小型Linuxサーバの最高峰 OpenBlockS 600活用指南

第2回 新機能! Webインターフェースとアプリケーションマネージャでラクラク管理

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

新モデルOpenBlockSでお手軽サーバ構築

2009年5月12日,ぷらっとホームの企業向け小型Linux BOX「OpenBlockS」シリーズの最新モデル「OpenBlockS 600」が,発表されました写真1)⁠

写真1 OpenBlockS 600

写真1 OpenBlockS 600

OpenBlockS 600の企画/開発にあたっては,既存モデルをしのぐ大きなスペック向上はいうまでもなく,今までよりもさらに幅広いユーザ層にとって,より「使いやすく」⁠さらに「人にやさしい」製品を目指しました。その結果,ハードウェアスペックは,前モデル「OpenBlockS 266」と比較すると大幅な機能向上を果たしました。

さらに,それ以外の点でも大きな変更があります。搭載するアプリケーションとWebインターフェースの刷新です。とくにWebインターフェースは,さまざまな面から機能のブラッシュアップを図りました。その中でも目玉といえる新機能がソフトウェアパッケージ管理を行う「アプリケーションマネージャ」です。この機能を用いれば,キャラクタベースのコマンド操作を行わなくても,ブラウザベースのGUI操作で簡単にサーバ構築を行うことができます。もちろん従来どおりコマンドラインからの操作も可能です。こちらでも,さまざまなアプリケーションに対してコマンドラインから管理機能を利用することができます。

連載第2回目となる今回は,このWebインターフェースを活用したサーバ構築の概要と,搭載可能なアプリケーションそれぞれの概要について,紹介したいと思います。

表1 OpenBlockS のハードウェア新旧比較

 OpenBlockS 266OpenBlockS 600
CPUクロック266MHz600MHz
メインメモリ128Mバイト1Gバイト
ネットワーク10/100Base-TX×21000Base-T×2
FlashROM16Mバイト128Mバイト

新しいWebインターフェース

OpenBlockS 600に搭載されているWebインターフェースは,単に設定ファイルを書き換えるためのツールというわけではなく,日頃の運用管理に利用できるさまざまな機能が搭載されています。たとえば次のような機能が利用できます。

ネットワーク,ユーザ情報などの基本設定

内部OS であるSSD/Linux のネットワーク,ユーザ,グループ,時刻などの基本的な設定を行うことが可能です(SSD:Sotokanda SoftwareDistribution の略)⁠Linux の操作に自信のない方でも,すぐにOpenBlockS 600 を使い始めることができます。もちろんコマンドライン上での設定も可能ですので,GUI での操作が煩わしいという方もご安心です。

グラフィカルシステムモニタ

運用中,通常稼働時の負荷の把握や,障害発生時に何が起きていたのか,これら事後調査を行うため,CPUやメモリ,ネットワークなどの負荷状況を一定期間記録します。Web上ではそのログをグラフとして表示することができます。

図1 グラフィカルシステムモニタ

図1 グラフィカルシステムモニタ

データのバックアップ,リストア

追加プログラムや設定情報/ログなどを,指定のFTP サーバなどにアップロードしてバックアップすることが可能です。OpenBlockS 600 は「堅牢性」が売りですが,CF(Compact Flash)メモリについてはIA サーバのHDD 同様,故障する可能性について考えておく必要があります。本機能を使用することで,もしもの時でも素早く復旧が可能です。またCF 容量のアップグレードの際にも,あらかじめバックアップをしておくことでデータの移行が手軽に行えます。

稼働状況通知

OpenBlockSシリーズは,従来からシステムやネットワークの監視のために使われる事例がたくさんありました。しかし,監視装置本体として使っているOpenBlockS本体の動作状態がわからないと,正常かどうか不安だという意見がユーザから出ていました。この指摘を踏まえ,これも改善しました。本体の動作状況をSyslogやメールなどで定期的に通知する機能をあらかじめ搭載することで解決しました。

テクニカルサポート補助

OpenBlockS 600は,障害発生時や異常の前兆とおぼしき動作が起きた時に,必要な情報を一括で取得できる機能を搭載しています。これによって,ユーザを待たせることなく迅速にテクニカルサポート対応することが可能になっています。問題が発生した場合は,本機能により取得した情報を送付していただくことで,サポート問い合わせにかかる手間を軽減しています。

こうした機能に加え,今後も,ユーザの皆さんからのご意見を反映させることでの機能拡充/改善を行う予定です。ご期待ください。

コメント

コメントの記入