Ubuntu Weekly Topics

2009年7月10日号 6.06LTSのEOL・8.04.3のリリース・Canonicalによるクラウドコンピューティングのサポート・DRBDの安定版・UWN#149・カーネルのセキュリティアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

6.06LTS DesktopのEOL

まもなくUbuntuの最初のLTSであるDapperのデスクトップ部分がEOLを迎えます。7月14日以降,6.06のデスクトップ関連のセキュリティアップデートは行われません。

ただし,「main」のうちServerに必要なものはあと2年サポートが継続されます。現在Dapperをデスクトップ用途で利用している場合,8.04LTS(Hardy)へのアップグレードを行ってください。

8.04.3のリリース

8.04系のポイントリリース(メンテナンスリリース)が,7月9日(現地時間。日本時間では本日7月10日)に行われる予定です。これは,「あらかじめアップデートを適用した8.04」で,8.04環境を構築する際,アップデートの手間を省くために利用します注1)。主なバグフィックス内容はLaunchpadを参照してください。

なお,Hardyのポイントリリースとして,2010年1月21日に8.04.4が計画されています注2)。

※2009年7月16日追記:予定が変更され、8.04.3のリリースは7月16日(現地時間)に延期になりました。

注1
厳密には,8.04リリース後に公開されたRAID HBAのドライバなども含まれています。8.04のリリース時のCDではインストールできなかった環境でも,8.04.3であればインストールできる可能性があります。
注2
10.04がリリースされた後は,ポイントリリースは行われない見込みですので,8.04.4が最後のポイントリリースになる予定です。

9.10関連

今週の9.10関連には大きな動きはありませんが,9.10の開発版を追いかけている場合,GDMのアップデート時にシステム破壊が起きる可能性があるので注意してください。具体的には,7月3~6日(金~月)までの間にgdmパッケージをアップデートし,「2.26.1-0ubuntu3」が導入されている場合,GUIからのアップデートは行わないでください。アップデート中にGDMが誤ってkillされるため,不完全な状態でアップデート作業が中断されます。

該当する場合,コンソールセッションから「sudo apt-get dist-upgrade」を実行し,GUIを介さずにアップデートを行ってください。問題のバージョン以外のgdmを使っている場合は影響をうけません。

Canonicalによるクラウドコンピューティングのサポート

9.10が注力するテーマの一つとして「クラウドコンピューティング」があります。これはEucalyptus(9.04でプレビュー的に導入されています)を中心にした,Amazon EC2互換のプライベートクラウド構築機能として実現される予定です。

このことに関連して,Ubuntuのスポンサー 兼 商用サポート提供企業であるCanonicalが,Ubuntu Serverを用いたクラウド構築の各種商用サービスを開始しています。なお,サービスの一部はUbuntu Enterprise Clowdとして現時点でも利用可能です。

DRBDの安定版

Linuxには「DRBD(Distributed Replicated Block Device)」という分散ストレージ機構があります。これは,複数台のサーバーで互いのHDDをネットワーク越しにミラーリングし,耐障害性を高める仕組みです(「ざっくり」と表現すると,「ネットワーク越しに動作するRAID1」だと思って構いません)。DRBDを利用することで,耐障害性を備えたDBやSambaサーバなどを提供することが可能です。

Ubuntuでは,Ubuntu HA(High Availability)チームにより,9.10からDRBD関連の機能が明示的にテストされ,正式な機能の一部として機能するようになる予定です。これに関連して,DRBDの安定版PPAリポジトリ公開されています。6.06LTSを含む,現在サポートされている全てのUbuntu(6.06LTS・8.04LTS・8.10・9.04)と,9.10で利用可能です。基本的な機能はテストされていますが,本番環境で使う前にはテストを済ませた方がよいでしょう。

オープンソースカンファレンス2009 Kansai

Ubuntu Japanese Teamは、7月10日(金)・11日(土)に京都コンピュータ学院で開催される,オープンソースカンファレンス2009 Kansaiに参加します。Japanese Teamの主要メンバがブースを出展していますので,お近くの方は是非起こしください。SmartQ5・SheevaPlug・OpenRD-ClientなどのARMデバイスや,Ubuntu 9.10のアルファ版をインストールしたノートPC,そしてもちろん,9.04を導入したデモPCなどを準備してお待ちしております。会場は京都駅そばですので,関西方面からのアクセスが容易と思われます。

なお,Japanese Teamが関連するイベントとしては,8月1日(土)に,広瀬電工株式会社様の会場提供のもと,東京・秋葉原でオフラインミーティング 9.08を行う予定です。現在参加者ならびに,インストールパーティのスタッフ,セミナのプレゼンテーターなどを募集中です。

Ubuntu Weekly Newsletter #149

Ubuntu Weekly Newsletter #149がリリースされています。

その他のニュース

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

  • ご指摘ありがとうございます

    誤字の件,ご指摘ありがとうございました。
    修正させていただきました。

    Commented : #2  gihyo.jp編集部 (2009/08/07, 12:05)

  • DRDB->DRBD?

    「DRDB(Distributed Replicated Block Device)」とありますが、DRBDではないでしょうか?

    Commented : #1  西山和広 (2009/08/03, 07:14)

コメントの記入