欲しい機能が山盛り!──ホームサーバも可能なNASサーバを試す

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

TS-409 Proの場合,デフォルトではアクセスページに「マルチメディアステーション」「ダウンロードステーション」のリンクが表示されていません。もしここに表示しておきたいのなら,管理画面の「ネットワーク設定」にチェックボタンがあるので設定しておきましょう。

「マルチメディアステーション」を有効にする(TS-409 Pro)

「マルチメディアステーション」を有効にする(TS-409 Pro)

「ダウンロードステーション」を有効にする(TS-409 Pro)

図15 「ダウンロードステーション」を有効にする(TS-409 Pro)

その他,MySQLサーバなども管理できるうえ,LinuxのNFSもサポートしています。この製品の機能を使えばWebアプリケーションを構築してインターネット上に公開することもできるので,ある意味ミニマムなDBサーバとしても活用できるのです。自宅サーバを構築したかったけど断念したことがある,といったユーザには,まさにうってつけともいえるでしょう。

TS-109 Pro,TS-409 Proは買い!

これだけの機能がついて,6月17日現在の価格はTS-109 Proで3万円前後実売,当方調べ⁠⁠,TS-409 Proが6万7000円前後と,現行の国産モデルと比べてかなりリーズナブルに手に入ります。1Tバイト,キャッシュ32MバイトのHDDの価格が2万円前後と落ちてきている今実売,当方調べ⁠⁠,この製品を選択するメリットは大いにあるでしょう。小型,静音,高機能と3拍子揃ったTS-109 Pro,TS-409 Pro。SOHOや家庭環境でNASサーバの構築を考えているユーザの皆さんは候補に加えてみてはいかがでしょうか。

QNAP社国内正規代理店
⁠株⁠ユニスター
URLhttp://www.unistar.jp/

参考:ベンチマークテスト

TS-109 Pro,TS-409 Proのパフォーマンスの参考として,ハードディスクやフラッシュディスクのフリーのベンチマークツールであるFDBENCHを用いてベンチマークを取ってみました。

共通環境

テストマシン CPU:Pentium Core 2 Duo E6750
メモリ 2Gバイト
ネットワーク 1000BASE-T
使用ハードディスク Seagate ST3500320NS(TS-409 Proは × 2)

TS-109 Pro

FDBENCHでネットワークドライブ(TS-109 Pro)とPC間のファイル転送速度を3回測定。Drive Sizeは1000MB。

表1 Read/Write(KByte/s)

  Disk Read Write RandomRead RandomWrite
1回目 12045 18563 9993 7834 11790
2回目 12188 18775 10348 7812 11818
3回目 12293 18263 10249 7644 13016

表2 Copy(Operations/min)

  Variable 2k 32k 256k 1MB
1回目 3810 7764 4788 1638 1050
2回目 3847 7854 4866 1644 1026
3回目 3831 7794 4860 1638 1032

表3 Copy(Kbyte/Sec)

  Variable 2k 32k 256k 1MB
1回目 4693 173 1708 4717 12174
2回目 4630 174 1738 4732 11878
3回目 4654 173 1735 4717 11990

TS-409 Pro(RAID0)

FD BENCHでネットワークドライブ(TS-409 Pro)とPC間のファイル転送速度を3回測定。Drive Sizeは1000MB。TS-409 ProのRAID設定はRAID0(ストライピング⁠⁠。

表4 Read/Write(KByte/s)

  Disk Read Write RandomRead RandomWrite
1回目 16508 26856 14106 12526 12543
2回目 16250 26203 12995 12273 13531
3回目 16317 26467 12723 12422 13657

表5 Copy(Operations/min)

  Variable 2k 32k 256k 1MB
1回目 3180 5904 3930 1548 1338
2回目 3264 5964 4176 1578 1338
3回目 3039 6000 4176 660 1320

表6 Copy(Kbyte/Sec)

  Variable 2k 32k 256k 1MB
1回目 5375 131 1405 4470 15493
2回目 5417 133 1492 4549 15493
3回目 4712 133 1492 1936 15289

TS-409 Pro(RAID1)

FD BENCHでネットワークドライブ(TS-409 Pro)とPC間のファイル転送速度を3回測定。Drive Sizeは1000MB。TS-409 ProのRAID設定はRAID1(ミラーリング⁠⁠。

表7 Read/Write(KByte/s)

  Disk Read Write RandomRead RandomWrite
1回目 15719 22394 15543 11437 13503
2回目 16064 23619 15176 11897 13564
3回目 16319 22548 15740 12366 14622

表8 Copy(Operations/min)

  Variable 2k 32k 256k 1MB
1回目 3313 6000 4212 1596 1446
2回目 3340 5946 4326 1626 1464
3回目 3337 5964 4284 1638 1464

表9 Copy(Kbyte/Sec)

  Variable 2k 32k 256k 1MB
1回目 5732 133 1505 4601 16690
2回目 5819 132 1546 4681 16918
3回目 5824 132 1529 4717 16918

著者プロフィール

中山一弘(なかやま かずひろ)

テクニカルライター歴10年。ライティングプロダクションエースラッシュの代表でもある。アウトドアからPC,IT,ビジネスまで幅広いジャンルで執筆活動を展開中。

バックナンバー

NAS