Ubuntu Weekly Topics

2012年2月24日号 Ubuntu for Android・Preciseのベータフリーズ・“Armada XP”カーネル・サウンドテーマの変更・RC6パッチ・Ubuntu 10.04.4・UWN#253

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

Ubuntu for Android

Ubuntuの新しい進出先が発表されました。Ubuntu for Androidはその名の通り,⁠Androidデバイス上で動作する,フルバージョンのUbuntu」です。モバイルデバイスとしてのAndroid端末上にあらかじめインストールしておき,端末がドックに接続され,ディスプレイ・キーボード・マウスが接続された状態になれば,⁠デスクトップ版のUbuntuが」そのまま動作する,というものです。こうした機能はそれほど珍しくなく,MotorolaのWebtopなど,すでに搭載した製品が世に出ています(さらに,WebtopはUbuntuにTOMOYO Linuxでアクセス制御をかけたものなので,ある種先祖返りとも言えるものです)⁠

簡単な機能概要と,Canonicalのビジネスとしてのコンタクトページが公開されており,⁠手を上げてもらえるAndroidベンダ募集」というフェーズにあるようにみえます。

実際に動作させている動画が下記にあります。この動画に登場しているスマートフォンはMOTOROLA ATRIX 2のように見えます。前述のWebtopまわりの事情もあり,直感的にはMotorola製スマートフォンからになるような気はするものの,どのような形でリリースされるかは現状ではまだわかりません。

Ubuntu for Androidに対応するための必要スペックは次の通りです。

  • Android 2.3以降
  • 2コア以上の1GHz CPU
  • Open GL + ES/EGLが動作し,ローカルフレームバッファとXで同時利用できるグラフィクアクセラレータ
  • 追加で2GB以上のストレージ
  • HDMI出力
  • USBホストモードのサポート
  • 512MB以上のメモリ

ハードウェア的な要求面は納得のいくものですが,⁠Android 2.3以上」という指定の理由が謎なところです。ubuntu.com上の機能紹介ページには「Ubuntu and Android share the same kernel. When docked, the Ubuntu OS boots and runs concurrently with Android. This allows both mobile and desktop functionality to co-exist in different runtimes. Shared services and applications are delivered using a Convergence API module which ensures the tight integration between desktop and mobile environments. Work is balanced across the cores of the phone. When the handset is not docked, both CPU cores transfer their full power to Android.」⁠参考訳:UbuntuとAndroidは同じカーネル上で動作する。ドックに接続されるとUbuntuが起動され,Androidと並列動作するようになる。これにより,モバイル環境とデスクトップが異なる実行時に利用できるようになる。共通して利用されるサービスやアプリケーションは,デスクトップとモバイル環境でConvergence API経由で密結合される。作業負荷はスマートフォン上の複数のコアに配分される形となる。電話がドックから取り外されると,両方のCPUコアはAndroidに注力するようになる)とあるため,Linuxコンテナ(≒LXC)的な機能が推定され,かつ,Android 2.3≒Kernel 2.6.35≒LXCが動作するための最低バージョン,と考えるとある程度納得がいきますが,現時点では確定するための情報がありません。

Ubuntu for Androidが具体的にどのような形でユーザーの手に届くのか,という点ではまだ見えない要素が多いものの,⁠パーソナルコンピューター」のあり方を少し変えてくれそうです。

Preciseの開発

PreciseはBeta1に向けたBetaFreezeフェーズ(+UIフリーズ)に入りました。何事もなければ3月1日のBeta1,さらに3月29日のBeta2を経て,4月26日のリリースに向けて作業が行われます。

この時期恒例のカウントダウンバナーの募集も始まっています。Ubuntuを「本番」環境のために利用している場合,そろそろテストを開始するべき時期です。

ただし,この2週ほど12.04は比較的不安定な状態になっており,アップデートをかけるとCompizがクラッシュしてしまうので涙目で再起動する必要がある→さらにアップデートするEvinceが起動しない→直ったと思ったら今度はNautilusが起動しない,と,なかなかの茨の道になっています。この時期のUbuntuには良くあることなのですが,テストする場合は相応の覚悟で臨む必要があるでしょう注1)⁠

注1
と言いつつ,例によってこの原稿は12.04上で作成されています。まったく使い物にならないほど不安定ではない,ということです。

“Armada XP”カーネル

すでにPreciseはFeature Freezeを済ませていますが,インストーラーに大きめの修正が入りました注2)⁠Marvell ARMADA XPシリーズ対応のためのものです注3)⁠対応するカーネルもすでにアップロードされており,ソースコードを確認することができます注4)⁠

注2
Ubuntuの開発では良くあるできごとです。むしろBeta後半でも普通。
注3
2012年1月27日号も参照のこと。
注4
なぜか3.0.0系列のカーネルであるあたりが,いろいろな背景を物語っています。

