新春特別企画

AWS,サーバレス,コンテナ,マシンラーニング …2017年のクラウドを占う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

すべての企業はデジタルカンパニーにならなくてはならない ―2016年,米国のカンファレンスや企業を取材しているときに,筆者はよくこのフレーズを耳にしました。たしかにUberに代表されるデジタルディスラプション企業の台頭,加えて世界的大企業であるGEのデジタル化へのすさまじいほどの注力ぶりなど間近に見る環境にあれば,多少の失敗も折り込み済みで最新技術を採用し,新たなビジネスのニーズをみずから掘り起こす必要性を強く感じるのは無理もないかもしれません。

そしてこのデジタライゼーションの基盤にあるもっとも重要なテクノロジがクラウドコンピューティングです。いまやほとんどのイノベーションはクラウドから始まり,クラウドをベースにしてスケールしていきます。レガシーを多く抱える企業にとっては,クラウドへの基幹業務の移行がビジネス再編の大きなカギになるとも言われています。米国と比べてデジタライゼーションのトレンドに遅れがちな日本ですが,いまどき新規事業の基盤にクラウドを検討しない企業はほとんどないでしょう。

テクノロジだけでなく,ビジネスにとっても重要なプラットフォームとなったクラウドコンピューティングですが,2017年にはどのような方向に進んでいくのでしょうか。本稿では2016年の国内外での取材から見えてきた2017年のクラウドのトレンドを,非常にざっくりとした所感ではありますが,いくつかのテーマに分けてご紹介したいと思います。

AWSは依然として王者ながらもAIなどではGoogle,Microsoftが優位に

2016年はクラウドベンダ(IaaS)がAWS,Microsoft,Google(GCP)の3社にほぼ絞られたことを決定づけた年だったと言えます。少なくとも"メガクラウドベンダ"の呼び名にふさわしいのはこの3社以外になく,そしてこの3社が2017年のクラウド業界を牽引する存在であるのは間違いありません。

ちなみに,AWSにIaaSベンダとして対抗心を燃やし続けていたIBMは2016年,これまでIaaSブランドとして掲げてきたSoftLayerをPaaSブランドのBluemixに統合し,事実上,消滅させてしまいました。2013年にIBMに買収されるまではIaaSベンダとしてそれなりの実績も知名度もあったSoftLayerをたった3年でなきものにしてしまったIBMが,ふたたびIaaSベンダとしてメガクラウドの一角に入ることはまずないでしょう。

ではこの3社のシェア争いは2017年にはどうう変化するのでしょうか。結論からいえば,依然としてAWSが圧倒的な強さを維持し続けることはほぼ間違いありません。その根拠は2016年11月にラスベガスで開催されたAWSの年次カンファレンス「AWS re:Invent 2016」での怒涛のごとく発表されたアップデートの数々です。

過去最高の3万2000人の参加者をあつめ,24のサービスアップデートが発表されたre:Invent 2016。AWSの王者の貫禄を見せつけたイベントだった。

過去最高の3万2000人の参加者をあつめ,24のサービスアップデートが発表されたre:Invent 2016。AWSの王者の貫禄を見せつけたイベントだった。

正直,筆者はこの1年におけるMicrosoftとGoogleのAI/マシンラーニングを中心とするマネージドサービスの著しい成長を目にし,ひょっとしたらAWSはこの2社に追いつかれはしないものの,2017年はかなり近い位置での戦いを強いられることになるのでは…とre:Invent直前までは思っていましたが,そんな杞憂はカンファレンス会場に足を踏み入れた瞬間に吹き飛ばされました。全部で24というアップデートの数もすごいのですが,アップデートの内容も,FPGAやGPUを使えるEC2インスタンスの拡張,S3の生データをSQLクエリでダイレクトに検索できる「Amazon Athena」⁠データベースエンジンにPostgreSQLを採用した「PostgreSQL for Aurora」など,競合他社と張り合うサービスよりも顧客のフィードバックに応えながら,さらにその想像の上を行くレベルで提供していくという,ある意味,AWSらしさの極致ともいえる姿勢を見せつけられた感があります。顧客とともにクラウドを進化させていくというアプローチは,MicrosoftもGoogleももちろん取り続けているものですが,AWSと顧客の強い一体感には残念ながらまだほど遠いように感じます。

シンプルなVPSのLightsailからFPGAコードを実行するF1インスタンス,さらにはエラスティックGPUまで,より広いレイヤをカバーしたAmazon EC2ラインナップ

シンプルなVPSのLightsailからFPGAコードを実行するF1インスタンス,さらにはエラスティックGPUまで,より広いレイヤをカバーしたAmazon EC2ラインナップ

S3のデータに標準的なSQLで直接アクセスできるAmazon AthenaはフロントにPrestoを使って構成されている

S3のデータに標準的なSQLで直接アクセスできるAmazon AthenaはフロントにPrestoを使って構成されている

PostgreSQLをエンジンにしたAuroraも登場

PostgreSQLをエンジンにしたAuroraも登場

ただし,何度も触れているように,MicrosoftとGoogleのメガクラウドとしての存在感はこの1年で非常に大きく強くなりました。とくにGoogleの成長は著しく,先にも述べたように,IaaSで先行していたはずのIBMを完全に追い抜いてしまいました。そしてこの2社が明らかにAWSよりも先行しているのがAIやマシンラーニングといった分野のサービスです。代表的なサービスであるMicrosoftの「Azure Machine Learning」やGoogleの「Cloud Machine Learning」のほか,両社とも画像認識や音声認識,自然言語処理などの機能別API群,⁠Microsoft Cortana」⁠Google Now」といった一般ユーザでも使えるアシスタントサービスを提供しており,すでに多くのユーザが利用しています。

AWSもre:Invent 2016において3つの機能別AIサービスを含む「Amazon AI」をリリースしましたが,現状ではやはり後手に回っている印象が否めません。もっとも,AI関連はようやくTensorFlowなどのフレームワークが揃い,GPUやFPGAといったハードウェアリソースがクラウドにより使いやすくなった段階に入ったところです。テクノロジそのものに大きなブレイクスルーが到来していない状況なので,AWSがMicrosoftやGoogleとは異なった方向性でユニークなアップデートを発表する可能性は十分にあるでしょう。

ご存知の通り,Microsoftはここ数年に渡って進めてきたオープンソースへのフォーカスや,Red Hatなど過去に敵対関係にあった企業との戦略的提携を積極的に進めており,Azureには毎日のようにその成果が取り込まれています。Googleもまた,これまで苦手としてきたエンタープライズ分野への市場参入を明確に示しておりHome Depotなどすでにいくつかの大きな事例が発表されています。さらに国内においても東京データセンターのオープンを発表するなど,本格的な営業展開に入る構えを見せています。

こうした動きを見る限り,両社ともより幅広い層の顧客に訴求し,サービスを提供し続けるパブリッククラウドベンダとして後戻りをしない道を選んだことがわかります。これまでMicrosoftもGoogleもAWSの後追いをするかたちのサービスアップデートが多かったのですが,2017年はそれぞれが独自の特徴をどれだけ顧客に訴求できるかが,クラウドベンダとして差別化の要因になるはずです。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

バックナンバー

新春特別企画

  • AWS,サーバレス,コンテナ,マシンラーニング …2017年のクラウドを占う

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入