特集

実践!仮想化ソフトウェア 2010 Updates

 

 

著者プロフィール

宮原徹(みやはらとおる)

「仮想化技術に特化した専門家集団」日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。どんなに難しい案件でもこなせる,頼れる会社を目指して,日々研鑽中。仮想化技術の普及のために全国を飛び回る毎日です。


大内明(おおうちあきら)

1988年生まれ,北海道根室市出身。日本仮想化技術株式会社 技術部所属。主にVMware製品やLinux KVMの検証・構築を担当。バックアップも少々。サーバを見ること・触ることが好きで,社長の宮原と共にヤフオクの出物探しに燃えている。 個人ではIntel AtomマシンでXen環境を構築して自宅サーバを運用している。このサーバにCD-ROMドライブを外付けして「ハムスター用リモート給餌装置」や「エアコンリモート操作装置」を作るといったネタが,ごく一部の人たちにウケている。


白石光隆(しらいしみつたか)

1984年生まれ,愛媛県松山市出身。現在は筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻博士後期課程に所属。大学にて仮想化技術に関する研究に従事している。また,日本仮想化技術株式会社にてインターン中である。

主にオペレーティングシステム,仮想計算機,分散システムに興味を持ち,これらに関する技術書等を漁ることで,計算機の低レイヤーに潜ることを目指している。最近は某やわらか研メンバーとカタン島の開拓に勤しんでいる。