Ubuntu Weekly Topics

2012年8月24日号 Ubuntu 12.04.1・Unity 2Dの廃止と“UnityPreview”・多言語環境におけるフォント設定の変更・壁紙コンテスト・aarch64・UWN#278・279

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

Ubuntu 12.04.1

Ubuntu 12.04のポイントリリース,12.04.1が間もなくリリースされます(現地時間8月23日中のリリースの予定です,編注)⁠Freezeが行われ,ISOイメージがリリースされる予定です。

ポイントリリースは「あらかじめアップデートが適用されたISOイメージ」であり,すでに12.04を利用している方にとっては新規のインストールは必要ありません。10.04から12.04へのアップデートは12.04.1のリリースをもって解禁になる予定ですので,10.04で稼働しているマシンを管理している方は,そろそろアップグレードの検討を始めるのが良さそうです。

編注
本記事公開時点で,12.04.1がリリースされています。

Quantalの開発

Quantalの開発はFeature Freezeを迎え,新機能注1が続々と投入され,多くの変化が生じる時期になりました。

ここからDocumentation String Freezeまでの期間は大小取り混ぜたバグや実験的な変更により,多くの混乱が生じるはずです。Ubuntuの開発においてもっとも面白い時期ではありますが,実験環境が壊れる・特定の機能が使えなくなる等,強烈な問題が生じる期間でもあります。テスト環境を利用している方は,日々のバックアップや予備機の準備を怠らないようにしてください。

注1
Feature Freezeまでに実装されていない機能は自動的に次バージョン回しになるため,⁠新機能を一応実装して間に合わせたもの」が含まれます。

Unity 2Dの廃止と“Unity Preview”

以前からの発表通り,Unity 2Dが削除されることになりました。12.10の開発版を利用している場合,すでにunity-2dパッケージはダミーパッケージに置き換わり,利用できない状態になっています。これにより,⁠Unityでは利用できるがUnity 2Dでは利用できない」⁠Unity 2Dにだけ存在するが,Unity本体では利用できない」などといった混乱がなくなり,統一されたユーザー体験が提供できるようになります。なにより,開発や検証に関するリソースが分散しなくなるため,Unityの機能向上ペースが速くなると考えられます。

ただし,Unity 2Dが必要な環境では,12.10フェーズではUnityが利用できなくなる見込みです。Unity(Unity 3D)が動作しないOpenGL 2.0非対応のビデオカード(おおむね8~10年前に設計され,5~6年前まで廉価版として販売されていたもの)が搭載されたマシンでは,LLVMpipeによるソフトウェアエミュレーション動作になる予定なのですが,LLVMpipeの実装は12.10フェーズには間に合わず,早くても13.04での対応となる予定です。

このため,Ubuntu 12.10は「Unity 3Dを動かせない環境」では,他のデスクトップ環境(たとえばXfce)を利用するか,12.04を継続利用する必要があります。OpenGL 2.0への対応の目安は,Radeon は9000番台注2)⁠GeForceは5x00番台,Intel GMA(=内蔵GPU)は例外的注3にi915以降です注4)⁠

また,12.10ではUnityに「Unity Preview」と呼ばれる機能が搭載される予定です。これは,Dash上で右クリックすることで,該当のアイコンから呼び出されるアプリケーションやメディアファイルなどの詳細やプレビューが表示される,というものです。現状では12.10でも未リリースで,先行テストのみが可能です。先行テストには12.10上でPPAを追加する必要があります。

注2
9000番台Radeon(⁠Radeon HD」ではない)のうち,Radeon 9000・9200・9250はRadeon 8500系列の設計であり,OpenGL 2.0には非対応です。Radeon 9500はOpenGL 2.0に対応します。ただし,この世代のGPUを搭載したハードウェアは非常に古く,寿命も近いと考えられるため,中古であっても新規購入はお勧めできません。
注3
i915はOpenGL 1.0ベースではあるものの動作します。
注4
Unityをサポートしている」ことと,⁠Ubuntuでドライバサポートがある」ことは独立した問題であることに注意が必要です。これらのレガシーチップのうち,GeForce系列はnouveauによる3Dアクセラレーションがあまり現実的ではないため,Intel GMAやRadeonと異なり,NVIDIAによるドライバサポートが中断された時点で実用的ではなくなるおそれがあります。