サウンドテーマの変更

Ubuntu起動時の「ぽこぽん」サウンドに別れを告げるとともに,新しいサウンドテーマがやってきました。Canonical Design Teamが公表したテーマ案の中から,新しいテーマが選定されています。

ここからさらに作業が追加され,12.04では晴れて新しいログインサウンドが提供されることになる予定です。

RC6パッチの有効化

Intel系GPUドライバに大きな調整が入りそうです。Intel系GPUドライバの省電力機能,RC6を有効にしたカーネルのテスト要請が行われています。

RC6はIntel製チップセット/CPU内蔵GPUの省電力機能で注5)⁠理想的に作用するとこの程度の効果がありますし注6)⁠実測結果も電力消費を大きく削減する結果になっています。12.04の「省電力性の追求」の一貫として投入される,大きなチャレンジであると言えます注7)⁠

注5
「RC6」⁠RC6+(RC6p)⁠は広義にはIntel GRST(Graphics Render Standby Technology)に含まれる省電力機能の一種で,モバイル向けCPU/チップセットにのみ搭載された機能です。これは要するに「どうせ今どきのGPUはCPU/チップセット内蔵といえども2Dレンダリングなんか余裕なので,回路全体を使うまでもないことがほとんどだし,そもそも誰も操作してないときはGPUなんかRAMDACとVRAM部分にだけ電源供給されてれば画面表示はできるよね。しかもCPU/チップセット内蔵ならVRAMはUMAでメインメモリ共用だし本気でRAMDACだけ。それなら不要な部分はCPUの実装と同じように電力供給を極小にすれば省電力にできるよね」という発想の実装で,GPU部分だけとはいえ,瞬間的に数倍から数十倍のオーダーで消費電力を引き下げることができるものです。RC6+はRC6の強化バージョンと考えてください。
なお「数倍から数十倍のオーダー」という表現には罠があり,⁠1wかかっていた回路を待機に入れて,待機時10mWに減らせば効率100倍」なので,回路単位での省電力機能ではこのオーダーは普通の話です。電圧は二乗で効くので,たとえば1.5Vの回路を0.3Vあたりまで落とせば数十倍削れることは珍しくありません。ポイントは「0.3Vに落とす」のがとても大変なことです。……という話はともかくとして,⁠RC6」⁠RC6+」は,Linux界隈では狭義に「RC6を有効にした状態のi915ドライバ」⁠RC6+を有効にしたi915ドライバ)を示す単語でもあります。カーネル3.2でマージされました。今回テスト要請がかかっているのもこちらの狭義の方なのですが,もっとも効果をあらわすはずのSandybridge環境で頻繁にクラッシュする・残像が残る等の障害があり,これまではデフォルトでは有効になっていませんでした。LKML的には「きっと安定したはず」という扱いなので比較的安全なはずですが,環境依存で問題の有無が変わる,という可能性も否定しきれないところなので,Sandybridge環境をお持ちの方は自分でテストしておいた方が幸せになれるかもしれません。
注6
ただし,この結果はSNA/Sandybridge New Accelerationを有効にした環境なので,いろいろと通常の環境とは差があります。SNAはその名の通りIntelのSandybridge世代の内蔵GPUで利用できる,新しいハードウェアアクセス方法を用いた高速化実装の一種です。これを使うとGPUの性能を数十%のオーダーで引き上げられるのですが,今のところ,大変高い頻度でクラッシュするため有効になっていません。
注7
特に,一部のバッテリーベンチマークでは「しばらく何もしないで画面表示させる」という操作が多発するため,RC6をサポートしているかどうかで数時間単位で結果が変わってくる可能性があります。RC6というかGRSTは,Windows用ドライバではかなり以前から利用可能な機能です。

Ubuntu StudioのLTSチャレンジ

Ubuntu/Kubuntu/Xubuntu 12.04はLTSになることが決定していますが,さらにUbuntu Studio「LTSにしたい」という名乗りを上げています。

実際にLTSになるかどうかは次のTechnical Boardのミーティングで決定されるはずですが,もしかすると史上初の「5年使えるDAW環境」が誕生するかもしれません。

Ubuntu 10.04.4

12.04関連の大きな動きの横で,Ubuntu 10.04系列の最後のポイントリリース(メンテナンスリリース)である10.04.4がリリースされました。デスクトップ部分は2013年4月までであるため,11.10と期限が同じになってしまうこともあり,基本的にはサーバー利用者向け・企業内でバージョン統一が重要なユーザー向けのリリースです。これを用いることで,⁠最新状態までアップデートした10.04」を簡単に構成することができます。

主な変更点の一覧はサマリーを参照してください。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入