Ubuntu Weekly Topics

2012年3月9日号 12.04の開発・インストーラーとPAE非対応CPU・Clickpad Detection・Ubuntu Magazine Japan Vol.07・juju Charm Contest・FCM#58・UWN#255

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

12.04の開発

12.04のBeta 1がリリースされ,そろそろリリースの気配が漂ってきました。Beta 1の変更点等は,こちらTechnical Overviewを参照してください。Mark Shuttleworthによる,12.04に向けての宣言も出ています。

3月15日のWallpaper Contestの締切に向けた現状のトップ10や,膨大な応募作の一覧など,徐々にデザインまわりも固まりつつあります。

ただし,まだまだUI Freeze exceptionが出されていたり,キーバインドの調整・Lensの改善などといった大物の作業は続けられており,落ち着くまではしばらくかかるでしょう。テストを行う場合,日々50~100個単位で更新されるパッケージを正しく当て続ける,本番環境には使わない,バックアップを真面目に取る,バグらしい挙動に遭遇したら追求して,必要なら報告する,といったアプローチが必要です。

Precise(12.04)の開発における次のマイルストーンは,3月22日のBeta Freeze,3月29日のBeta 2のリリースです。より詳しいスケジュール表はこちら

インストーラーとPAE非対応CPU

Ubuntu 12.04では,インストーラーに含まれるカーネルがPAE非対応のハードウェアに対応せず,ブートすることができません。これにより,Pentium Mなどの古い世代のCPUの一部では,12.04は直接インストールが行えなくなる見込みです。

Tim Gardnerいわく,⁠Your only option for a non-PAE CPU is to upgrade from a previous release. The 12.04 installer will not boot a non-PAE CPU.」⁠訳:PAE非対応のCPUで取れる唯一の選択肢は,以前のリリースからアップグレードすることだ。12.04のインストーラーはPAE非対応のCPUでは動作しない)ということで,古いマシンに12.04をインストールするときは少々注意が必要になりそうです。

Clickpad Detection

デザインを重視したノートPCの一部には,⁠ボタンのないタッチパッド」を採用したモデルが出てきています。端的には,⁠AppleのMagic Trackpadや,MacBook Air/Macbookとそっくり」なタイプの,一枚板のタッチパッドです。ボタンがない(あるいは,左右ボタンが一体化したボタンがひとつだけある)代わりに,タッチパッド全体を押し下げることができるようになっており,指の位置や本数で左・右クリックを制御することができるものです。

こうしたタイプのタッチパッドは,Windows PCでも採用が増えてきています。部品レベルではSynaptic社の「Clickpad」と呼ばれるパーツが豊富に供給されており,今後ますます採用が広がる可能性があります注1)⁠

このタイプのタッチパッドは,複数点マルチタッチに対応している注2一方で,適切なドライバをロードしないと,⁠左クリックしか認識されない」⁠複数本の指で触れるとポインタがワープする」⁠ドラッグアンドドロップしようと指を動かすと,パッドから指が離れたことになってしまう」などといった問題が起こります。特に,右クリックができない(=コンテキストメニューが開けない)ことと,ドラッグアンドドロップできないことはGUI上致命的です。

UbuntuではMultitouch実装の一環としてClickpadへの部分的な対応を行ってきているのですが注3)⁠これまでの対応は完全なものではなく,デバイスによっては実用しにくい状態が続いています注4)⁠

……というような状況に,12.04では変化が見られそうです。Preciseフェーズで追加されたClickpadサポート拡張により,Clickpadデバイスをより適切に扱い,右クリックやドラッグアンドドロップが適切に行えるようになる予定です。現時点ではまだデバイスの識別や,複数のClickpadデバイスで共通して利用できる知見が不足しており,テストが必要な状況ではあります。カーネル側注5でも自動認識サポートが追加され,いろいろなデバイスを適切にハンドリングできるようになる見込みです。

