Ubuntu Weekly Topics

2011年4月28日号 Ubuntu 11.04 “Natty Narwhal”のリリース・Unityの操作ガイド

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Ubuntu 11.04

Ubuntuの新しいリリース,11.04 “Natty Narwhal⁠が4月28日(現地時間)にリリースされます編注)⁠Ubuntuのリリースではおなじみの,⁠リリース直前どころか,リリース後まで更新され続けるリリースノート」⁠限界すれすれの負荷で性能を出せないミラーサーバー」といった光景とともに,universe/multiverseリポジトリのFinalFreezeが実施されています。

11.04のリリースノート・技術概要などは以下から確認できます注1)⁠

編注
11.04のリリースの公式アナウンスはまだですが,記事公開時点においてUbuntu公式サイトが11.04用にサイトリニューアル中です。
注1
少なくともリリースノートと技術概要については,本原稿執筆中のタイミングでは絶賛翻訳中です。公開時点で日本語翻訳ドキュメントが存在しない,あるいは作業途中の場合は,あたたかい目で見守っていただくか,実際の翻訳作業にご協力いただければ幸いです。

Ubuntuのリリースについて

Ubuntu 11.04を試す前に,Ubuntuのリリース方針について確認しておきましょう。

Ubuntuのリリースエンジニアリング注2は,⁠リリース日を死守する」ことが最優先の目標となっています。もちろん数時間レベルの遅延は許容されますが,一度リリース日が確定したあとは,数日・数週間といった単位の遅延は行われません。この締切りを死守するため,Canonicalに雇用された開発者が猛然と働き,かろうじてリリースされる,ということがほとんどです。もっとも,ここ最近のリリースでは開発ペースの調整やQAの充実により,⁠リリース間際の滑りこみ」的な修正が発生することは少なくなっています。

とはいえ,リリース日が優先されることは,⁠Ubuntuのリリース直後には,いくつかの厄介なバグが残っている可能性が高い」ことを意味します。Debianのリリース注3などに比べると,リリース時点での完成度はあまり期待できません。リリース直後であっても,AlphaやBeta時点のテストをこなした環境と同じ構成であれば,リリース直後からも安定して動作しますが,もし開発フェーズで充分にテストされていない環境であれば,リリース時点ではまだ安心できない,ということです。

……ということで,これから11.04を試す場合は,現在お使いのシステムのバックアップを行い,⁠なにか」が起きた場合に慌てないよう,起動確認済みのLiveCDやLiveUSBを準備してからにしましょう。また,既存の10.10環境をアップグレードする場合,アップグレード前にミラーサーバーを標準の「日本のサーバ」から切り替えておくことも重要です。⁠日本のサーバ」には極端に負荷が集中するため,他のサーバを指定することで,アップグレードに行われるパッケージのダウンロードの速度を大きく稼ぐことができます。

注2
FLOSS界隈では「Release Engineering」を略して「releng」と称することが多々あります。これは一般的な辞書には掲載されていない単語なので,関連する英文を読むときは注意してください。
注3
Debianのリリースは,⁠Release Critical」⁠RC)バグに全て対処してから行われます。これはUbuntuとは完全に対照的で(というかDebianの「逆」のアプローチがUbuntuのリリースポリシーです)⁠⁠できた時がリリース日」となります。

“Unity”に関するおさらい

Ubuntu 11.04では,これまでのデスクトップ環境であるGNOMEに代わり,Canonicalが中心になって開発を行った「Unity」デスクトップが標準となります。基本的な操作感やキー操作はこれまでのGNOMEと同様(≒Windowsとも同様)ですが,特殊なショートカット操作が提供されます。このショートカット操作は非常に多岐にわたるものの,基本的には『⁠Windows」キーと他のなにか』の組み合わせだと思ってしまうと簡便です。ただし,現時点ではUnity本体にはヘルプ機能は搭載されていません。

そこで,Unityのショートカット操作一覧のついた壁紙が用意されています。Unityに慣れるまでのしばらくの間は,これを用いて操作を覚えると良いでしょう。

なお,⁠Unity」の基本的な操作・概念については,このドキュメントを参照してください。

その他のニュース

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入