Ubuntu Weekly Topics

2011年8月12日号 Software CenterのGTK3版・XapianのCJK対応・OSC名古屋・Upstartの今後・UWN#227

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Oneiricの開発

Software CenterのGTK3版

現在のUbuntuでは,パッケージマネージャのフロントエンドとして「Software Center」と名付けられた,独自のソフトウェアを利用しています注1)⁠これはPyGTKを用いてGTK2ベースのソフトウェアです。

一方で,OneiricフェーズではGTK2からGTK3へのライブラリ移行が進められています。すでに幾つかのソフトウェアについては移行が完了しており,Software CenterについてもGTK3への移行が予定され,作業が進められています。このGTK3版Software Centerのモックアップ的なプロトタイプが完成し,スクリーンショット動作ムービーが公開されています。

現状はあくまで開発版レベルのプロトタイプということで,Oneiric環境へ投下されるのはまだ先になる可能性はありますが,これまでのSoftware Centerとは大きくデザインも変わり,より「見た目通りに動作する」ソフトウェアになりそうです。

注1
少し前まではSynapticを利用していました。

Xapianの修正版のテスト要請

Ubuntuの幾つかのソフトウェア(Unity・Software Center等)に搭載された検索機能は,Xapianエンジンを用いて実現されています。が,Xapianは歴史的な理由でCJK文字列のハンドリングに問題があり,これらのマルチバイト文字列を検索文字列とした場合,正しい結果を得ることができませんでした。

この問題の修正版が準備され,テスト要請が行われています。

オープンソースカンファレンス名古屋

Ubuntu Japanese Teamは,オープンソースカンファレンス2011 Nagoyaにブース・セミナ出展を行います。イベントの概要は以下の通りです。

  • 日時:8月20日(土) 10:00-17:00
  • 入場:無料
  • 会場:名古屋国際センター
  • 主催:オープンソースカンファレンス実行委員会
  • 後援:財団法人ソフトピアジャパン
  • 内容:オープンソース関連の最新情報提供 (展示・セミナー)
  • 公式ハッシュタグ→ #oscnagoya

参加の際はhttp://www.ospn.jp/osc2011-nagoya/からセミナー参加の事前登録を行ってください。

Upstartの今後の方針

Debconf注2が開催された関係で,Ubuntu特有のもの,Debian・Ubuntuの双方に影響があるものの両面で,幾つかの動きが起きています。

その中でも強力なものとして,Ubuntuで利用されている新しいinit daemon,Upstartの主要開発者三人注3が揃い,⁠Upstartの現在と今後」について行ったミーティングのサマリが公開されています。

サマリにはChrome OS/Chromium OSの起動処理注4において,どのように処理を高速化しているか(起動時にはとにかくデスクトップセッションを開始するためのX等を起動してログイン可能にし,ログインに関係のないデーモン類は後から起動する)等,非常に貴重な情報が含まれています。

同様に,現時点でのUpstartの課題・既知のバグなどもまとめられており,これからUpstartの扱いを習得しようとする場合には,大変役立つものになっています。

注2
Debianの開発者が一同に介するイベント。イベントの属性上,Ubuntuの開発者も多く参加しています。もっとも,そもそもDebian・Ubuntu両方に関わっている人の方が多いので,⁠Ubuntuの関係者がDebianのイベントに参加する」というよりは「Debianの関係者が集まる」という属性のものです。
注3
Scott James Remnant(Upstartの作者。元Canonical, 現Google)+ Steve Langasek(Debian&Ubuntuの有名人の一人。現Canonical)⁠ + James Hunt(Upstartの現担当, Canonical)の三人。
注4
UpstartはUbuntuだけでなく,GoogleのChrome OSにも採用されています。……さらに,Red Hat Enterprise Linux 6にも採用されています(が,最新のFedoraはsystemdを採用しており,Linuxにおけるinitデーモンのデファクトスタンダードは非常に混迷した状態にあります)⁠

Amazon Web ServiceのEBS障害の影響範囲

先日発生したAmazon EBSの障害の影響で,AWS上の一部のUbuntuイメージが影響を受けています。US-WestリージョンでAWSを利用している場合(≒US-WestリージョンのEC2のユーザーは)⁠障害に関する記事を参照の上,利用しているインスタンスに影響がないか確認してください。

UWN#227

Ubuntu Weekly Newsletter #227がリリースされています。

その他のニュース

今週のセキュリティアップデート

usn-1183-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
usn-1186-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
usn-1187-1:linux-lts-backport-maverickのセキュリティアップデート
usn-1188-1:eCryptfsのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2011-August/001392.html
  • Ubuntu 11.04・10.10・10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2011-1835, CVE-2011-1836, CVE-2011-1837を修正します。
  • eCryptfsにおける,DoS・情報漏洩の問題を修正します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入