Ubuntu Weekly Topics

2012年4月20日号 12.04のFinal Freeze・“AWSOME”・x64に関する議論・12.04の注意点(1)・Launchpad.netの商用利用・UWN#261

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

12.04の開発

12.04の開発は,リリースまでに更新される予定のパッケージが宣言される等,Final Freezeに向けた準備が行われています。今のところ致命的な問題は見つかっていないため,リリース関連についても大きな問題はないはずです注1。ただし,後述の通り「おすすめ」版が32bitなのか64bitなのかは決着がついていませんし,NVIDIAのGPUを搭載した環境では少々やっかいなことになっています)⁠

Ubuntuの新しい長期サポート版,12.04 LTSのリリース日は4月26日(現地時間)の予定です注2)⁠

注1
リリース関連ではいつものことながら,⁠リリースノートが完成するのがリリース当日,むしろリリースの10分前」⁠リリース直前のテストで問題が見つかるとリリースイメージの作り直しが発生する」といった問題はありますが,こうした問題と,その問題を何とかしてしまう,というのがUbuntuのリリースにおけるお約束です。
注2
その後継となる12.10のコードネームが2012年4月19日現在,まだ公表されていない,というまた別の問題は残っています。

“AWSOME”

12.04における大きな機能強化として,Ubuntu Enterprise Cloud(UEC)の強化,特にOpenStackとの連携が予定されています。この一環として,OpenStack向けのAmazon EC2/S3互換レイヤであるAWSOMEをCanonicalが提供することが公表されました。

AWSOMEはGNU Affero GPL v3で提供されるオープンソースソフトウェアで,EC2/S3の「よく使う」APIをサポートすることで,EC2環境ならOpenStack環境への移行コストを下げることを目的としています注3)⁠

注3
これにより,たとえばUECを抽象化レイヤとしてEucalyptusとOpenStackを使うことができるようになります。

32bit or 64bit

リリースは目前に迫っていますが,現時点ではまだ「www.ubuntu.comからダウンロードできるデフォルトのISOイメージを32bit版にするか,64bit版にするか」という議論に決着がついていません。64bit化には「x64に対応していないハードウェアでは動作しなくなる」以外にもいろいろな副作用があり注4注5)⁠簡単に結論を出せるものではないため,議論はそう簡単には収束しそうにありません。

なお,Japanese Remixについてもこの決定に同期してリリース版が決定されるため,現状ではまだ32bitになるか64bitになるか,は決定していません。

注4
たとえば,64bit化することで,⁠無防備に」整数型を使っているようなアプリケーションではデータ領域のサイズが二倍になります。これはそのままCPUやメモリに格納すべきデータ量が増大することにつながるため,⁠搭載されている物理メモリが少ないマシンで64bit化すると,メモリまわりの占有量・バンド幅が広がってしまい,むしろ逆ざや状態になる」ことを意味します。もちろん64bit環境では4GB以上の仮想メモリ空間を確保できる,というメリットはあるのですが,デスクトップに要求されるワークロードとして4GB越えのメモリ空間が必要になるケースはあまり現実的ではなく(そういう要求をするプログラムは「デスクトップで使うのにメモリ食い過ぎ」と怒られるのが普通です)⁠得られるメリットとしては小さいと言えるでしょう。
また,x86からx64移行でのレジスタ拡張で得られる処理の効率化も考慮に入れるべきではありますが,CPUの設計によってはx64化でデコーダの効率が落ちる・バンド幅問題が起こるといった問題から,必ずしも性能が向上するわけではありません。
……などといったいろいろな問題を天秤にかけていくと,デスクトップではx86+PAEで十分な気分になってくるのが複雑なところです。とはいえ,PAEは上限64GBで,8GBメモリを使うとわずか8枚で越えてしまう容量です。現状,上位のCPUはソケットあたり8~12枚のメモリを実装できることもあり,それが「デスクトップ」の範疇かどうかはともかく,ワークステーション的な利用では上限に達してしまう可能性もあります。
注5
x64化の副次的なデメリットとして,⁠一部の仮想化ハイパーバイザー(例:VirtualBox)は,x64ゲストを動作させるには単にホストがx64で動作しているだけでは不足で,仮想化のハードウェア支援(VT-x・AMD-V)が必須である」ということも注意すべきです。これにより,Core2世代のローエンド~メインストリームクラスのPCや,仮想化支援機能をBIOSがサポートしていない一部のノートPCでは,⁠実環境と仮想環境で同じOS・アーキテクチャで扱う」ことができなくなります。

