Windows管理者のためのネットワークコマンド実践テクニック

Command-1 Windowsファイルサーバにアクセスできない

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

「わたしのマシンだけファイルサーバにアクセスできなくなった」という苦情を聞いたことがないWindows管理者の方は(よほど幸運な方を除き)まずいないでしょう。考えられる原因はいろいろありますが,この際にまずやるべきは,利用者からの報告を鵜呑みにせずに,本当にサーバにアクセスできていないかを確認することです。

サーバアクセスに成功しているかどうかの確認

筆者のお薦めは,コマンドラインから図1のnet useコマンドを用いてのアクセス確認です。

図1 net useコマンド

C:\>net use \\192.168.135.44\temp /user:user1
\\192.168.135.44\temp のパスワードまたはユーザー名が無効です。

'user1' のパスワードを入力してください。'192.168.135.44' に接続します:
コマンドは正常に終了しました。


C:\>

Windowsのバージョンによって若干表示されるメッセージが異なる場合があります。

net useコマンドではアクセス先を「\\サーバ名(またはIPアドレス)\共有名」というUNC名で指定する必要があります。トラブルシューティングの観点からは,まずサーバ名ではなくIPアドレスでアクセスしてみることを強くお勧めします。

/userオプションは指定しなくても構いませんが,その場合は現在マシンにログオンしているユーザ名とパスワードが送出される点に留意してください。Windows XPで「ようこそ画面」を有効にしていない限り,現在誰としてログオンしているかは,[Ctrl]+[Alt]+[Del]を押下すると表示される図2の画面から確認できます。

図2ログオン中ユーザの確認

画像

なお,これと並行してpingコマンドによる疎通確認を行ってもいいですが,pingコマンドによる応答がなかったからといってアクセスできないと早合点しないようにだけ,気を付けてください。

図1のようにユーザ名やパスワードを確認するメッセージが表示され,正しい情報を入力することで「コマンドは正常に終了しました」というメッセージが表示された場合,アクセスは成功しています。クライアントとサーバが同一ドメインの場合など,ユーザ名とパスワードを聞かれずに,このメッセージが表示される場合がありますが,この場合もアクセスは成功しています。こうした場合は再度「\\サーバ名\共有名」でアクセスを試行してみましょう。これでアクセスに失敗する場合は,サーバ,ネットワーク,クライアントの動作に問題はなく,サーバ名の名前解決の問題であると原因のしぼり込みができます。

サーバの名前解決の状態を確認

サーバ名でのアクセスに失敗する場合は,まず図3のipconfig /allコマンドで,WINSサーバやDNSサーバについて適切なサーバが指定されていることを確認してください。

図3 WINSサーバ,DNSサーバの確認

C:\>ipconfig /all

Windows IP Configuration

        Host Name . . . . . . . . . . . . : mizuki
        Primary Dns Suffix  . . . . . . . : samba400tp5.local
        Node Type . . . . . . . . . . . . : Hybrid
        IP Routing Enabled. . . . . . . . : No
        WINS Proxy Enabled. . . . . . . . : No
        DNS Suffix Search List. . . . . . : samba400tp5.local

Ethernet adapter LAN2:

        Connection-specific DNS Suffix  . : localdomain
        Description . . . . . . . . . . . : VMware Accelerated AMD PCNet Adapter #2
        Physical Address. . . . . . . . . : 00-0C-29-11-C0-EF
        Dhcp Enabled. . . . . . . . . . . : Yes
        Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes
        IP Address. . . . . . . . . . . . : 192.168.135.153
        Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
        Default Gateway . . . . . . . . . : 192.168.135.2
        DHCP Server . . . . . . . . . . . : 192.168.135.254
        DNS Servers . . . . . . . . . . . : 192.168.135.42
        Primary WINS Server . . . . . . . : 192.168.135.2
        Lease Obtained. . . . . . . . . . : 2007年8月1日 9:02:19
        Lease Expires . . . . . . . . . . : 2007年8月1日 9:32:19

※ DHCP Server(s)欄,Primary WINS Server欄,Secondary WINS Server欄を確認します。

適切なサーバが指定されている場合は,図4のipconfig /displaydnsや,図5のnbtstat -cコマンドで,クライアント上の名前キャッシュの情報を確認してみましょう。

図4 ipconfig /displaydnsによる名前キャッシュの確認

C:\>ipconfig /displaydns

Windows IP Configuration

         1.0.0.127.in-addr.arpa
         ----------------------------------------
         Record Name . . . . . : 1.0.0.127.in-addr.arpa.
         Record Type . . . . . : 12
         Time To Live  . . . . : 544265
         Data Length . . . . . : 4
         Section . . . . . . . : Answer
         PTR Record  . . . . . : localhost


         localhost
         ----------------------------------------
         Record Name . . . . . : localhost
         Record Type . . . . . : 1
         Time To Live  . . . . : 544265
         Data Length . . . . . : 4
         Section . . . . . . . : Answer
         A (Host) Record . . . : 127.0.0.1

図5 nbtstat -cによる名前キャッシュの確認

C:\>nbtstat -c

VMware Network Adapter VMnet8:
Node IpAddress: [192.168.135.1] Scope Id: []

                  NetBIOS Remote Cache Name Table

        Name              Type       Host Address    Life [sec]
    ------------------------------------------------------------
    W2KPRO1        <00>  UNIQUE          192.168.135.44      590
    W2KPRO1        <20>  UNIQUE          192.168.135.44      597

コメント

コメントの記入