CONBUの無線LAN構築術―カンファレンスネットワークの作り方

第4章 人と人をつなぐカンファレンスを支える―ネットワーク構築のウラガワ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

短い構築時間,地理的・時間的にすぐには集まれないメンバー……,本章では実際のネットワーク構築にあたって直面した課題をCONBUがどのように解決してきたかを紹介します。また,カンファレンス参加者との接点を作り,CONBUとの交流を深めてもらうための新たな試みもお伝えします。

会場ネットワーク構築の実際

CONBUは,前身であるLLNOCを含めると,本当にさまざまな会場でのネットワーク構築に挑みました。その中で遭遇した共通的な課題と解決方法を紹介します。

開場まで1時間!?

カンファレンスの開催期間は,カンファレンスの規模に比例して長くなる傾向があります。大規模なカンファレンスであるほど会場ネットワーク構築の難易度が高くなると思われがちですが,実際には小規模なカンファレンスのほうが難易度が高いです。なぜならば,大規模なカンファレンスは開催前日に会場設営のための時間が設けられていることが多く,現場でのトラブル対応やテストを行う時間の余裕がありますが,小規模なカンファレンスではそういった時間が確保されていないからです。前日の設営時間など存在せず,スタッフの会場入りからカンファレンスの開会時間まで1時間程度しかなく,設営できる時間が45分と非常に短いこともありました図1)。

図1 設営時間はわずか45分……

図1 設営時間はわずか45分……

さすがに設営時間が短すぎるため,主催者さんから「お昼ごろに提供できれば良いですよ……」とご配慮いただけたものの,そこは何とかして,カンファレンスの開会宣言までには会場ネットワークを提供したくなるのがCONBUです。そこで会場ネットワークの設営工程と費やした時間を分析したところ,「開梱/梱包作業」「トラブル対応」の2つがとくに多くの時間を占めていることが判明しました図2)。

図2 ネットワーク設営の作業時間比率

図2 ネットワーク設営の作業時間比率

開梱/梱包作業

会場ネットワークを構成する機材の中で,もっとも数が多い機材は無線AP(アクセスポイント)です。1カンファレンスあたり,予備機材も含めると約30台の無線APを会場に持ち込むため,30回の開梱作業と梱包作業が発生します。とくに無線APは精密機器となりますので,これでもかというくらいに緩衝材に包まれており,開梱/梱包作業にかなりの時間と労力を消費します。これを改善するには,複数の無線APが収納可能で,1台1台を緩衝材に包まなくても衝撃から保護され,蓋を閉めるだけで発送が可能な無線AP収納箱が必要となります。残念ながらそのような都合の良い製品は世の中になかったので,自分たちで設計して作ることにしました図3)。

図3 無線AP収納箱の設計図

図3 無線AP収納箱の設計図

作成には,折りたたみコンテナ,プラスチックダンボール,緩衝材のクッションを用い,すべて手作業で作りました。上下方向の緩衝にはクッションを,水平方向の緩衝にはクッションと仕切りのプラスチックダンボールそのものが緩衝材となるしくみです写真1)。実際に使用してみたところ,20分ほどかかっていた開梱作業が1分程度で終えられるほどの効果を発揮しました。また,1箱あたりの無線AP収容数は18台と台数が決まっているため,一目で機材の数を確認できます。最近では会場ネットワーク設計の議論を行う際,「無線APは何箱必要かな?」という感じで浸透しつつあります。これにより,開梱/梱包作業にかかる時間の短縮に一歩踏み出すことができました。

写真1 完成した無線AP収納箱

写真1 完成した無線AP収納箱

トラブル対応

会場ネットワークの設営時に発生するトラブルは本当に困ります。ただでさえ配線や機器設置に追われている状況なのに,さらにトラブルシューティングまで加わると心が折れてしまいそうになります。しかし,大半のトラブルは事前の準備不足に起因するもので,準備を十分に行っておけば回避できるものばかりです。そうとわかっていても,事前準備を十分に行うことにもまた困難が伴います。会場ネットワークの事前構築やテストなどの準備は1週間ほどの時間を必要としますが,CONBUに所属するメンバーは会社や勤務地,そして勤務時間もバラバラなのです図4)。

図4 CONBUメンバの分散っぷり(地図データ©Google)

図4 CONBUメンバの分散っぷり(地図データ©Google)

このため,事前構築やテストに何日も同じ場所へ集合するのはとても難しく,有休を使ってまで事前準備をしたり,準備不足のまま本番に突入してしまうことも珍しくありませんでした。

そこで考えたのが「オンライン事前構築」です。

会場ネットワークに必要な機材をインターネット回線がある場所へ集め,物理的な配線とリモートログインのみできるような最低限の設定だけを済ませ,本格的な設定やテストはインターネット越しに行うという方法です。リモート設定ですので,フィルタやインターフェースの設定を間違えないよう細心の注意を払う必要がありますが,空いた時間にどこからでも作業を進められるのはとてもすばらしいことです。結果的に設定やテストにかける時間を多く確保できるので,事前準備を満足にできるようになりました。

このようにとても地味ではありますが,CONBUはひとつひとつの小さな課題を解決することで,よりコストパフォーマンスの高い会場ネットワーク構築手法の確立を目指しています。

著者プロフィール

東松裕道(とうまつひろみち)

大手重電メーカにて通信機器のテスト・開発エンジニアを経験しているうちに,実際の運用に興味を移し,xSPに移籍する。現在はネットワーク運用を行いつつ,新規プロジェクトで目を回す日々を送っている。最近ではセキュリティ系の主に脆弱性診断に関心を持ったため,新しい分野の学習にも勤しんでいる。


森久和昭(もりひさ かずあき)

大学院を卒業後,情報セキュリティを専門とするIT企業に就職。現在はIDSやIPS,WAFを構築して顧客ネットワークに導入する業務に携わっている。

2011年LL Planets にネットワークスタッフとして参加し,ネットワーク構築の経験を積む駆け出しの技術者。

Twitter ID:@k_morihisa

コメント

コメントの記入