Ubuntu Weekly Topics

2010年8月20日号 “Natty Narwhal”・10.04.1のリリース・uTouch・jobs-admin・Count Down Banner募集・オフライン「プレ」ミーティングKansai 10.08

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Ubuntu 11.04 “Natty Narwhal”

Ubuntu 10.10の開発が「リリースまであと二ヶ月」という佳境に入りつつある中で,来年4月にリリースされるUbuntu 11.04のコードネームがアナウンスされました。11.04のコードネームはNatty Narwhal(小奇麗なイッカク)で,リポジトリ名称としては「natty」が使われます。

具体的に11.04でどのような新機能が搭載されるのか,といった計画は,10月10日の10.10のリリースを迎え,開発が一段落した後,10月25日からOrlandで開催されるUDS-N(Ubuntu Developer Summit/Nattyで決定されます。

Ubuntu 10.04.1のリリース

延期されていたUbuntu 10.04の,新しいポイントリリース(メンテナンスリリース)となる10.04.1がリリースされました。変更点の詳細は,ChangeSummaryに記載されています注1)。

Ubuntuにおける「ポイントリリース」は,リリース後に行われたセキュリティアップデートやバグフィックスパッケージを取り込み,「最新の状態」にしたCDのリリースを意味します。10.04をすでに利用しており,最新状態にアップデートしていれば,ポイントリリースのCDを新たに入手する必要はありません。基本的には,新規に10.04環境を構築する場合に用いるものです。

注1
リリース直後のタイミングでは記載が間に合っていなかったのはご愛敬。

10.10の開発

uTouch

Ubuntu 10.10向けの「隠し球」の一つ,uTouch 1.0が公開されました注2)。uTouchはマルチタッチ操作のためのフレームワークで,Kernel・X・ユーザランド・設定ツール・ジェスチャ登録などを連携させ,OS内で「タッチ操作のアプリケーション」を利用できるようにするためのプロジェクトです。10.10以降も継続的に強化を続け,12.04では満足いく形に,というのが目標として掲げられています。

現時点で対象となるデバイスはWikiのプロジェクトページや,中心開発者のひとりであるHenrik Rydbergのblogを見てください注3)。なお,kernel-teamのメーリングリスト上では「Henrik Rydbergの出現率が異常に高い」「しかもドライバを激しくコミットして誰も止めない」といった不自然きわまりない点があったため,何をやっているのかはこれまでも透けて見えていたはずです。

10.10時点でのuTouchの中核になるのは,PyMTというPythonベースのマルチタッチライブラリです。PyMTはLinux環境だけでなく,Mac OS XやWindows上でも動作するため,PyMTを用いて構築されたアプリケーションは様々な環境で「タッチ」操作が可能となります。複数点認識やスワイプなど,現代的な「タッチ」操作全般をサポートしており,さらに今年のGSoCによってスワイプ入力のソフトウェアキーボードも実装されており注4),将来に期待できる実装の一つです。

注3
銀色の板が目立っているあたりが気になりますが,10.10開発版の現状ではまだシングルポイントしかできないことに注意してください。
注4
http://vimeo.com/14176223

jobs-admin

Ubuntu 10.10では,UpstartやInitスクリプトの使い分けが少し楽になりそうです。GSoCの成果物として,各種自動起動スクリプトの設定GUIである,jobs-adminツールが提供されるようになりました。

jobs-adminは[システム][システム管理][System Jobs]からアクセスすることができ,各種サービスの自動起動設定・デーモンの起動オプションなどを変更することができるツールです。ポイントとなるのは,GUI上はUpstartジョブとInitスクリプトの区別なく,ほとんど同じ操作で設定が可能なことです。10.10環境ではjobs-adminパッケージをインストールするだけで,それ以前の環境ではppa:jpeddicord/jobsを追加することで利用可能です。

図1 jobs-adminでsshdの自動起動設定を調整している画面

図1 jobs-adminでsshdの自動起動設定を調整している画面

canonical-census

10.10の開発フェーズで,partnerリポジトリに 「canonical-census」というパッケージが追加されています。このパッケージは,マシンの個別識別子とともに,「稼働中である」ということをCanonicalの特定のサーバーに送出するためのものです。現状では「OEM出荷されたUbuntuの総数」を確認するためのツールキットですが,これにより,「Ubuntuがインストールされたマシン」の稼働規模を正確に把握することが可能になります。

Ubuntuでビジネスをしたいという方にとっては,規模が正確に把握できる機会になると言えるでしょう。

Count Down Banner募集

Ubuntu 10.10の開発もあと二ヶ月となり,恒例のカウントダウンバナーの公募が始まりました。腕(とデザインセンス)に自信のある方は,ガイドラインを確認の上,合計40枚の180x150サイズの画像を投稿してみてください。高く評価された場合,ubuntu.comの各所や各開発者のblogなどで利用されることになるはずです。

なお,画像についてはPNG・GIF・JPEGが基本となり,Flashは不許可ですので注意してください。

Firmware Test Suiteのテスト

7月30日号でお伝えした,「BIOSバグ検出モード」のテストが開始されています。バグのあるノートPCや,最新に近いPCをお持ちの場合,余裕があればテストに協力してみてください。

Ubuntuオフライン「プレ」ミーティングKansai 10.08

Ubuntu Japanese Teamは,京都高度技術研究所(ASTEM)様の協賛・全面協力のもと,Ubuntu "オフライン" ミーティングを行います。開催はこの号の公開日の翌日となります。

Ubuntu "オフライン" ミーティングは,Ubuntuユーザーが直接顔を合わせいろいろな形で交流を行うためのイベントです。関西では初の開催となります。今回は「プレ」ミーティングと題して,会場で遅めの昼食やおやつをつまみつつ,関西のUbuntuユーザ同士の懇親会を行います。電源と無線LANが使用できますので,ぜひお手持ちのUbuntuマシンをご持参ください。

遅めの昼食やおやつ・お茶と参加者によるセッションを楽しみながら,さまざまな形でUbuntuに関する知見を集めていただければ幸いです。Ubuntuをすでに使っている方,まだ使われていない方・単におもしろそうだと思った方などなど,興味がありましたらぜひお越しください。ちなみに参加者の中には,関西方面のDebian/Ubuntu/オープンソース全般の関係者なども紛れているようですこの人とか,Edbuntu方面の有名人とか)。

Ubuntu Weekly Newsletter #205/#206

Ubuntu Weekly Newsletter #205#206がリリースされています。

その他のニュース

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入