Ubuntu Weekly Topics

2016年11月25日号 “Station Dock”のクラウドファンディング・OSC 2016 Hiroshima・UWN#488

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

“Station Dock”のクラウドファンディング

Ubuntu Phoneをはじめとする,「モニタやキーボード・マウスと接続するだけでデスクトップとして利用できる」Convertibleスマートフォンには,「わずかな手間でデスクトップとして使えることは分かるが,しかしケーブルを小まめに接続するのは面倒くさい」という宿命的な弱点があります。

キーボードとマウスは一本のUSBケーブルにまとめるにしても,それに加えてモニタ用のmicroHDMIケーブルと電源ケーブルを接続する手間を省略するには,「USB Type-Cのような,なんらかの統合規格を利用する」「なんらかの統合デバイス経由でキーボード・マウス・モニターと接続する」という回避策を採る必要があります。しかし,Ubuntu Phoneの場合,現在の採用機種がミッドレンジ〜ハイエンド手前という傾向からUSB Type-Cは採用されておらず,「microUSBにキーボードとマウスを接続し,別途なんらかの方法でモニターを接続する」というアプローチが必要となります。

……このような面倒な現状が一変する可能性があるデバイスのクラウドファンディングが始まります。Station Dockと名付けられたクレードル型のデバイスは,MiracastをHDMIに変換しつつ,キーボード・マウスを接続可能なドックとして機能する,という形でこの問題を解決します。スマートフォンを立てかけるタイプのクレードルとしても機能するため,「家に帰ったらStation Dockの上にスマートフォンをセットする」という形でConvertibleできる未来がやってくるかもしれません。

Station Dockのクラウドファンディングは,Kickstarterで近日開始予定です。

オープンソースカンファレンス2016 Hiroshima

Ubuntu Japanese Teamは,11月27日(日)にサテライトキャンパスひろしま(広島県民文化センター5F)で開催されるオープンソースカンファレンス2016 Hiroshimaに参加します。各種Ubuntu搭載マシンを展示するブースとともに,12:00からはセミナーを開催する予定です。皆様のご参加をお待ちしております。

日程2016年11月27日(日) 10:00~17:45(展示は10:00~16:00)
会場サテライトキャンパスひろしま(広島県民文化センター 5F)
費用無料
内容オープンソースに関する最新情報の提供・展示 - オープンソースコミュニティ,企業・団体による展示・セミナー - オープンソースの最新情報を提供
主催オープンソースカンファレンス実行委員会
協力経済産業省 中国経済産業局
後援広島国際学院大学・一般社団法人広島県情報産業協会・広島インターネットビジネスソサイエティ(HiBiS)・電子情報通信学会中国支部
ハッシュタグ#osc16hi

UWN#488

Ubuntu Weekly Newsletter #488がリリースされています。

その他のニュース

  • 「最近のMicrosoftとオープンソースソフトウェア」をまとめた,Jono Baconによるblog記事
  • LXD上で動作するKubernetes(厳密にはthe canonical distribution of kubernetesについて。
  • 手加減のない高スペックパーツを「全部のせ」にしたUbuntu搭載ノートPC,System76 Oryx Proについて。15.6 or 17インチ4Kディスプレイ・GTK1070・Core i7を搭載した究極のノートPCです。

今週のセキュリティアップデート

usn-3130-1:OpenJDK 7のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003631.html
  • Ubuntu 14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-5542, CVE-2016-5554, CVE-2016-5573, CVE-2016-5582, CVE-2016-5597を修正します。
  • CPU2016Octに相当するアップデートです。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,Javaアプリケーションを再起動してください。
usn-3124-1:Firefoxのセキュリティアップデート
usn-3131-1:ImageMagickのセキュリティアップデート
usn-3132-1:tarのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003634.html
  • Ubuntu 16.10・16.04 LTS・14.04 LTS・12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-6321を修正します。
  • 悪意ある加工の施されたアーカイブを処理した場合に,本来期待されないパスにファイルが展開される問題がありました。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3134-1:Pythonのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003635.html
  • Ubuntu 16.04 LTS・14.04 LTS・12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-0772, {CVE-2016-1000110}, CVE-2016-5636, CVE-2016-5699を修正します。
  • StartTLSの失敗時に本来秘匿すべき情報が露出する問題・HTTP_PROXY環境変数をHTTP経由で受け取ってしまう問題・zipimporterモジュールのヒープバッファオーバーフロー・urllibの改行文字の取り扱いの問題を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,Pythonアプリケーションを再起動してください。
usn-3135-1:GStreamer Good Pluginsのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003636.html
  • Ubuntu 16.10・16.04 LTS・14.04 LTS・12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。LP#1643901を修正します。
  • 悪意ある加工を施したFLCファイルにより,任意のコードの実行が可能でした。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入