Ubuntu Weekly Topics

2009年6月26日号 9.10の新機能・Hundred Papercuts最初の10個・UWN#147・IntelとNokiaの提携・GStreamer Good Pluginのアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

9.10で実現される(かもしれない)新機能

Ubuntu Developer Summitが終了し,9.10の実装が始まっています。これに伴い,大部分の仕様(実装目標)がfixされました。9.10の目玉となる機能は,以下の項目になります。

実現されるか微妙なものも含まれていますが,大部分は10月にはお目見えするものとなるはずです。

Hundred Papercuts最初の10個

前回お伝えしたHundred Papercutsプロジェクトの,最初の10個のバグが選定されています。内容は次の通りです。

今後,8月29日まで毎週10ヶずつのバグを選定し,9.10のリリース時点では100個のバグが修正されている,という状態となる予定です注1)。

なお,この「バグ」は,プログラミングバグだけでなく,「使いにくい」「こういうメッセージを出した方がよい」などといったものも含まれています。

注1
リリースノートに含めると大変な分量になるため,Papercutsの改善点はリリースノートには含まれないと思われます。何らかのまとめは用意されるはずですが,それはリリースノートではないか,リリースノート上の場合は単なる箇条書きとなる可能性が高いと考えられます。

UWN #147

Ubuntu Weekly Newsletter#147がリリースされています。

IntelとNokiaの提携

6月23日(現地時間)に,IntelがNokiaに対して長期的なプロセッサ供給を行う旨を発表しました。この発表には,『Open Source Software Collaboration』として,IntelのMoblinプロジェクトと,NokiaのMaemo(Nokia製「インターネットタブレット」注2製品群向けのLinux注3の協力についても触れられています。

これにより,MoblinとMaemo/Merに分離している「Netbook・MID向けLinuxディストリビューション」は徐々に統合(少なくとも基礎的なソフトウェア開発の共同作業)の方向に進んでいくと思われます。将来的にはUbuntu MIDやUbuntu Netbook Remixなど注4にも良い影響が及ぼされるでしょう。

注2
タッチパネルを搭載した小型・バッテリ駆動のPDAライクなデバイスの総称。Intel語で言う「MID」に近いものです。
注3
「Maemo」はNokia製のデバイス専用のディストリビューションです。この派生プロジェクトとして「Mer」が存在します。これはNokia製品以外の「インターネットタブレット」(MID)へMaemoを移植したもので,Intelアーキテクチャを含めた多くのデバイスで動作することを目標に開発が進められています。また,Merは9.10以降のUbuntu MIDのベースとなる予定です。
注4
Ubuntu Mobileとして総称されていたプロジェクトは現状で,Ubuntu Netbook RemixがMoblinベース,Ubuntu Moblin RemixがMoblin v2ベース,Ubuntu MIDがMerベースとなっています。

その他のニュース

今週のセキュリティアップデート

GStreamer Good Plugin(gstreamer0.10-plugins-good)は,デスクトップ環境であれば,暗黙でインストールされているコーデックです。利用している心当たりがない場合でも,早めのアップデートをお勧めします。

usn-789-1:GStreamer Good Pluginのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2009-June/000918.html
  • 現在サポートされている全てのUbuntu(6.06LTS・8.04LTS・8.10・9.04)用のアップデータがリリースされています。CVE-2009-1932を修正します。
  • CVE-2009-1932により,悪意ある細工の施されたPNGファイルが開かれた際,バッファサイズを格納する変数に整数オーバーフローが生じ,結果として攻撃者の任意でヒープバッファオーバーフローを引き起こすことができます。これにより,任意のコードの実行,ないしアプリケーションのクラッシュを発生させることが可能です。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用するだけで問題を解決できます。
  • 備考:少なくともUbuntuのデフォルト環境では,TotemとRhythmboxがこのプラグインを利用してPNGファイルの表示を行います。
usn-790-1:Cyrus SASLのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2009-June/000919.html
  • 現在サポートされている全てのUbuntu(6.06 LTS・8.04 LTS・8.10・9.04)用のアップデータがリリースされています。CVE-2009-0688を修正します。
  • cyrus-saslライブラリのbase64処理コードに問題があり、悪意ある入力が行われた場合にヒープバッファオーバーフローが発生します。これにより任意のコードの実行や、プロセスのクラッシュを発生させることが可能です。
  • 対処方法:アップデータを適用した上で、SASLを利用しているプロセスを個別に再起動してください。apt-cache rdepends libsasl2-2などで手がかりを得ることができるでしょう。プロセスを特定できない場合、OSを再起動することで代替することもできます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入