CONBUの無線LAN構築術―カンファレンスネットワークの作り方

第1章 会場でネットがつながりにくくなる理由―参加者自身の行動も原因の一端に!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

IT系のカンファレンスに足を運んだことがある方であれば,その会場でインターネットへの接続をしたことがあるでしょう。もし会場で無線LAN接続が提供されていたら,ぜひそれを利用してください。自前のWi-Fiルータやスマホのテザリングで十分? いえいえ,それこそがネットにつながりにくくなる原因かもしれないのです。

カンファレンスネットワークとは

昨今はITに関連した勉強会がたくさん開催されるようになりました。勉強会の多くは参加者が数十~100名程度ですが,人気のあるものは大きなイベント会場を1日~数日間使用するITイベントとして開催されます。たとえばYAPCやLL Diverなどの言語系やWeb開発者が多数参加するカンファレンスの場合,その参加者は数百~1,000人以上になることがあります。カンファレンス参加者はセッションに参加しながら,手元のPCやスマートフォンなどからSNSや調べものをするためインターネットを使用します。しかしながら,このような大規模カンファレンスの場合,イベント会場にはインターネットアクセスができる無線LAN設備があるにもかかわらず,インターネットにつながりにくかったり,あるいはまったくつながらないケースがよくあります。

本特集では,このような大規模カンファレンスにおけるネットワークについての考え方やノウハウなについて記述していきます。カンファレンスネットワークの解説を通して,オフィス環境などでのネットワーク作りの参考にしていただけたら幸いです(以降,ネットワークをNWと省略する場合があります)⁠

“つながらない”のはなぜ?

大規模カンファレンスが行われるような会場には備え付けの無線LANネットワーク設備があることが多いですが,カンファレンス会期中につながりくくなることはしばしばです。この原因の多くは,既設の設備で想定していた以上の無線LAN接続が発生してしまっていることにあります。

とくに昨今はスマートフォンやタブレット端末の普及により1人で複数の端末を使用するケースが多くなり,会場内には来場者数以上の無線LAN端末が存在することが多くなっています写真1)⁠また,モバイルルータなどを持つ人も多く,これが無線環境を悪化させる要因の1つにもなっています。

写真1 参加者の多くはPCやモバイル端末を使用している

写真1 参加者の多くはPCやモバイル端末を使用している

たとえば,筆者は日常的にPC,スマートフォン,タブレット端末およびモバイルルータを持ち歩いています。これらがそのままイベント会場に持ち込まれることになるため,無線LAN端末は来場者数が100人なら端末数は200以上といったように倍以上になることが珍しくありません。

“つながらない⁠最大の原因は会場内に多数の無線端末が稼働していることです。多数の無線端末は次のような副次的な要因を引き起こします図1)⁠

  • ① 無線LAN(Wi-Fi)の混雑(802.11b/gの2.4GHz帯,802.11aの5GHz帯)
  • ② スマートフォンやモバイルルータが使用する3GやLTEなどの混雑
  • ③ インターネット接続に使用する通信機器(ルータなど)が通信量に耐え切れない
  • ④ インターネット回線の飽和

図1 つながらない理由

図1 つながらない理由

①と②は無線環境による要因,③と④は有線NWによる要因です。とくに悩ましいのが①で,カンファレンスが開催される多くの会場では,会場内や近隣にもともと無線LAN設備が多数設置されていて,電波環境が大変混雑していることがあります(これを⁠電波が汚い⁠と表現したりします)⁠その環境にさらにカンファレンス専用の無線を設置することで無線LANがさらに混雑することになります。③や④はルータを持ち込んだり新規回線を敷設することで対応できますが,会場によってはそのような手段を講じることができない場合もあります。さまざまな制約のなかで「使える」カンファレンスNWをいかに構築するかを本稿で触れていきます。

家庭の無線LANと何が違うのか

みなさんの家庭にも無線LAN AP(アクセスポイント)やブロードバンドルータが設置されていることと思います。無線AP機能とルータ機能が一体型になったブロードバンドルータが量販店では一般的ですし,通信販売でも気軽に購入できます。スマートフォンを契約するとモバイル事業者から無料で提供されることも多く,テレビを置くのと同じ感覚で設置することもあります。さらに,NINTENDO 3DSやPlayStation Portable/Vitaといった携帯型のゲーム機や,WiiやPlayStationなどの据え置き型ゲーム機,加えてテレビ,ビデオ,プリンタなども無線LANを使用してインターネットに接続しているでしょう。

カンファレンスNWといえども,基本的な構成は家庭のNWと同じです。ただ,そのNWの設計思想は対極にあるともいえ,制限事項も多くあります。まとめると表1のようになります。カンファレンスNWにとくに特徴的なことは無線APの台数,無線出力強度,ルータでしょう。無線APの台数は家庭であれば(よほどの広い家でなければ)1,2個あれば十分でしょう。対してカンファレンスNWの場合,クライアント端末数が大変多いため,1台のAPにそれらをすべて収容することは不可能であり,多数のAPが必要になります。

表1 家庭のネットワークとカンファレンスネットワーク

家庭カンファレンスNW
クライアント数数個~十数個程度数百個~1,000個以上
無線AP台数1~2台10台以上
無線APの無線出力家全体に届くように出力を強くする狭い範囲に限定するため弱くする
無線APの通信速度とくに制限はしない低速(数Mbps)の通信は拒否する
無線の混雑状況空いている~やや混雑大変混雑している
電源コンセント個所多くある特定個所に制限される
LAN配線の距離数m~数十m数百m以上
インターネット回線自由に選択できるかなり制限される(例:既存回線のみ,新規でも特定方式のみ)
ルータいわゆるブロードバンドルータSOHO向けやソフトウェアルータ
設営に要する時間あまり制限はない数時間

無線APをたくさん設置すればいい?

ここで無線APをたくさん並べるだけでよいかというと,そう単純にはいきません。電波出力の強度調整が重要です。家庭向けの場合は家の中のどこからでも通信ができるように,できるだけ強い電波を出力することが多く,家電量販店では高出力を売りにした無線LAN一体型ブロードバンドルータも多数見かけます。ところが,カンファレンスNWでは逆にできるだけ出力を弱くします。これは狭い空間に多数の無線LANクライアントが密集するため,無線AP1台あたりの収容クライアントをAP周辺だけに限定することで高速な通信を確保するためです。遠くの無線APにつながると通信が低速になりがちなため,そのような無線APにはつながらないようにしているといえます図2)⁠詳しくは第2章で触れます。

図2 電波の強弱

図2 電波の強弱

カンファレンスNWでも家庭NWと同じくNAPT(Network Address Port Translation)を利用しますので,ルータでNAPT処理を行います。ただ,カンファレンスNWではクライアント端末数が1,000台以上になることもあるため,それだけの端末数を処理するためのNAPTセッション数を十分確保するなどが重要です。また,ブロードバンドルータで行っているDHCP処理やDNS処理についても家庭用とは異なるケアが必要になります。このあたりは第3章で触れます。

著者プロフィール

田島弘隆(たじまひろたか)

国内外のネットワーク構築運用,金融系システムのSIを手がけ2008年より現職(Genie Networks)。現在はNetFlow/sFlow製品の技術全部やエヴァンジェリズムに励む日々。エンジニアコミュニティの立ち上げや運営、撤退をたくさんして今に至る。JANOGの運営委員や実行委員会チェア、Internet Week委員、Flowops世話人など歴任。農作業とコーヒー焙煎とBBQフリーク。

コメント

コメントの記入