Ubuntu Weekly Topics

2017年9月15日号 Ubuntuコンテナ on Hyper-V Isolation,Ubuntu Core+Screenly+Raspberry Pi Compute Module 3構成のデジタルサイネージ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Ubuntuコンテナ on Hyper-V Isolation

Ubuntuにまた新しい時代がやってきました。Windows 10とWindows Server上で,Hyper-V Isolationを利用してUbuntuコンテナが動作することができるようになります。DockerConで発表された技術がリリースされた形です。

Hyper-V Isolationは「LinuxベースのDockerコンテナをWindows上で動作させる」技術で,この機能を用いることで「Ubuntuベースのコンテナ」がWindowsの上でそのまま動作することになります。

実際に動作を試す場合はチュートリアルを利用すると良いでしょう。

Ubuntu Core+Screenly+Raspberry Pi Compute Module 3構成のデジタルサイネージ

Ubuntu Coreを利用した製品として,興味深いデバイスが登場しました。

Canonicalのアナウンスによれば,NEC Display Solutions Europeの新デジタルサイネージプロダクト(⁠P」シリーズと「V」シリーズ)は,一種の拡張キットとしてUbuntu CoreとRaspberry Pi Compute Module3(のNECエディション)を搭載し,Screenlyを利用してサイネージとして機能します。

特筆すべき点として,シリーズの紹介ページで,大々的にRaspberry Piを搭載していることを謳っていることが挙げられます。オープンプラットフォームであること,そしてモジュラー構造であること,といった点がメリットとして打ち出されています注1)⁠

一般ユーザーが直接購入することはあまり考えられませんが,⁠街角で見かけるディスプレイの中身はUbuntu Core』といった展開が今後は目撃できるようになるかもしれません。

注1
デジタルサイネージプロダクトは組み込み系開発の中ではかなりPC寄りで,相応に高い性能を求められつつ信頼性も要求される(=発熱量が多いわりに放置されがちで,うかつにファンを用いると埃起因で故障しかねない)という矛盾した要求を突きつけられる分野です。⁠比較的」高性能だが消費電力は低いという,ARMデバイスの有利さを生かせると言えるでしょう。

その他のニュース

今週のセキュリティアップデート

usn-3410-1, usn-3410-2:GD libraryのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-September/004036.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-September/004037.html
  • Ubuntu 17.04・16.04 LTS・14.04 LTS・12.04 ESM用のアップデータがリリースされています。CVE-2017-6362を修正します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3411-1:Bazaarのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-September/004038.html
  • Ubuntu 17.04・16.04 LTS・14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。LP#1710979を修正します。
  • 「bzr+ssh://」プロトコル指定子を利用している場合,ホスト名を適切に処理していませんでした。任意のコマンドの埋め込みが可能でした。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3412-1:fileのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-September/004039.html
  • Ubuntu 17.04用のアップデータがリリースされています。CVE-2017-1000249を修正します。
  • 特定のELFファイルを読み込んだ場合,クラッシュすることがありました。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入