Wine 1.0がやってきた~どの程度動くものなのか~[前編]Wine 1.0インストール

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

はじめに

先日,Wine 1.0が先日リリースされました。

Wineといえば,Linux上でWindowsアプリケーションを動作させるためのソフトウェアですが,実際触ってみると,いくつか気が付くところがあります。

本稿では,Wineを触ってみて気が付いた点や注意点について,述べていくこととしましょう。なお,リリース元ではすでにWine 1.1になっていますが,大きく変わるところはありません。

Wineの入手元とインストール

Wineは,Wine HQから入手可能です。Wine 1.0を使う方法は,現状では大きく分けて次の2つがあります。

  1. ソースコードからのコンパイルを行う
  2. Wine開発元から配布されているパッケージを利用する

最初からビルドするのも悪くはないですが,どのような動作をどう実現するのか? というアタリをつけるために,ここでは2を選択することとします。筆者はDebian GNU/Linuxの扱いに慣れていることもあり,Debian 4.0の上で動作検証を行っています。

Debianにおけるインストール

オフィシャルに配布されているWine 1.0のパッケージは,当然ですがDebianのオフィシャルパッケージではありません。このため,開発元のリポジトリからダウンロード,インストールを行うわけですが,debパッケージを直接扱うよりは,リポジトリを追加してインストールできるようにするのが楽です。

インストール方法は,Wine HQ - Wine for Debian based distributionsに記載されていますが,簡単に言うと以下の3つの作業を行うことで,使用可能になります。このページでは,Debianベースということで,Debian 4.0とUbuntu 8.04でのインストール方法を紹介していますが,筆者はDebian 4.0での検証を行っています。なお,1~3の作業はすべて,root権限が必要になります。

1.署名検証用のGPG鍵をインポートする

APTで利用するGPG鍵を取得し,apt-keyを使って追加します。

wget -q http://wine.budgetdedicated.com/apt/387EE263.gpg -O- | apt-key add -
2.リポジトリの情報を記述したAPT Lineを追加

リポジトリ情報を記述したファイルを,ディレクトリ/etc/apt/sources.list.d配下に作成します。

wget http://wine.budgetdedicated.com/apt/sources.list.d/etch.list -O /etc/apt/sources.list.d/winehq.list
3.apt-getなどを用いてインストールする

普通にパッケージをインストールする際の手順と同じです。パッケージ名はwineです。

apt-get update
apt-get install wine

実際の利用~wineコマンドを直接使うかExplorer経由か

Wineをインストールすると,Wineを構成する各種コマンドやDLL,EXEファイルをはじめとするさまざまなものがインストールされます。ただ,DLLやEXEファイルは「直接使われる」ということはなく,Wineを実行するユーザのホーム配下に作成される.wineというディレクトリ配下に格納されます。

ディスクの利用効率を考えると,実行ファイルについてはそのようにしないほうが良い向きもありますが,ディスク自体は大容量化していることもあり,ユーザ個別のWindows環境をそのまま使えるほうが良いという判断なのか,Wineではこのような方式を採用しています。

まず最初に~wine explorer.exeを実行する

GNOMEなどのGUIを使っている場合,EXEファイルとwineコマンドの関連付けが行われます。が,ここはやはり「wineコマンド」を使ってExplorerを起動してみましょう。

何がどこにあるか?というのを気にする必要は(まだここでは)ありません。

$ wine explorer
wine: created the configuration directory '/home/art/.wine'
ALSA lib seq_hw.c:457:(snd_seq_hw_open) open /dev/snd/seq failed: 許可がありません
Could not load Mozilla. HTML rendering will be disabled.
wine: configuration in '/home/art/.wine' has been updated.

ここの時点で,当該ユーザでWineを動作させたことがないため,.wineディレクトリがユーザディレクトリ配下に作成されます。

動作している様子を図1,2に示します。

図1 Explorer動作時の様子1

図1 Explorer動作時の様子1

図2 Explorer動作時の様子2

図2 Explorer動作時の様子2

WindowsのExplorerというよりは,Windows 3.x時代まで使われていたファイルマネージャというたたずまいですが,一応普通に動いてるようには見えます注1)。

注1)
それでも,ちょっと動作させようとするとnot implementedの表示が出てくるあたりはご愛嬌ですが。

バックナンバー

エミュレータ

コメント

コメントの記入