欲しい機能が山盛り!──ホームサーバも可能なNASサーバを試す

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

多機能がウリの小型NASサーバ「TS-109Pro」,RAID5構築も可能な「TS-409Pro」

一般家庭だけでなくSOHOなどにもファイルサーバの需要が増え続けている昨今,小型ストレージケースは人気の高い製品です。USB接続タイプやeSATA接続タイプも人気ですが,複数台のPCから接続できるファイルサーバ,いわゆるNAS(Network Attached Storage)は利便性も高く,導入を考えている方も多いでしょう。

今回紹介するQNAPのNASサーバTS-109 ProTS-409 Proは,ネットワーク上でのファイル共有のほか,さまざまな機能を盛り込んだ製品。NASとしてだけではなく,Webサーバとしても使うことができるうえ,マルチメディアサーバ機能が追加されているので,フォトギャラリーやiTunesの音楽も共有することができます。NASとしてはもちろん,ちょっとした便利な使い方もできてしまうのが特長です。

TS-109 Pro

TS-109 Pro

TS-109 Pro(背面)

TS-109 Pro(背面)

TS-409 Pro

TS-409 Pro

TS-409 Pro(背面)

TS-409 Pro(背面)

TS-109 Proの主な仕様

プロセッサ SoC 500MHz
メモリ 128MバイトDDR II RAM+8Mバイト Flash
HDD搭載可能容量 3.5"SATA-I/II HDD×1 最大1Tバイト
(eSATA/USBによる2Tバイトまで拡張可能)
※HDDは本体に含まれません
LANポート RJ-45 Gigabit Ethernetポート×1
USB 2.0 3ポート
eSATA 1ポート
サイズ(mm) 210(奥行)×60(幅)×182(高さ)
重量 本体1.2kg/総重量2.1kg
動作環境 気温0~35℃/湿度~95%
電力供給 外部ACアダプタ,12V, 36W,100~240V
電力消費 スリープモード 6.6W/動作中 14.4W

TS-409 Proの主な仕様

プロセッサ Marvell 5281 500MHz
メモリー 256Mバイト
HDD搭載可能容量 3.5"SATA-I/II HDD×4 最大1Tバイト×4
※HDDは本体に含まれません
LANポート RJ-45 Gigabit Ethernetポート×1
USB 2.0 3ポート
eSATA なし
サイズ(mm) 225(奥行)×176(幅)×188(高さ)
重量 本体3kg/総重量4.75kg
動作環境 気温0~40℃/湿度~95%
電力供給 外部ACアダプタ,12V, 36W,100~240V
電力消費 スリープモード 18.8W/動作中 44.6W

小型で静かな筐体はホームオフィスや自宅にぴったり

それではまず,外観から見てみましょう。TS-109 ProはシングルHDDを搭載させるタイプのNASサーバになります。見た目や大きさは通常の外付けHDDユニットと変わりはなく,とてもスリム。そして外観からわかる最大の特長はファンレスであるということです。実際の使用において,NASサーバの稼働音というのはとても気になるところ。しかし,この製品ならその心配はないということです。内蔵させるHDDを静音タイプにすれば,よほど近づかなければ稼働しているのかさえ確認できません。ファンレスということで放熱性を心配するユーザの方もおられると思いますが,ボディはアルミで作られているため,設置場所さえ気をつけておけば心配は不要でしょう。メーカ発表の資料によると,外気温35℃まで耐えられるということなので,夏場でも風通しのよい場所なら平気です。

TS-109 ProにHDDを取り付けるにはケースを外してセットする

TS-109 ProにHDDを取り付けるにはケースを外してセットする

取り付けられるHDDは1Tバイトまでとなっていますが,eSATAもしくはUSB接続のHDDユニットと組み合わせることで,容量を拡張することもできます。また,接続したHDDと本体のHDDでRAID1による運用も可能なので,ビジネスユースで使っても安心できるのがうれしいところです。対応HDDについてはマニュアルを参照するのがいちばん簡単な方法ですが,事前にチェックしておきたいユーザはQNAPのホームページより英語版のマニュアルがダウンロードできるので,そちらを入手しておくとよいでしょう。ちなみにTS-109 Pro,TS-409 ProともインストールCDに日本語マニュアルが用意されています。

この他,豊富なUSB2.0端子にはデジタルカメラやカードリーダなども接続でき,USBプリンタサーバとしての機能もサポートしています。デジタルカメラから直接ファイルをNASサーバへ保存するオートコピーやプリンタの共有など,かゆいところに手が届く仕様です。

もう一方のTS-409 Proは,HDDが4台搭載可能なNASサーバになります。サポートしているのは単独ボリュームのほか,RAID1,RAID0,RAID5,RAID6そして複数のHDDをひとつの大容量ディスクとして扱うリニアディスクボリュームに対応しています。それぞれ1TバイトのHDDを内蔵させれば最大で4TバイトのNASサーバとして使うことが可能。豊富なRAID管理と大容量で,さまざまなニーズに応えられるでしょう。

最大で4台のHDDを搭載することができるTS-409 Pro

最大で4台のHDDを搭載することができるTS-409 Pro

筐体にはファンが取り付けられていますが,大型静音タイプのため稼働音はとても静か。USBポートも設置されており,TS-109 Proと同様にファイルのオートコピーやプリンタサーバ機能なども用意されています。

著者プロフィール

中山一弘(なかやま かずひろ)

テクニカルライター歴10年。ライティングプロダクションエースラッシュの代表でもある。アウトドアからPC,IT,ビジネスまで幅広いジャンルで執筆活動を展開中。

バックナンバー

NAS

コメント

コメントの記入