自動RAIDボリューム拡張「X-RAID」を搭載した実戦型NAS――ネットギア「ReadyNAS NV+ RND4410」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

ビジネス用途からヘビーユーザまで対応する多機能デスクトップ型ファイルサーバ

ファイル共有の概念が一般化しているビジネス界では,それを簡単に行うためのファイルサーバをオフィスに設置することが日常となってきています。基幹システムとは別に部門部署毎に機器を設置することも多く,その場合は一般的なラック型ファイルサーバとは異なるデスクトップ型ファイルサーバがよく使われます。

今回紹介するネットギア「ReadyNAS NV+ RND4410」(以降,RND4410)は,スマートな筐体に1Tバイトのハードディスクを4台搭載するNASです。この製品は,Windows Server Active Directryをサポートし,ユーザグループ,ワークグループによって共有フォルダへのアクセスを制御できるセキュアなファイルサーバを簡単に構築することができます。

またそれだけでなく,フォルダごとのクォータ管理やスナップショット,NAS本体に内蔵しているRsync対応のバックアップマネージャによる,バックアップタスクのスケジュール機能を使った万全のバックアップ体制がとれるのも特長です。

ReadyNAS NV+ RND4410

ReadyNAS NV+ RND4410

ReadyNAS NV+ RND4410(背面)

ReadyNAS NV+ RND4410(背面)

このほか,AppleのiTunesに対応するなどメディアサーバとしても活用でき,BitTorrentクライアントを内蔵するなど,マルチメディア機能も充実しています。また,こうした機能はネットギア独自のAdd-onによって拡張することができるため,将来ネットギア,または同社のパートナーからAdd-onが提供されれば簡単に機能を拡張することが可能です。ビジネス用途からヘビーユーザまで,多機能でセキュアなNASが簡単に導入できる製品だといえるでしょう。

ネットギア独自開発による自動ボリューム拡張機能「X-RAID」

RND4410をはじめネットギアのNAS製品群に搭載されているのが,自動ボリューム拡張機能「X-RAID」です。この製品は「Flex-RAID」によるRAID0,RAID1,RAID5の任意切り替えに対応していますが,ネットギアが独自に開発したX-RAIDを使えば現在のディスク台数に応じた最適なRAID設定を自動で行ってくれます。

1台のハードディスクで運用している場合は単独ボリュームなので冗長性はありません。しかし,X-RAID環境でもう1台のハードディスクを追加すると,すぐに自動で同期をはじめます。ハードディスク容量にもよりますが,数十分から数時間で同期が完了するので,その時点で2台のディスクはお互いのデータを保護するため冗長性が持たれることになります。ただし,この場合,ディスク領域は2台分の合計ではなく,冗長性を保つための領域に1台分が割り当てられるため,総ディスク容量は残りの1台分となります。

さらにもう1台のハードディスクを追加すると,データボリュームは自動で拡張されます。今度は冗長性を保つための領域の1台分の容量と,2台分のディスク領域が割与えられます。同様に4台目を追加した場合も3台分のディスク容量と1台分の冗長性を保つための領域となります。すなわち,1Tバイトのハードディスクを2台導入した場合は1Tバイトのボリュームと1Tバイトの冗長性を保つための領域,3台導入した場合は2Tバイトのボリュームと1Tバイトの冗長性を保つための領域,4台導入すると3Tバイトのボリュームと1Tバイトの冗長性を保つための領域になるわけです。

X-RAIDの概念

X-RAIDの概念

こうしたハードディスクの追加は,ファイルアクセスをストップすることなく電源を入れたまま行うことができます。そのため,最初は500Gバイトを2台で運用し,ファイルの増加に伴いディスク容量が切迫してきた場合に新しくハードディスクを追加するといった運用の仕方もできるのです。さらにそれでもボリュームの容量が足りなくなった場合は,ディスク自体の容量をすべて大容量のものへ変更することでボリュームの容量を大きくしてゆくことが可能です。専門知識なしで冗長性を保つことができるファイルサーバを構築できるのは大きな魅力といえるでしょう。

なお,容量の異なるハードディスクを追加した場合,ボリュームサイズは容量の少ないハードディスクに合わせられます。500Gバイトのハードディスク2台で運用していた場合,そこに1Tバイトのハードディスクを追加しても,各ディスクから500Gバイトずつ使用されるのでボリュームとしては合計1Tバイトになります。しかし,500Gバイトのハードディスクを2台とも1Tバイトのものに変更すれば,合計で2Tバイトのボリューム領域として運用できます。X-RAIDを使って段階的な拡張を考える際にはこのことに注意してください。

ホットスワップ対応なので,NASを止めることなく安全にディスクを追加,または大容量ディスクへ変更可能

ホットスワップ対応なので,NASを止めることなく安全にディスクを追加,または大容量ディスクへ変更可能

著者プロフィール

中山一弘(なかやま かずひろ)

テクニカルライター歴10年。ライティングプロダクションエースラッシュの代表でもある。アウトドアからPC,IT,ビジネスまで幅広いジャンルで執筆活動を展開中。

バックナンバー

NAS

コメント

コメントの記入