Ubuntu Weekly Topics

2012年4月27日号 Ubuntu 12.04 LTS “Precise Pangolin”のリリース・12.10 “Quantal Quetzal”・Juju jitsu・12.04の注意点(2)・70ドルのARMデバイス・UWN#262

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

12.04のリリース

Ubuntu 12.04が最後のFreezeを越え,無事にリリースされました(裏方的にはいろいろな問題があったのですが,無事にリリースされてしまえばすべてよし,と)⁠

なお,推奨は今回も32bitに留まっています。新しいリリースにおいて導入された機能・注意点等は次のリリースノートをご覧ください。ただし,リリースノートの日本語訳は現在作業中です。

Ubuntu 12.10 “Quantal Quetzal”

12.04のリリースの一方,12.10(Q)のコードネームが宣言されました。12.10のコードネームは「Quantal Quetzal」⁠量子的なケツァール)です。ケツァール(カザリキヌバネドリ)の実物はwikipediaを確認してください。非LTS初の鳥類の採用となります。

12.10の目標その他については,Mark Shuttleworthのblogを参照してください。

なお,Markによる明確な宣言として『systemdは利用しない,我々はUpstartを使う。Upstartには競合と違って,十分なテストケースを持っている。そしてUpstartは十分に「どうすべきか」を盛り込んだ設計となっている』というものが含まれており,想像を超えた展開がない限り,14.04 LTSまでの4リリース(12.10・13.04・13.10・14.04)はUpstartベースで行われ,Native Jobへの全面的な切り替え等,これまでの積み残し作業が処理されていくはずです。

12.04の注意点(2)

アップグレード前のチェックリスト

12.04のリリースはちょうとゴールデンウィークの前なので,長期連休の間にアップグレードを,と考えている方も多いでしょう。今回はそんな方に向けて,簡単なチェックリストを準備しました。Ubuntuのアップグレードを行う前にチェックしてみてください。

  • □ バックアップは取りましたか?
  • □ 十分な時間はありますか?
  • □ リリースノートは読みましたか?
  • □ 利用しているPPAは信頼できるものですか?
  • □(11.10からのアップグレードの場合)11.10に満足していますか?
  • □(10.04からアップグレードする場合)LiveCDを触ってみましたか?

各項目の解説は次の通りです。

バックアップは取りましたか?
アップグレードは十分に検証されたプロセスで実施されますが,導入しているソフトウェアや設定の問題で,うまくアップグレードできないこともありえます。バックアップを取っておかないと,⁠元に戻す」こともできなくなるので注意しましょう。
十分な時間はありますか?
アップグレード後に,なんらかの不具合が見つかる可能性もあります。十分な時間をとってアップグレードを行いましょう。
リリースノートは読みましたか?
リリースノートを読まずにアップグレードしてしまうと,既知のバグで時間を無駄にしてしまう可能性があります。
利用しているPPAは信頼できるものですか?
もしも十分なクオリティに達していないPPAを利用していると,アップグレードを阻害してしまう可能性があります。
(11.10からのアップグレードの場合)11.10に満足していますか?
もし満足しているなら,まだアップグレードの必要はないかもしれません。十分にバグ報告が出そろってから更新しても良いはずです。
(10.04からアップグレードする場合)LiveCDを触ってみましたか?
デスクトップはUnityに変更になります。gnome-session-fallbackパッケージを導入することで,⁠これまでのGNOME風」デスクトップを利用することもできますが,大幅な操作の変更を伴うことになります。事前にLiveCDを触ってみましょう。

また,通常,Ubuntuのアップグレードはリリースから数日のあいだは極端にアクセスが集中し,デフォルトの「日本のサーバー」を選択したままだとダウンロードにかなりの時間がかかります。

次のいずれかの対策を行うと,快適にアップグレードできるでしょう。

  • Alaternate CDをダウンロードし,CD経由でのアップグレードを行う。
  • Desktop CDをダウンロードし,Ubiquity経由でのアップグレード(自動的な再インストール)を行う。
  • 「日本のサーバー」以外のサーバーを選択しておき,update-managerを用いてアップグレードする。

Juju jitsuのリリース

11.10~12.04世代の目玉の一つ,⁠Juju」の周辺ツール,Juju-jitsuがリリースされました。⁠jitsu」コマンドを呼び出すことで,Jujuをより簡単に扱うことができます。

