu Open Week・Ubuntu Developer Summitの2つの大きなイベントが間もなく行われます。

Open Weekは,現地時間の4月27日~5月1日にかけて,irc.ubuntu.com上の#ubuntu-classroomで行われるオンライイベントです。目的のひとつは,「ユーザーとコアスタッフの間をつなぐこと」ですので,ルールさえ守れば誰でも参加し,Mark ShuttleworthをはじめとするUbuntuのコアスタッフに直接質問をすることができます。

さらに,Developer Summitは次のリリース,つまりUbuntu 9.10のコア機能に関する議論が行われる場所です。スペインのバルセロナで行われ,Hotel Rey Juan Carlosで開発者が一同に介し,「次のUbuntu」に必要な機能を議論します。こちらは実際に集まって行うイベントですが,議題はBlueprintに登録されてから行われますので,これを購読することで進捗を確認することができます。また,コア開発者に協力を仰げば,新しいアイデアを提案することも可能です。

Developer Summitは5月25~29日にかけて行われます。

UWN#139

Ubuntu Weekly Newsletter#139が刊行されています。日本語版は翻訳作業中です。

Full Circle Magazine #24

Ubuntuに関する記事を集めた月刊のWebマガジンであるFull Circle Magazine(FCM) 24号がリリースされました。主な内容は次の通りです(ちなみに,今号からちょっぴりデザインが変わっています)。

  • Ubuntu 9.04のリリース
  • ターミナル操作のすすめ。今回はシェルスクリプトの作り方と,cronによる自動実行の方法です。
  • HowTo: Inkscapeを使ったグラフィックデザインについて。InkscapeでCircle Of Humanを描いています。
  • HowTo: C言語入門記事の第8回。今回は「型」について,実際に桁あふれを起こさせたり型変換をしたりして学びます。
  • Spreading Ubuntu: Windowsからの「スイッチ」のためのHowToです。
  • HowTo: 「MAME」によるアーケードゲームエミュレーター環境の構築方法。
  • 体験談: 「おばあちゃんにUbuntuを使ってもらい,ネットショッピングをしてもらいました」
  • 体験談: 「FCMの中国語版がリリースされるまで」

などなどです。FCMは画像が数多く利用され,平易な英語で書かれているので,英語が苦手な方でも苦労なく読み進めることができるはずです。

その他のニュース

  • Ubuntuで高可用性に関する機能を実装するチーム,Ubuntu High Availability Teamが結成されました。これに加えて,Server Teamが管理するドキュメントのうち,クラスタ関連のものが整備される予定です。
  • Launchpadで使われているWebサービス(いわゆる"RESTful"なもの)を扱うためのコードが公開されました
  • 9.04でパッケージに含まれるようになった,Apacheのmod_evasiveの使い方。mod_evasiveはDoSを狙った大量のアクセスや,ブルートフォースアタックなどを回避するためのモジュールです。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入