Ubuntu Weekly Topics

2017年4月21日号 CanonicalのCEO交代・17.10の開発・Ubuntu 17.04リリース記念オフラインミーティング17.05

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

CanonicalのCEO交代

17.04のリリースとともに,Canonicalに大きな動きがありました。これまで7年間にわたってCanonicalのCEOを努めてきたJane Silber(silbs)がCEOから退任し,Mark Shuttleworthが再びCEOに就任するというものです。退任の時期は2017年7月で,CEOからの退任後はCanonical Board of Directorsに就任する予定です。少なくともCanonicalは,自社を熟知した経営の人材を失うわけではなさそうです。

もともとsilbsはCanonicalのCOOで,2010年にMark Shuttleworth(当時CEO)とCEO/COOロールを交代する形でCEOに就任しています。⁠I originally agreed to be CEO for 5 years and we⁠ve extended my tenure as CEO by a couple of years already.⁠(もともと自分は5年間の予定でCEOを引き受けたものの,すでに2年にわたって延長している)ということで,予定されていた退任でもあります。

梅雨の時期には,CEOに復帰したMark ShuttleworthによるCanonical/Ubuntuの大きな動きが期待されます。

17.10の開発

17.04のリリースが完了し,大きな変化が予想される17.10の開発がスタートしています。現時点ではまだコードネームは発表されておらず,「AA」注1注2と呼ばれている段階です。

技術的には,デスクトップ環境の切り替えだけでなく,ツールチェインを含むビルド環境の変更や,Ubuntu Serverにおけるテストの拡充といった大きなトピックが予定されています。

なお,GNOME関連の動きについてはあわしろいくやさんのblogでの投稿を参照してください。

注1
メール本文には「Mark told me to make this email clever and include lots of "A" words」Markに,いい感じにAをたくさん含むメール出しといてって言われた」⁠などとあり,先に触れたCEO交代と合わせて考えると,Founderにして現COO,次期CEOからおもむろに「いい感じにAをたくさん含むメール出しといて」などという業務命令を受けたAdam Conradが若干かわいそうになりますが,⁠いい感じにAをたくさん含む」アスキーアートで終わらせるあたりが大変にUbuntu的です。
注2
「Zの次はAAだ」という発想です。このアプローチはどう考えても「bb」となる18.04 LTSで詰むため,ネーミングルールの変更が次回に持ち越されたという捉え方もありそうです。なお,UbuntuWikiにはコードネーム予測ページも存在しています。

Ubuntu Offline Meeting 17.05

Ubuntu Japanese Teamでは,TIS株式会社様の会場提供により,Ubuntu 17.04リリース記念オフラインミーティング17.05を開催します。今回のテーマは『デスクトップあれこれ』です。

Unity 8の開発停止とUnityの終焉,そしてGNOMEベースの新しいデスクトップの登場,Bash on WindowsによるWindows上でのUbuntuと,Ubuntuデスクトップには多くの変化がもたらされようとしています。Unityの思い出話,苦労話,他のデスクトップの話などデスクトップにまつわるネタや,普段使っているUbuntuに関する話,Ubuntuとは直接は関係ないFLOSSの話などを中心に,いろいろな側面からUbuntuの魅力を語り合えれば幸いです。

Ubuntu 17.04リリース記念オフラインミーティング17.05

日時 2017年5月13日 (土) 12:15〜17:00
運営 Ubuntu Japanese Team
会場提供 TIS 株式会社 bit & innovation(西新宿三井ビルディング23F)注3
注3
会場のある建物は『西新宿三井ビルディング』⁠最寄り駅:東京メトロ丸の内線西新宿駅/都営大江戸線都庁前駅)です。新宿駅の動く歩道の先にある『新宿三井ビルディング』とは別物です。間違えないようにご注意ください! 筆者は間違えて下見に行きました!

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入