Ubuntu Weekly Topics

2009年6月12日号 9.04のAlpha2とGRUB2の採用・Linux Kernel 2.6.30のリリースとTOMOYO Linux(LSM版)のサポート・『うぶんちゅ』Ep2の各国語版・UWN#145

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

9.10のAlpha2

Ubuntu 9.10 “Karmic Koalaの開発が軌道に乗り始め,徐々に新しい機能の実装が始まっています。Alpha2のためのフリーズなどのAlpha版リリースに加えて,先日のUDSで話し合われた内容の実装が開始されています。

現時点で期待される新機能としては,ざっと以下のようなものが上げられます。

こうした大きな目標を含めて,いくつかの新機能が実装され始めました。これに伴うニュースを幾つかお伝えします。

GRUB2への移行

9.10では,ブートローダーがGRUB1系からGRUB2系に変更される予定です。大きく分けると,以下がタスクとして提起されています。

  • 新規インストール時のブートローダーとしてGRUB2を利用。
  • インストール済み環境における,GRUB1からGRUB2への移行。
  • 将来的な(10.04で?)GRUB1サポートの終了。

この移行計画に基づいて作業を進めることになりますが,GRUB2にはそれほど実績がないため,多くのテストが必要です。これらのテストのため,9.10の開発が佳境に入る前に,現時点から新規インストール時にはGRUB2が利用されるようになりました。なお,既存の環境でGRUB2をテストする場合は,rootキーワードをuuidキーワードへ変更する必要があります注1)。GRUB2のSpecページでは,多くの機種でのテスト結果が報告されています注2)。

注1
さすがにこのままでは危険なので,リリース時にはユーザーによる作業なしで移行できるような仕組みが準備される予定です。
注2
多くの機種で問題なく動作していますが,この修正により,Karmicの早期Alphaでのテストには相応の覚悟が必要になると思われます。いわゆる人柱の方にとっては楽しい環境になりそうです。

Linux Kernel 2.6.30のリリースとTOMOYO Linux(LSM版)のサポート

Karmicで採用される予定のLinux Kernel 2.6.30が(Linusが管理している,いわゆる「Mainline」のツリーで)リリースされました

目立った新機能はkernelnewbies.orgにまとめられたものを参照してください。Ubuntu 9.10はこのKernel 2.6.30を利用する予定です。

また,2.6.30で追加された新機能である,TOMOYO Linux(のLSM版)については,UDS会場でのKernel Teamとの打ち合わせ注3を経て,Karmicでも有効化されました。これによりLSM版のTOMOYO LinuxをUbuntuでも(カーネルの入れ替えなく)利用できるようになる見込みです注4)。

なお,2.6.30ではSheevaPlugなどのMarvel Sheevaプロセッサ向けのサポートもMainlineに取り込まれたため,専用のカーネルやパッチを利用せず,9.10そのままのカーネルで利用できるようになるはずです。

注3
Special Thanks to Emmet Hikory(persia) and Martin Owens(doctormo) :)
注4
i386・AMD64・LPIA版のみ。各種ARM版では9.10では有効にならない予定(少なくとも,関係者の誰ひとりとしてARM版での有効性を確信していない状態)です。

9.10・10.04の起動速度

Ubuntuでは9.04で大幅な起動時間の短縮に成功していますが,これが9.10・10.04にかけてさらに推し進められる予定です。10.04での目標時間は,Dell Mini 9などのリファレンスプラットフォームで10秒です。

9.10では10.04へ向けて,できるだけ「余計な時間がかかるもの」を除去する作業が行われる予定です。これは特定のハードウェア向けの機能としてではなく,ごく標準的なハードウェアにおいて,フル機能のデスクトップを提供できるようになるまでの時間として提言されています。Moblinが動作するようなNetbook環境(=ハードウェア構成をある程度予測できる環境)向けのRemixでは,これよりもさらに短い時間で起動するように,というのが目標となっています。

なお,このメールで示されたURLにあるプレゼンテーション(UDSの実地で行われたもの)の最後には,「60MB/sec弱のディスク性能しかないマシンで取った,10秒弱で起動しているBootchartの図」が掲載されています。これは現行の環境でカスタマイズを行うことで実現したものと思われますが,「10.04では10秒」を実現しうる,という目標が決して無謀ではないことを示しています注5)。

注5
充分に高速なストレージやCPUを持った環境では,9.04でも10秒以下での起動が可能です。100MB/sec程度の性能のSSD(廉価なSSDでも多くはこの水準に達しています)と,2GHzを越える現行世代のCPUをお持ちであれば,10.04の起動速度を体験できることになります。

Ubuntu Weekly Newletter #145

Ubuntu Weekly Newsletterの#145がリリースされています。日本語版も公開予定です。

『うぶんちゅ!』の各国語版

以前にお伝えした『うぶんちゅ!』のEpisode2の英語版の翻訳が完了したため,そこからさらに多くの言語への翻訳が行われました。現時点で,韓国語(日本語版からダイレクトに翻訳)・英語(韓国語版以外のベース)・フランス語・アストゥリア語・ベトナム語・ハンガリー語・ロシア語版が存在します。ロシア語版はまだサイトにアップロードされていませんが,近日公開されるはずです。

その他のニュース

  • Google ChromeのLinux版の開発者向けプレビュー版がリリースされています。バイナリを開発者向けサイトから入手することができます。
  • 今週のチュートリアル。Create a FTP server with user access (proftpd)(ユーザーが利用可能なFTPサーバーの構築方法・proftpd編)
  • Launchpadで翻訳作業を行っている人向けの調査
  • 9.10で行われる,アーカイブ構造の変更について。Ubuntuの開発作業やリポジトリ管理上,main/restricted/universe/multiverseという区切りから,もう少し細かな区切りが導入される予定です。現時点では開発者にしか影響しませんが,いずれ情報が確定した段階であらためてお伝えする予定です。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入