Ubuntu Weekly Topics

2016年12月16日号 Citrix Linux VDAのUbuntuサポート・UWN#490・491

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

Citrix Linux VDAのUbuntuサポート

CitrixからLinux VDA(Virtual Delivery Agent) 7.12 がリリースされ,サポート対象OSにUbuntuが追加されました。

VDAはXenAppやXenDesktopを利用したデスクトップ仮想化(≒リモートデスクトップ)のためのソフトウェアで,他の実装に比べるとレイテンシが小さく,かつ消費帯域が小さいため,たとえばVNC等でリモートデスクトップを実現するのに比べると非常に快適に利用できます。Linux VDAそのものについてより詳しくは,Linux VDA 1.4のblog記事を参照してください。

UWN#490・491

Ubuntu Weekly Newsletter #490#491がリリースされています。

その他のニュース

今週のセキュリティアップデート

usn-3138-1:python-cryptographyのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003640.html
  • Ubuntu 16.10・16.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-9243を修正します。
  • HKDFの鍵長に極端に小さな値が適用されていた場合,本来返すべき文字列ではなく空文字列を返却する問題がありました。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3139-1:Vimのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003641.html
  • Ubuntu 16.10・16.04 LTS・14.04 LTS・12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-1248を修正します。
  • filetype, syntax, keymapオプションの実行時,入力値の適切な検証が行われていないため,任意のコードを実行される危険がありました。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,Vimを再起動してください。
usn-3142-1:ImageMagickのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003642.html
  • Ubuntu 16.10・16.04 LTS・14.04 LTS・12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7799, CVE-2016-7906, CVE-2016-8677, CVE-2016-8862, CVE-2016-9556を修正します。
  • 悪意ある加工の施された画像ファイルを処理した際に,任意のコードを実行される問題がありました。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3143-1:c-aresのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003643.html
  • Ubuntu 16.10・16.04 LTS・14.04 LTS・12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-5180を修正します。
  • 特定のホスト名が与えられた場合,メモリ破壊を伴うクラッシュが生じることがありました。任意のコードの実行につながる可能性があります。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
LSN-0013-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003644.html
  • Ubuntu 16.04 LTS用のライブアップデータがリリースされています。 CVE-2016-7042, CVE-2016-7117, CVE-2016-7425, CVE-2016-8658を修正します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3144-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003645.html
  • Ubuntu 12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7425を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3144-2:Linux kernel (OMAP4)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003646.html
  • Ubuntu 12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7425を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3145-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003647.html
  • Ubuntu 14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。 CVE-2016-7425, CVE-2016-8658を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3145-2:Linux kernel (Trusty HWE)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003648.html
  • Ubuntu 12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7425, CVE-2016-8658を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3146-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003649.html
  • Ubuntu 16.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7097, CVE-2016-7425, CVE-2016-8658, CVE-2016-9644を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3146-2:Linux kernel (Xenial HWE)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003650.html
  • Ubuntu 14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7097, CVE-2016-7425, CVE-2016-8658, CVE-2016-9644を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3147-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003651.html
  • Ubuntu 16.10用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-7097, CVE-2016-7425を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3140-1:Firefoxのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-November/003652.html
  • Ubuntu 16.10・16.04 LTS・14.04 LTS・12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-9078, CVE-2016-9079を修正します。
  • Firefox 50.0.2のUbuntuパッケージ版です。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,Firefoxを再起動してください。
usn-3141-1:Thunderbirdのセキュリティアップデート
usn-3133-1:Oxideのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-December/003654.html
  • Ubuntu 16.10・16.04 LTS・14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-5198, CVE-2016-5199, CVE-2016-5200, CVE-2016-5202を修正します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3148-1:Ghostscriptのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-December/003655.html
  • Ubuntu 16.10・16.04 LTS・14.04 LTS・12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2013-5653, CVE-2016-7976, CVE-2016-7977, CVE-2016-7978, CVE-2016-7979, CVE-2016-8602を修正します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3149-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-December/003656.html
  • Ubuntu 14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-8655を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3149-2:Linux kernel (Trusty HWE)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-December/003657.html
  • Ubuntu 12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-8655を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3150-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-December/003658.html
  • Ubuntu 12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-8655を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3151-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-December/003659.html
  • Ubuntu 16.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-8655を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3151-2:Linux kernel (Xenial HWE)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-December/003660.html
  • Ubuntu 14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-8655を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3152-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-December/003661.html
  • Ubuntu 16.10用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-8655を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3151-3:Linux kernel (Qualcomm Snapdragon)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-December/003662.html
  • Ubuntu 16.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-8655を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3151-4:Linux kernel (Raspberry Pi 2)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-December/003663.html
  • Ubuntu 16.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-8655を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3150-2:Linux kernel (OMAP4)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-December/003664.html
  • Ubuntu 12.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-8655を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-3152-2:Linux kernel (Raspberry Pi 2)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2016-December/003665.html
  • Ubuntu 16.10用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-8655を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるため,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。

お知らせ

年内のUbuntu Weekly Topicsの更新は今回が最後になります。次回更新は来年になります。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

バックナンバー

Ubuntu Weekly Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入