Ubuntu Weekly Topics

2016年8月5日号 “Bash on Windows”のリリース・Bubblegum-96 boards向けUbuntu Core・IntelCompute Stick向けのインストールイメージ・UWN#476

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

“Bash on Windows”のリリース

Windows 10にUbuntuがやってきました。Windows 10にアニバーサリーアップデートの提供が開始され,⁠Bash on Windows⁠こと⁠Windows Subsystem for Linux⁠が公式に利用できるようになっています注1)⁠Windows環境の上でELFバイナリがそのまま動くという,新しい時代を感じさせる新機能を試してみてはいかがでしょうか。

注1
現状ではBetaとして提供され,また,利用には開発者モードを有効にする必要があることに注意してください。

利用のための最小限の手順は次の通りです。

  1. スタートメニュー上で右クリックし,⁠プログラムと機能]を開きます。
  2. [Windowsの機能の有効化または無効化]を開きます。

図1 ⁠プログラムと機能]から[Windowsの機能の有効化または無効化]を開く。

画像

  1. 「Windowsの機能」ダイアログで,⁠Windows Subsytem for Linux (beta)]にチェックを入れ,⁠OK]ボタンを押下します。

図2 ⁠Windows Subsytem for Linux (beta)]にチェックを入れる。

画像

  1. これにより,⁠bash」コマンドが実行できるようになります。この「bash」コマンドは,Bash on Windows環境(≒Ubuntu)のランチャー兼インストーラーです。開発者モードが有効でない場合,警告のみでインストールは実行されません。

図3 開発者モードが有効でない場合の「bash」実行結果。

画像

  1. スタートメニューで「設定」を検索して設定ウインドウを表示させ,⁠開発者向け]ページにおける[開発者モード]にチェックを入れ,開発者モードにおける注意を確認してから「はい」を選択します。

図4 開発者モードの有効化。

画像

  1. 再度「bash」コマンドを実行すると,Bash on Windows環境のインストールが可能になります。⁠y」を入力することで自動的にインストールが行われ,Windows上で動作するUbuntu環境がセットアップされます。

Bubblegum-96 boards

「Ubuntu Coreが利用できる」環境がまたひとつ増えました。uCRobotics Bubblegum-96向けのオフィシャルなUbuntu Core注2イメージの提供が開始されています。

Bubblegum-96は廉価かつ小型のARM64ボードで,ミッドレンジ〜ハイエンドスマートフォンのメインボードをそのまま抜き出したようなスペックを持ちます。豊富なIOと,⁠いまどき」の環境として不足のないCPUパワーを兼ね備えており,リッチなIoTやデジタルサイネージ・組み込みといった用途に適しています。主なスペックは次の通りです。

  • CPU: Actions S900(Cortex-A53 1.8GHz, quad-core)
  • GPU: Imagination PowerVR G6230(600MHz)
  • RAM: 2GB LPDDR3
  • Storage: 8GB eMMC + microSD
  • USB: USB 3.0 (Type A x1) / USB 2.0 (Type Ax1, microUSB x1)
  • Network: 802.11b/g/n WiFi, Bluetooth 4.0
  • Display: HDMI 1.4 with HDCP
  • Peripheral: 40pin(+1.8V, +5V, SYS_DCIN, GND, UART, I2C, SPI, PCM, GPIO x12) + 60pin(SDIO, MIPI_DSI, MIPI_CSI, I2C , USB2.0)
  • Size: 85mm x 54mm (L x W)

夏休みの自由工作や自宅用の常時稼働サーバー,あるいは新サービスのプロトタイプ用のボードとして入手してみてはいかがでしょう注3)⁠

注2
この「Ubuntu Core」⁠Snappy⁠Ubuntu Coreです。
注3
発注してから入手までに時間がかかる可能性があります。入手時期に注意してください。

Intel Compute Stick向けのインストールイメージ

Cherry Trail世代のIntel Compute StickでUbuntu 16.04 LTSを簡単に利用するためのインストールメディアが登場しました。このインストールメディアを利用することで,WiFiやBluetoothなど,セットアップの面倒な機能も有効な状態で16.04を利用できます。

なお,このインストールイメージはUbuntu/Canonicalが公式にリリースしているものではありません。セキュリティ的な懸念がある場合は,独自にインストールして個別に設定を行うとよいでしょう。

UWN#476

Ubuntu Weekly Newsletter #476がリリースされています。

その他のニュース

  • Snapパッケージのデモを兼ねた,Linux Kernelが出力するエラーメッセージカタログを生成するkernelscanについて。
  • 新しい等幅フォント,Hackの紹介。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

バックナンバー

Ubuntu Weekly Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入