Ubuntu Weekly Topics

2016年11月18日号 Ubuntu Online Summit 16.11・Ubuntu 16.10 リリース記念オフラインミーティング16.12・UWN#487

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Ubuntu Online Summit 16.11

Ubuntuの方向性を決定するための年に2度のオンライン会議,Ubuntu Online Summitが,11月15日〜16日にかけて開催されました。会議の内容を幾つか見ていきましょう。

  • architecture-discussions:Ubuntuの今後のアーキテクチャをどうするべきか考えよう。特に32bit PPCとi386のインストールイメージを維持すべきか,あるいはそもそもアーキテクチャとして維持すべきでないのか考えてみよう。mini ISOはせめて用意したいが,その一方で「まともなデスクトップ環境」を提供するにはまともなWebブラウザが必要だ。しかし今後を考えると十分なメンテナンスが32bit版ブラウザでに行われると判断するのは厳しく,たとえば18.04 LTSのデスクトップ(=2023年までサポート)で32bit版デスクトップを提供したとして,それが「実用的」でいられるかはとても疑わしい。では今後どうするべきかを,あらためて考えてみよう。
  • mysqlmariadb-status-and-roadmap:DebianとUbuntuでのメンテナンス状態を整理しつつ,MySQLとMariaDBのそれぞれのロードマップについて検討してみよう注1)。
  • snapping-kde-applications:KDEアプリケーションのsnap化を検討してみよう。周辺ライブラリを含めると考えることがたくさんある。
  • maas-http-api-with-python-requests:MAASのHTTP APIをPythonから使うことを前提に検討してみよう。
  • git-based-merge-workflow:Ubuntuでのgitベースのワークフローをもう一度整理してみよう。
注1
Oracleによる買収以降,豊富なリソースによって安定的な開発が進められる一方,各種LinuxディストリビューションでのMySQLの利用には文化の差によるさまざまな問題が存在します。Ubuntu/CanonicalではSRUポリシーを変更してupstreamに追従するという判断によって問題を回避してきています。一方でMariaDBは比較的文化の差が小さく,ディストリビューション側としてはやりやすいが,しかし普及度には差があるということで,「ユーザーにとってどちらを選ぶのが望ましいのか」は非常に難しい問題となっています。

Ubuntu 16.10 リリース記念オフラインミーティング 16.12

Ubuntu 16.10が無事にリリースされ,オフラインミーティングの季節になりました。グリー株式会社様の主催による,Ubuntu 16.10 リリース記念オフラインミーティング 16.12が12月17日(土)に開催されます。

今回は特にテーマを設けていません。16.10に関する話,17.04に向けての豊富,普段使っているUbuntuに関する話,Ubuntuとは直接は関係ないFLOSSの話などをネタに,普段出会わない人と気軽に歓談しませんか。前方のセミナー,後方のハッカソンという雑然とした空気とともに,Ubuntuの魅力を語って頂ければ幸いです(ATNDの記載そのまま)。

「Ubuntu 16.10 リリース記念オフラインミーティング 16.12」イベントサイト(ATND)
入場管理の都合から,必ず事前に参加登録が必要です。参加する予定の場合は登録しておき,都合がつかなくなったらキャンセルをお願いします。
重要:申し込みの締切は12月15日(木)13:00です。これ以降の申し込みは入場管理の都合上,行えませんのでご了承ください。

UWN#487

Ubuntu Weekly Newsletter #487がリリースされています。

その他のニュース

今週のセキュリティアップデート

usn-3125-1:QEMUのセキュリティアップデート
usn-3126-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003622.html
  • Ubuntu 12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7042, CVE-2016-7117を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3126-2:Linux kernel (OMAP4)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003623.html
  • Ubuntu 12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7042, CVE-2016-7117を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3127-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003624.html
  • Ubuntu 14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2014-9904, CVE-2015-3288, CVE-2016-3961, CVE-2016-7042を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3127-2:Linux kernel (Trusty HWE)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003625.html
  • Ubuntu 12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2014-9904, CVE-2015-3288, CVE-2016-3961, CVE-2016-7042を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3128-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003626.html
  • Ubuntu 16.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7042を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3128-2:Linux kernel (Xenial HWE)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003627.html
  • Ubuntu 14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7042を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3128-3:Linux kernel (Qualcomm Snapdragon)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003628.html
  • Ubuntu 16.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7042を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3129-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003629.html
  • Ubuntu 16.10用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7042を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3129-2:Linux kernel (Raspberry Pi 2)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003630.html
  • Ubuntu 16.10用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7042を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入