多言語環境におけるフォント設定の変更

Ubuntuの多言語化には,⁠利用する言語ごとにフォントに関する設定を変更する」という機能が含まれています。これは,利用する主な言語によって適切なフォントが異なること注5や,言語ごとに要求するレンダリング指定が異なる注6ことに依存しています。この「言語ごとに適切なフォント指定を行う」機能は,利用する言語を指定するユーザーインターフェース(language-selector)により,⁠特定のフォント指定を要求する言語」が選択された場合に,その言語に応じて設定ファイルを設置する,という実装で行われていました。このための設定ファイルが/etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.confです注7)⁠

12.10では少しだけこの複雑さが改善され,⁠各フォント指定そのものに言語に依存する設定を入れておき,あらかじめ有効にしておく」というモデルになりました。これにより,CJK関係特有のバグが発生しにくくなることが期待できます。

注5
たとえば,欧米圏ではArialやDejavuのようなLatin-1領域に特化したフォントであっても問題はありませんが,日本語や繁体字中国語を利用する国では,これではほとんどの文字が表示不可能になってしまいます。ところが,それなら単純に日本語や繁体字中国語を含むフォントを利用すればよいかというとそうではなく,今度は欧米圏とは慣習的な文字幅やグリフの特性が異なり,欧米圏の文字表示で困ったことになってしまいます。他にも様々な事情が混在しており,現在のところ単独のフォント設定では「すべての言語において一応表示できる」ところが到達点で,⁠すべての言語で問題なく表示できる」状態にはなっていません。たとえば日本語圏のフォントでは罫線文字やダッシュ・三点リーダーなどの表示位置はベースラインではなくグリフの重心に揃っており,欧米で利用されるフォント(ベースラインに揃う)とは食い違ってしまっています。日本語で書かれた伝統的なドキュメントはこの表示位置に全面的に依存しているものもあり,かつロケール毎に適切に切り替えるロジックは単純には実装できず,現在のところ適切な解決策はありません。
注6
日本語の表示においてはヒンティングを有効にすると文字が歪んで見えますが,欧米圏ではヒンティングを有効にした方が美しいレンダリング結果が得られます。
注7
実際には,language-selectorから暗黙でfontconfig-voodooを呼び出し(⁠voodoo」という名前がすでにして「おまじない」であることを示唆しています)⁠fontconfig-voodooが/etc/fonts/conf.avail/69-language-selector-ja-jp.confへのシンボリックリンクを/etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.confとして設置する,というものですした。この挙動は非常にわかりにくい上,複数の言語設定を併用した際の副作用が予想しにくく(しかも時々設置する部分のコードが動かなくなり)⁠ただでさえ複雑なCJK関連のフォント設定をさらに混乱させるものでした。

Quantalの壁紙コンテスト

Ubuntuのリリース恒例,壁紙コンテストが開始されています。写真やイラストをUbuntuに含めてみたい方は,募集要項をよく読んだ上でチャレンジしてみてください。

なお,毎回徐々に応募数が増え続けており,昨今は非常に激戦になっています。なるべく早期に投稿した方が有利,という傾向もあるので,応募する場合は今すぐ準備した方が良いでしょう。

aarch64(arm64)用カーネルとtoolchain

64bit版ARM用アーキテクチャ,⁠aarch64」⁠ARMv8,注8に対応した,Linaro由来のカーネルtoolchainの提供が開始されました。64bit ARMマシンを入手できるユーザーは当面は限定的と見られますが,来年以降,近い将来にはARMベースの64bit Ubuntuを利用できるようになりそうです。

注8
数字が似ているので間違えそうになりますが,⁠Cortex A8」⁠ARMv7)ではなく「ARMv8」です。

UWN#278・279

Ubuntu Weekly Newsletter #278#279がリリースされています。

その他のニュース

  • Ubuntu TVの進捗状況が更新されています。
  • Ubuntu Serverの優位性を,prezi上のプレゼンとして表現したもの。
  • Ubuntuにおける,デスクトップ環境のシェアの調査結果
  • VirtualBox 4.1.20がリリースされています。
  • ARM環境へのJDKのポーティング状況のまとめ。
  • 『JCSN』⁠Juju Charm Security Notice)として,JujuのCharmに関連する脆弱性情報の提供が開始されました。現時点ではアドバイザリはJujuメーリングリストに対して行われるため,Jujuを利用している場合は購読を検討してください。
  • Ubuntu Oneでも,Dropboxと同じ,友人を紹介して追加領域500MBを入手キャンペーンが行われるようになりました。最大で40ユーザー分,20GBまで無料領域を入手することができます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入