Ubuntu Weekly Topics

2010年1月22日号 10.04の開発状況(Alpha2編)・Ubuntu Developer Day・Ubuntu Users Day・UWN#176

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

10.04の開発と周辺で行われている議論

10.04のAlpha2がリリースされ,⁠最後のAlpha」であるAlpha3(2010/02/25)と,その前に行われるDebianからのImport Freeze(2010/02/11)やFeature Freeze(2010/02/18)へ向けて,新機能搭載のための多くの作業が行われています注1)⁠Alpha2ではすでにPiTiVi(動画編集エディタ)がデフォルトで搭載され注2)⁠Nautilus(ファイルマネージャ)では「F3」キーでペインを増やせるようになり,少しずつ10.04の形が見えてくるようになりました。

同時に,インストーラに「インストーラ自身」のアップデート機能が搭載されたり,ARM版はARMv7+thumb2向け最適化がデフォルトになったり,UECのインストールパターンが増えたりと,様々な強化が図られています。これらはFoundation TeamのLucid向け進捗ページなどから一覧できます。

注1
ソフトウェア開発では大変ありがちな話であると同時にAlpha中期のUbuntuでは良くあることですが,一部は予定通り進まずに延期されています。たとえばXのトラブルの自動識別機能はまだ先になりそうですし,バーンダウンチャートを見るとなかなかに厳しめの状態です。
注2
既定路線となったGIMPの除去・新しいF-Spotの搭載はこれから行われるようです。

また,Alpha3ではHALからudevへの移行や,NVIDIA製GPUドライバのオープンソース実装であるNouveauの搭載などがほぼ間に合い,その他の調整(Compizのデフォルトエフェクトの選定やブート時の画面表示などの「見た目」も含めた強化)⁠Amazon EC2/S3向けライブラリの充実などが行われる予定ですし,各種Papercuts(今回からServer向けのPapercuts Projectも行われます)の対処されていくはずです。また,デフォルトにするという話は一切出てきていませんが,btrfsのユーザランドツールのサポートも追加されます。場合によっては,Server版についてはirqbalanceがデフォルトになるかもしれません。

そうした新機能の開発・搭載が行われる一方で,⁠オープンソースベースで開発されるUbuntuに,ソースコードが公開されていないサーバーで運用されるUbuntu Oneが搭載されているのはフリーソフトウェアの発想として正しくないという考えからDebianへ戻ったBradley Kuhnさん注3のblogを元に,⁠クローズドソースのWebサービスを利用できるソフトウェアが搭載されているのは妥当か?」注4⁠UbuntuのCopyrightはどうあるべきか」⁠CanonicalがCopyrightを持っているソフトウェアの位置づけはどうなるのか」⁠Canonicalと契約してLaunchpadのコード書いてるけど,ボランティアとしてもUbuntuにコミットしてるから立場が微妙。どうしよう」⁠そもそも問題が複雑なんだから問題ドメインをちゃんと整理しろ」などといった議論や意見が大量に生じています。

注3
Software Freedom Law Centerの設立メンバの一人で,元Free Software Foundationの重鎮です。Free Software Foundation時代から各種ライセンスの法律面(と,政治面)でのサポートを行ってきている名士のひとりです。
注4
サーバーサイドで動作するクローズドソースソフトウェアを前提にしたアプリケーションはUbuntu Oneだけでなく,GNOMEに組み込まれた天気表示・各種マルチメディアプレーヤーに組み込まれたBBCサイトなどのストリーミング再生サポート・F-Spotの各種写真サイトへのアップロード機能など,多くが存在します。

Ubuntu Developer Week / Ubuntu User Days

Ubuntuの開発者を目指す人に向けたイベント,Ubuntu Developer Weekが1月25~29日にかけて行われます(UTCですので,日本時間では一日早くなります)⁠Ubuntuの開発の最前線でパッケージを作成したり,独自機能を実装したりしている開発者がIRC上でプレゼンテーションを行います。IRCベースのイベントですので,時差を気にしなければ世界中どこからでも参加できます。主な内容はセッションリストからどうぞ。

また,ユーザー向けのイベントであるUbuntu User Daysが1月23日に行われます。日本時間では「1月29日(金)の25:00から」という厳しめの時間帯になりますが,コーヒー等を片手に参加してみてはいかがでしょうか。

Ubuntu Weekly Newsletter #176

Ubuntu Weekly Newsletter #176がリリースされています。

その他のニュース

  • Ubuntu 9.10でXenを動かす方法
  • 将来のバージョンのGNOMEに搭載される,GNOME Activity Journal (Zeitgeist)の体験方法。一ヶ月前に書いたメモをどこに置いたか忘れたり,二日前に取得したスクリーンショットをなくしたり,前日に書いた原稿を見失ってTopicsが遅れそうになったりする人(いずれも筆者の実話。特に最後のは約5分前)には便利な機能になるはずです。
  • 9.10でCactiを導入する方法。
  • Launchpad Web Service APIを通じて,LaunchpadにAnonymousアクセスする方法。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入