なお,明言はされていませんが,おそらく⁠Jitsu⁠これです注1)⁠

注1
なんとなく激しく間違った日本感が漂っていますが,Jujuも比較的間違った南アフリカ感に満ちているので,これはこれで……。

HPのUbuntuサポート

HPのProliantサーバーシリーズの公式なUbuntuサポートが開始されるようになりました。Canonical側もアナウンスを出しています。これにより,Proliantシリーズ上でUbuntuをより簡単に,そしてより安心して使うことができるようになります(要するに「メーカー動作保証」な状態になります)⁠

もっともこれはあくまでworld wideレベルで,日本国内のHPがどのようなサポートやコミットを提供するのか,という点についてはまだ不明確です。

このサポート宣言により,これまでの「Canonical/Ubuntu側がProliantをハードウェア互換性の面で認定する」モデルからさらに踏み込んで,⁠HPからCanonical/Ubuntuにドライバが提供される」という経路も追加されることになります注2)⁠

Proliantに内蔵されたRAID HBA(SmartArrayシリーズ)はLinux Kernelレベルでサポートされていましたが,HPから直接ドライバの提供を受けることで,⁠リリースされた直後のProliant」をUbuntuで利用しやすくなる,と言えるでしょう。

注2
同様の「リリース前のドライバを優先提供する」パターンとしてはAMD(のGPU)もあります(ただし,これは正式なコミットメントに基づくものではありません)⁠たとえばUbuntu 12.04の開発版では,プロプライエタリドライバとしてCatalyst 12.4のプレリリース版が利用できるようになっています。

Cloud Summit

UDSの横で行われるUbuntu Cloud Summitの登壇者情報が公開されています。

70ドルのARM Ubuntuデバイス

70ドルで購入できるARMデバイス,Mele 1000Ubuntuを動かした話とその動画が公開されています。

日本からもEMSによる配送で購入可能で,一万円弱で「おもちゃ」を入手することができそうです。興味のある方は手を出してみてはいかがでしょう。

UWN#262

Ubuntu Weekly Newsletter #262がリリースされています。

その他のニュース

  • Valve Softwareのオンラインゲームソフトウェア配信システム,SteamのLinux版と,さらにSourceエンジンのLinux版の動作について。
  • Googleによるオンラインストレージサービス,Google DriveをUbuntu上のNautilusから利用する話。
  • Universal USB Installerを用いて,Windows環境でUbuntuインストール用USBメモリを作成する方法。
  • Android用Ubuntu Oneクライアントがアップデートされました。
  • オレゴン州政府の事例
  • LightDMのKDE環境向けGreeterについて。
  • 12.10におけるPython3マイグレーションについて。

今週のセキュリティアップデート

usn-1424-1:OpenSSLのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-April/001662.html
  • Ubuntu 11.10・11.04・10.04 LTS・8.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2006-7250, CVE-2012-1165, CVE-2012-2110を修正します。
  • S/MIMEルーチンにおけるNULLポインタ参照・DERデータファイルの処理における任意のコード実行の危険を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
usn-1400-5:GSettings desktop schemasの更新
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-April/001663.html
  • Ubuntu 11.04用のアップデータがリリースされています。usn-1400-1の更新に伴い,GSettingsに格納された不要なProxy設定を削除します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,Firefoxを再起動してください。
usn-1425-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-April/001664.html
  • Ubuntu 10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2011-4347, CVE-2012-0045, CVE-2012-1090, CVE-2012-1097を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるので,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-1426-1:Linux kernel (EC2)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-April/001665.html
  • Ubuntu 10.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2011-4347, CVE-2012-0045, CVE-2012-1090, CVE-2012-1097を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるので,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-1427-1:MySQLのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-April/001666.html
  • Ubuntu 11.10・11.04・10.04 LTS・8.04 LTS用のアップデータがリリースされています。MySQL 5.1.625.0.96に相当するアップデータです。
  • 備考:リリース方針の変更により,MySQLは最新版リリースに更新されます。セキュリティ更新だけでなく,動作上の変更も服含まれるので注意してください。なお,11.10・11.04・10.04は5.1.62へ,8.04は5.0.96に更新されます。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-1428-1:OpenSSLのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-April/001667.html
  • Ubuntu 11.10・11.04・10.04 LTS・8.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-2131を修正します。
  • X509証明書・RSA鍵に含まれるデータの検証時,任意のコードの実行が可能な問題を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入