2009年秋,PC Xサーバの製品動向~セキュリティ,仮想化の対応がポイント~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ミッションクリティカルな基幹業務や開発業務を担うUNIX,Linuxサーバは,コスト削減や業務効率に加え,セキュリティへの対応,シンクライアントといった新技術との融合が求められています。そうした中,UNIXやLinuxアプリケーション操作に不可欠な「PC Xサーバ」が,UNIX資産の活用,セキュリティ強化など,新たな課題を解決するソリューションとして期待を集めています。新製品が続々と登場するPC Xサーバの製品動向を探ってみましょう。

幅広いシーンで活躍する「PC Xサーバ」

Windowsを搭載するIAサーバは,クライアント同様,オフイス環境で大きくシェアを伸ばしています。しかし,基幹系業務やCADを中心とするエンジニアリング系アプリケーションなどの領域では,堅牢なUNIX,Linuxサーバが現在も根強い人気を誇っているのが現状です。

「PC Xサーバ」は,従来,UNIXサーバ上で稼動する業務アプリケーションの操作に必要だった専用端末(xターミナル)の機能をエミュレートし,WindowsPCのみで,WindowsアプリケーションとUNIXアプリケーションの利用を実現したツールです。

これにより,通常業務を行うWindowsPCとの切り替え作業で生じていた生産性の低下,コストの増加といった課題を解決。UNIXアプリケーションの必携ツールとして,急速に普及しました。1990年代の登場から今日まで,開発や設計,教育など,多くの企業や研究機関,学校で導入されています。

継続的な運用を支援,セキュリティなど機能を強化

PC Xサーバのメリットは,継続的な運用に欠かせない機能が確立されている点です。

たとえば,同一コンピュータ上でWindowsやUNIX,Linuxを動作させる以外に,ネットワーク経由で複数のUNIX,Linuxサーバに同時接続して操作を行うことや,1つのUNIX/Linuxサーバの画面を複数のWindowsPCに表示して情報共有することが可能です。さらに,主要UNIX系OSやホスト,古いアプリケーションをサポートしているので,過去の企業資産をそのまま活用できます。このほかにも,特定の色数でしか動作しないアプリケーションの画面表示やWindowsフォント代替え表示,MS-IMEやATOKなどによる日本語入力,3Dグラフィックスの描画に用いられるOpenGL対応など,UNIXアプリケーションをWindowsPCで利用する際に必要な操作性,互換性,再現性などが機能として備わっています。

最近では,コンプライアンスの対応が企業の重要な課題となっていますが,SSH(セキュアシェル)による暗号化通信やデータ圧縮により,WindowsとUNIX,Linux間の通信をセキュアに利用することが可能です。

また,ネットワークの障害に備え,セッションの自動保存や中断したアプリケーション操作を再開できるなど,操作の手戻りを減らすサスペンド機能やネットワークの帯域幅をコントロールして負荷を軽減する機能を搭載する動きも活発化しています。

さらに,「統合化」「仮想化」「クラウドコンピューティング」といった新たな技術に対応する動きもあり,仮想環境のサポートや最新のWindows OSへの対応など,安心して継続的に利用できる機能強化が図られています。このように,PC Xサーバは,これからもミッションクリティカルな開発業務や監視,管理業務など,幅広い用途で利用が進むのは間違いありません。どんな使い方をするかを考慮して,製品を選ぶようにしましょう。

幅広い用途で活躍する,高機能PC Xサーバ「Reflection X」

Reflection Xは,仮想化テクノロジーのWindowsターミナルサーバやCitrix Xen APPを標準でサポートする高機能PC Xサーバです。これまでにも多くの企業に導入され,半導体などの回路設計といった設計,開発業務,ネットワークやサーバ監視など,幅広く活用されています。

主要なホスト,Xサーバ表示に対応しており,複数のUNIX/LinuxのXディスプレイを同時に表示できるので,1つの端末で複数の作業を行うことが可能です。また,UNIXアプリケーションで表示した画像やテキストを,WindowsのExcelやワードへ簡単にコピー,ペーストできます。さらに,操作しているUNIX上のアプリケーションの出力を,手元のWindowsプリンタから行える「LPD(Line Printer Daemon)」や,トラブルシューティングに役立つトレースデータの収録,再生機能なども付属しています。

図1 複数Xディスプレイ表示で同時作業が容易

図1 複数Xディスプレイ表示で同時作業が容易

セキュリティ,シンクライアントに対応。コスト削減,資産活用のメリット

Reflection Xは,セキュリティの重要性が高まる中,非常に強固なセキュリティと,仮想化や統合化などに応える幅広い環境への対応を図っています。

強固なセキュリティ

セキュリティでは,WindowsとUNIX間の通信を暗号化し,ネットワークの盗聴など情報漏洩を防止する「SSH」を標準でサポート。また,ネットワークへのアクセス認証である「Kerberos」も標準でサポートし,双方でネットワークの盗聴などを防止します。

幅広い環境対応

WindowsターミナルサーバやCitrix Xen APPなど,仮想環境も標準でサポートしています。シンクライアントを導入する場合でも,WindowsターミナルサーバやCitrix Xen APPにReflection Xをインストールするだけで,UNIXシステムを変更することなく通常の業務と同じようにUNIXを利用することができます。VMwareも標準でサポートしており,コスト削減や管理性の向上,サポートを受けることが可能です。

さらに,Windows Vistaや今後発売予定のWindows7など,最新のWindows OSへの対応も速く,安心して利用できるのも大きなメリットです。

ベース機能も強化

このほか,256色や24ビットなど特定の色数でしか動作しないアプリケーションの同時起動に対応や,3D描画の業界標準のグラフィックAPI「OpenGL」(GLX)の標準サポートなど高速かつ正確な描画を実現。導入や設定も容易で,わかりやすい画面で直感的に操作できます。テキストベースのVT端末エミュレータやGUIベースのFTPクライアントの無償提供など,PC Xサーバのベース機能も充実しています。

Reflection Xは,導入コストの削減,シンクライアント利用時のライセンス管理コストの削減,ボリュームディスカウントのライセンスなどコストメリットが高く,古いUNIXアプリケーションをサポートしているので,安定して継続的に利用できます。

図2 OpenGLを標準でサポート

図2 OpenGLを標準でサポート

バックナンバー

仮想化

コメント

コメントの記入