豊富な機能でホームユースからSOHOユースまで幅広く対応するスペシャルモデル――ネットギア「ReadyNAS Ultra 4」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ビジネス,家庭,あらゆるシーンで活躍できるネットワークストレージの決定版!

動画や写真を家庭内や遠隔地にすむ家族で共有したいというニーズは,ここ数年特に高まっています。一家に一台という時代は過ぎ去り,一人一台になりつつあるパソコンの普及により,⁠情報共有」の必要性は,いまや家庭内にまで波及しています。

また,近年ではSOHOスタイルでのビジネスも増え続けており,仕事場とクライアント企業を行き来するビジネスマンもたくさんいます。仕事場とプライベートルームという2重の環境への対応だけでなく,自宅と遠隔地という地理的な壁を越えて同じストレージへアクセスしなければならないケースも増えているのです。

LAN内はもとより,インターネット経由で行われる情報共有は,あらゆるシーンで求められています。今回紹介するネットギア「ReadyNAS Ultra 4」は,企業ユースにも用いられる高度なセキュリティやiSCSI対応による柔軟なネットワーク構成などのほか,コンシューマ向けのアドオンの追加にも応えられる製品です。

図1 ネットギア ReadyNAS Ultra 4

図1 ネットギア ReadyNAS Ultra 4

最大8TB,多彩なRAID機能も搭載

「ReadyNAS Ultra 4」は,4スロットのデスクトップ型ネットワークストレージ(NAS)です。インテルCPU(1.66GHz)⁠1GBメモリを搭載し,高速スループットを実現しています(ネットギアの過去製品と比較して約2倍)⁠

2系統のギガビットイーサネットポートが用意されており,バックアップ用,iSCSIトラフィック用と別ポートにそれぞれ割り振ることも可能です。RAIDはネットギアではおなじみの「X-RAID2」のほか,0,1,5に対応します。特にX-RAID2では,ボリュームの増設時にデータの最適化や再配置を自動で行うので,ハードディスクを4台搭載した構成で,容量が不足した場合,1台,もしくは2台を大容量のものと交換するといった作業をしても,面倒な設定が不要で,追加した容量分を効率的に使うことができます。もちろん,ディスク交換はホットスワップで行えますので,システムを止めることもありません。以上のように,便利な機能を持っているのもこの製品の特長です。

図2,3 フロントドアを開くと,ハードディスクへ簡単にアクセスできます。トレイの取り外しもワンタッチです。

図2 フロントドアを開くと,ハードディスクへ簡単にアクセスできます。トレイの取り外しもワンタッチです。図3 フロントドアを開くと,ハードディスクへ簡単にアクセスできます。トレイの取り外しもワンタッチです。

図4 2系統のLANポートを搭載

図4 2系統のLANポートを搭載

図5 システムのステータスは下部のディスプレイに表示されます。

図5 システムのステータスは下部のディスプレイに表示されます。

ファイル共有のプロトコルはWindowsのCIFS/SMBはもちろん,Mac OSのAFP,LinuxやUNIXのNFSが扱えるので,ほとんどのネットワーク構成に対応できます。もちろん,HTTP/HTTPS,FTP/FTPSといったサービスも用意されています。

RAIDarとブラウザベースの管理ツールで簡単セッティング

ネットギアのNAS製品群は,すべて共通のコンソールで各種設定が行えます。とはいえ,特別難しいものではなく,逆にブラウザベースのGUIで簡単な入力やチェックボックスのオン/オフといった操作がメインとなります。

ReadyNAS Ultra 4をネットワークに接続したら,添付のCD-ROMから,検出・監視エージェントの「RAIDar」をクライアントPCにインストールします。このRAIDarはネットワーク上にあるNASを自動検出し,DHCPで割り振られたIPアドレスを表示してくれるツールです。このほか,ディスクや本体の状態も監視できるので,日常の運用に便利です。

「RAIDar」からFront Viewを開き,本体の管理ツールへアクセスします。先ほども少し触れたように,あとはGUIによる直感的な操作で各種設定が行えます。また,初期設定にはウィザードも用意されているので,不慣れな場合はそれを活用しても基本的なセッティングができます。

図6 RAIDarで検出したネットワーク上のReadyNAS Ultra 4

図6 RAIDarで検出したネットワーク上のReadyNAS Ultra 4

図7 NAS本体の管理ツールはブラウザベースのGUIで操作できます。概要についてはこちらでも解説しています。

図7 NAS本体の管理ツールはブラウザベースのGUIで操作できます。概要についてはこちらでも解説しています。

当製品の詳細はこちら

コメント

コメントの記入