Clickpadを搭載したデバイス(たとえば2011冬モデルのHP Envy 15のケース)をお持ちの場合,12.04での動作を確認してみるべきです。

注1
代表例はDell Inspiron Mini10やHP mini 210といった,Atom N270世代後半,あるいはAton N45*世代のNetbookで,2009~2010年頃にかけて生じていました。しかし最近はHP Envyシリーズ等,コンシューマー向け上位機種でも採用されるケースが増えています。
注2
古典的なタッチパッドは複数本の指を検知できず,複数の指でタッチするとポインタが暴走する,もしくはまったく動きを検知できなくなる,といった問題を抱えています。近代的なタッチパッドでも検知可能数が2つまでのものも多く,Mac OS Xで採用されているような(そしてUbuntuでも対応しているような)マルチタッチアクションはうまく機能しないものがほとんどです。さらに多点マルチタッチに見かけ上対応していても,実際には2点までのタッチを検出してドライバレベルでエミュレーションしている(その上そのドライバはWindows専用であることが多い)等,Linux環境でのマルチタッチは前途多難な状態でした。Clickpad等の新しい世代の製品はそもそもハードウェアレベルで多点マルチタッチに対応しており,適切にドライバ(input-synaptics-clickpad)をロードし,自動設定を行えれば,プラグアンドプレイでマルチタッチに対応させることが可能です。
注3
「Clickpad対応」という表現になっていますが,実際には「Clickpadのようなデバイス全般への対応」を意味することがほとんどです。Ubuntuに適用されている対応では,MacのTrackpadを含みます。
注4
これまでのUbuntuの歴史的には,そもそも認識されない(10.04)⁠認識されるがシングルクリック専用(10.10序盤)⁠ドライバを自分でビルドすれば一応動作する(10.10中盤)⁠一応マトモに動くがドラッグアンドドロップは微妙に不条理な挙動を示す(11.04)⁠という流れで,11.10では特に改善なし,という状態でした。
注5
直接は関係ないものの,このカーネルパッチがマージされた3.2.9カーネルでは,ALSAのJack Detectionパッチがconflictし,それをRebase時に修正しています。もしも12.04でALSA関連のバックポートを行う場合,同等のcherry-pickが必要になるでしょう。ただし,14.04リリースまでは,12.04には12.10・13.04・13.10のカーネル(“LTS Backport”)が提供されるため,おそらく2014年ぐらいまでは必要にならない知識です。

Bluetooth機器の接続性

Ubuntu 12.10では,Bluetooth機器をヘッドセットとして用いたり,オーディオを聞いたり,といったことが簡単に行えるようになるかもしれません。実際には12.10のUDS(12.04のリリース後に行われます)で議論されて決定するものの,現段階でBluetoothデバイスへの接続性はどうするのがいいのかというディスカッションの呼びかけが行われています。

実際にはBluetoothだけでなく,ストリーミングオーディオや家電的なUPNP/DLNA対応等についても議論されることになりそうですが,Ubuntu TVやUbuntu for Androidの件と合わせて,より便利な状態になっていきそうです。

Ubuntu Magazine Japan Vol.07

アスキー・メディアワークスから出版されるUbuntuの専門誌,Ubutu Magazine Japanの最新号が3月9日に発売になります。今回はサーバー特集です。より詳しい内容(と表紙)の紹介はこちら

juju Charm Contest

Ubuntu 11.10から,Ubuntu Serverには「juju」と呼ばれる「設定済みのサーバーをデプロイする」ためのツールキットが準備されています。jujuは「設定済みのサーバーを作るためのテンプレート」である,Charmと呼ばれる設計図を用いて動作します。jujuの価値は,どれだけ多くのCharmが揃っているかに依存します。

こうした背景のもと,jujuを作成する動機付けとなるjuju Charm Contestが開催されています。ChefやPuppetのようなサーバー設定ツールに興味がある方がjujuに手を出す際,これらの成果物が役に立つかもしれません。

Full Circle Magazine #58

Ubuntuをテーマにした月刊のWebマガジン,Full Circle Magazineの58号がリリースされています。

UWN#255

Ubuntu Weekly Newsletter #255がリリースされています。

その他のニュース

注6
これまではMySQL的には詳細はセキュリティアドバイザリと脆弱性の詳細情報,そして対応するパッチが提供されていたので,副作用を吟味しながら適用することができました。しかしながら,Oracleへの買収後,セキュリティパッチの詳細はほとんど提供されず,リスクマトリクスと新しいバージョンのソフトウェアだけが提供されるようになっており,設計の意図や修正パッチの摘出とポーティングを個別に行う必要がある,という状態に変化してしまっています。これそのものはセキュリティアドバイザリの提供方針や,パッチ提供後の攻撃可能性の拡大等を天秤にかけた一つの判断ではあるのですが,突然方針が変わってしまったため,今回のような厄介な事態に陥っています。ちなみにこの「Oracle方針」の適用はSolarisやVirtualBoxにも影響しており,いろいろなところで面倒を引き起こしています。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入