Ubuntu Weekly Topics

2009年5月15日号 Ubuntu Oneのクローズドベータ・9.10のAlpha1・UWN#141

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

Ubuntu Oneのクローズドベータテスト

Ubuntu Oneのクローズドベータテストが始まり,希望すればベータテストに参加することができるようになりました。Ubuntu Oneは,Launchpadと同じようにCanonical社が提供するオンラインストレージサービスです。「Ubunet」と呼ばれていたものの一部です。

主な機能は次のようなもので,今のところ,ほぼDropboxの劣化コピーです注1)。

  • ユーザーが指定したファイルを保存できる領域を,2GBないし10GB提供する。
  • Ubuntu Oneパッケージ(ubuntu-one-client)をインストールしたマシン間で,この領域をホームの下の特定のディレクトリ注2として見せることができる。つまり,複数のマシンの間で「自動的に同期される領域」として使うことができる。
  • この領域には,Webインターフェース経由でもアクセスできる。
  • 指定した領域を,他のユーザーと共有することもできる。
注1
しかも現状では,Dropboxと違ってUbuntu(しかも9.04)用しかクライアントソフトウェアがないため,Windowsなどでも利用できるDropboxに比べると不便なサービスです。ただし,プロトコルは公開される予定ですし,既存のファイル保存サービスとの違いを打ち出していくはずです。
注2
筆者が試した範囲では,"~/Ubuntu One/"ディレクトリ以下が同期されます。これはターミナルを多用するユーザーにとってはあまりにも使い勝手が悪いので,「ln -s 'Ubuntu\ One' ubuntu_one」などとしてシンボリックリンクを張っています。

公開後はその名の通り,Ubuntuユーザーに広く提供されるものと思われます。

クローズドベータテストに参加するには(そして,おそらく正式公開後も),Launchpadのアカウントが必要になります。参加される場合は,Ubuntu Oneのページを開き,「Request an invitation」して招待メールを取得してください。

現在のところ,無料・有料の2つのプランが準備される予定で,使える容量に差があります。

  • 容量2GB:無料
  • 容量10GB:月額$10.00(USD)

なお,「それ高いよ!」「なにその高額版mobile meといったツッコミ(バグレポート)が飛んでいるようですので,価格などはこれから変わっていく可能性があります。また筆者が登録した時点では,invitation mailに書かれたURLをクリックしても「Internal Server Error」とだけ書かれたページが表示されてしまい,あらためてトップページを開くとログインできた,というトラブルにも遭遇していますので,試す方は多少気合いを入れて頂いた方がよいと思われます。

9.10関連

Alpha1リリース

9.04のリリースからほとんど時間が経っていませんが,9.10の開発の「たたき台」となるAlpha1がFreezeの上リリースされました。Alpha1はまだ9.04とほぼ同じで,「新機能の体験」という目的では一切役に立ちません(新機能はまだ何も実装されていません)。あくまで開発者向けのリリースとなります。

ここからスケジュールに従って開発が進んでいきます。「機能」に着目した場合,6月18日のFeature Definition Freeze(アイデアの確定)を経て,6月25日にDebian sidからのImport Freeze(=Universe・Multiverseのベースバージョンの確定),8月27日のFeature Freeze(仕様の確定),という順番で開発が進んでいきます。

WebMirrorManager

企業などでUbuntuを導入する場合には,アーカイブサーバーへのアクセスによる帯域消費を抑えるために,ローカルにアーカイブミラーを設置することがあります。こうした作業を楽にするための機能として,WebMirrorManagerというものが提案されています。これはWebベースの操作だけでローカルミラーを構築できるようにし,企業内管理者がUbuntuを導入する際の敷居を下げるためのものです。実現すれば,企業でUbuntuを導入しやすくなると考えられます。

また,WebMirrorManagerの機能のひとつとして,管理者が必要に応じてアップデートパッケージを選定できるように,WindowsのWSUS(Windows Server Update Services)に相当する「アップデートの取捨選択」も提案されています。

ただしこの機能はまだ提案段階ですので,9.10の新機能になるとは限りません。

その他のニュース

注3
"byobu"は「屏風」です。
注4
CPUはXcore86(Vortex86MX)はx86 CPUで,10年ほど前(Socket 7やPentium IIやK6-2の時代)にRiSE社が出していたmP6コアをベースにしたものです。

UWN#141

Ubuntu Weekly Newsletter #141がリリースされています。日本語版は翻訳作業中です。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入