12.04の注意点(1)

12.04はLTSながら,多くの新機能や仕様変更が加えられ,さらに新しい機能が追加されています。今回から何回かに分けて,12.04を触る上での注意点をお届けします。

12.04のカーネル

Ubuntu 12.04では,32bitカーネルでは暗黙でPAEカーネルが利用されるため,PAE対応のCPUが必須となります。32bitかつPAE非対応のCPU(Pentium MやVIA C3)を利用している場合は,XubuntuやLubuntuを利用してください。これらの32bitリリースはPAE非対応でも動作します。

byobuのバックエンド変更

byobuは,Ubuntuで利用できる「事前に設定された」GNU Screenのラッパーです。設定を深めようと思えばどこまででも深められる.screenrcをあらかじめ提供することで,その道のエキスパートが利用するGNU Screenと同等の設定を利用することができます。

12.04フェーズでは,この常識自体が変更になります。12.04世代のbyobuはデフォルトではtmuxのフロントエンドとして機能するため,単に「byobu」コマンドを実行すると,事前に設定されたtmuxが起動することになります。

これまでと同様,GNU Screenベースで利用したい場合は,⁠byobu-screen」コマンドで起動するか,⁠byobu-select-backend」コマンドでGNU Screenを指定してください。⁠byobu-tmux」コマンドを利用することで,tmuxバックエンドを指定して起動することもできます。

なお,セッション管理はbyobu-screenとbyobu-tmuxで全く別に行われるため,⁠byobu-screenでScreenバックエンドのbyobuを起動→うっかりbyobuコマンドでセッションを復元しようとする→復元されないので狼狽する」という失敗をやらかす余地があります。なるべくbyobu-select-backendを実行してよく使うバックエンドと揃えておくか,byobuコマンドではなくbyobu-tmuxやbyobu-screenコマンドを使うようにしましょう。

図1 GNOMEU Screenバックエンドのbyobuを実行しているターミナル。画面下部に表示される各種ステータス通知に注目してください。Screenの場合は2行で表示される

図1 GNOMEU Screenバックエンドのbyobuを実行しているターミナル。画面下部に表示される各種ステータス通知に注目してください。Screenの場合は2行で表示される

図2 tmuxバックエンドのbyobu。こちらは一行で表示される

図2 tmuxバックエンドのbyobu。こちらは一行で表示される

Jujuの対応バージョン

12.04の目玉となるJuju注6は,つい先日メインリリースをPrecise(12.04)に切り替えたばかりです。このため,多くのCharmがOneiricにしか対応していません。12.04への移行にはまだ時間がかかるでしょう。

注6
Software Design 2012年5月号で,Jujuの概要と簡単な使い方を紹介しています(宣伝)⁠

Launchpadの商用プロジェクトでの利用

Launchpad.netはUbuntu等の各種FLOSSプロジェクトで利用される開発ポータルです。Bzr等のDVCSベースのソースコード管理だけでなく,BTS・翻訳インターフェース(Rosetta)⁠設計ポータル(Blueprint)といった,ソフトウェア管理に必要な機能が「全部入り」のポータルとして機能します。ただし,これまでは制約として,プロプライエタリなソフトウェアで利用することはできませんでした。

この「商用ソフトウェアでは利用できない」制約が解除され,有償サービスとして「プロプライエタリソフトウェア用のLaunchpad利用サービス」が提供されるようになりました。費用はUS$250/年/プロジェクトです。

UWN#261

Ubuntu Weekly Newsletter #261がリリースされています。

その他のニュース

今週のセキュリティアップデート

usn-1421-1:Linux kernel(Maverick backport)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-April/001659.html
  • Ubuntu 10.04 LTS用の2.6.35カーネルのアップデータがリリースされています。CVE-2011-4347, CVE-2012-0045, CVE-2012-1097, CVE-2012-1146を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
usn-1422-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-April/001660.html
  • Ubuntu 11.04用のアップデータがリリースされています。CVE-2011-4347, CVE-2012-0045, CVE-2012-1097, CVE-2012-1146を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるので,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-1423-1:Sambaのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-April/001661.html
  • Ubuntu 11.10・11.04・10.04 LTS・8.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-1182を修正します。
  • smbdに特定のパケットを送出することで,root権限で任意のコードの実行が可能です。攻撃者にはSambaサーバーへパケットを送り込むことができる必要があります。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入